ニットは季節関係なし?素材別「いつまで着られるか」解説!

ニットは、「誰でも1枚は持っている」とも言えるアイテムです。

また、ニットは季節に限らず長く楽しめるアイテムとも言われているのです。

それには、ニットの素材が大きく関係しています。

そこで今回は、素材別の「いつまで着られるのか」という疑問についてや、季節ごとにおすすめなニットコーディネートをご紹介していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

デニムコーデの結婚式が話題!メンズ向けのデニムコーデとは

ドレスコードを、デニムとする結婚式が話題です。 結婚式といえば厳かなものなので、参加者...

デニム生地の特徴!それは染料のインディゴと生地の綾織!

気軽に穿けて、丈夫で便利なデニム地のジーンズ。 しかし一方で、生地の表と裏で色が違っていたり、...

きれいめコンサバファッションで決めるメンズスタイル!

「コンサバ」と聞くと、レディースファッションのイメージが強いかもしれませんが、実は男性にもおすす...

デニムは女性にも人気!おすすめレディースブランドをご紹介

男女問わず、デニムを取り入れたファッションは人気です。 多くの方が1本は持っていることでしょう...

ワンピースを上品に着るコツ!40代向けワンピースをご紹介!

ワンピースは、オフィスやカジュアル、どちらの場面でも大活躍してくれる優秀アイテムですね。 ...

シャツのトップスやインナー使いの丈感とレイヤードコーデ!

メンズコーデにおいて、シャツやTシャツなどの丈の問題はなかなか解決の難しい問題です。 トップス...

春夏レディースコーデ!トップスはシースルーの黒で決まり!

お洒落女子であればシースルートップスを一枚はお持ちかもしれませんね。 この春夏に断然おすすめし...

Tシャツの襟がよれてしまったら?対処法と予防法を知ろう!

気に入って購入したTシャツの襟が、よれたり伸びたりしてしまった経験はないでしょうか。 ダメにな...

ジャケットでも涼しく!夏向きレディースジャケットをご紹介

温暖化対策の一環としてのクールビズが、近年浸透してきていますね。 ジャケット不要といわれるクー...

ジーンズのメーカーが多い岡山は日本を代表するデニムの産地

ジーンズは、世界的に人気のあるファッションアイテムです。 ジーンズを扱うメーカーも多く...

デニムは日本製が人気!レディース向け国内ブランドをご紹介

デニムは毎日のコーデに欠かせない、超定番アイテムのひとつですね。 もともと海外発祥のデニムです...

ダッフルコートを大学生男子が大人っぽく着る秘訣とは!?

大学生男子は、おしゃれに精通している方も多く、コーディネートを見ているだけでも参考になりますよね...

デニムにボアがついたジャケットのおしゃれコーデをご紹介!

デニムジャケットの内側にボアがついた「ボアデニムジャケット」をご存知でしょうか。 見た目にも暖...

ライダースジャケットでも冬は寒くない!冬コーデをご紹介!

ライダースジャケットは、薄手で気軽に着ることができるジャケットの1つです。 しかし薄手という面...

コートはファッションの主役!子供に人気のかわいいブランド

冬のファッションの主役は、コートやジャケットといったアウターですね。 特に子供の場合、動きやす...

スポンサーリンク

暑い季節こそ!いつまでも着ていたくなるサマーニット

ニットには、「寒い季節に着るもの」というイメージがありますよね。

しかし、ニットの中でもサマーニットであれば、暑い季節に着ていても違和感を感じません。

サマーニットは、主に以下の素材で作られていることが多いです。

・綿

吸水性だけでなく保温性にも優れていて、気温の変化が激しい季節である春に適した素材です。

いつまで着られるかというと、一般的には3月から暑くなり始める6月までと言われています。

・麻

着心地に特徴があり、いつまでも着ていたくなるようなパリッとした質感が人気です。

細菌への耐久性が高く、湿度によりカビなどが発生しやすい季節である夏にもぴったりな素材です。

4月から6月までの春はもちろん、汗をかきやすい8月くらいまで着られるでしょう。

これらの素材をニットに取り入れることで、暑い季節でも快適にニットを楽しむことができます。

それだけでなく、周囲がTシャツなどを着ている季節に、あえてニットを着ることでおしゃれに差をつけることができます。

暑くて寒い季節は袖丈で調節を!アクリルニットはいつまで着られる?

暑い夏を過ぎると、衣替えの季節である秋がやって来ます。

いつまでも衣替えをしないでいると、周囲と服装が合わずに浮いてしまうこともあるため、それに関しても注意が必要な季節でもありますよね。

秋は、残暑である9月から、肌寒い日が多くなる11月上旬で気温も大きく変わるのが特徴の季節です。

そのため、その時の気温に合わせてニットの袖丈も変えるようにしましょう。

例えば、述べた通り9月は暑い日がまだ続くため、春に活躍した綿も適しています。

しかし、同じ9月でも下旬には暑さが落ち着いてくるため、その頃には綿のニットでも長袖を選ぶのが望ましいです。

それから、アクリルも秋に適した素材です。

アクリル素材は価格の安いものが多く、新しいニットを購入したくなる秋にぴったりとも言えます。

また、アクリルニットはいつまで着られるかというと、薄い素材のため11月上旬までとしたほうが良いでしょう。

アクリルのニット1枚だと寒いため、ジャケットなどを羽織るようにしてください。

寒い季節の必需品!ウールやカシミアのニットはいつまで着られる?

暦上の季節はまだ秋であっても、日によって冬のような寒さであることも多いです。

そのような場合には、我慢せずにウールやカシミアのニットを着て寒さをしのぎましょう。

その年によっては、10月下旬頃から本格的な寒さがやってくることもあるため、ウールやカシミアのニットの準備は早めにしておくことが望ましいです。

それに合わせて、マフラーや帽子なども、ウールやカシミアのものを準備しておきましょう。

また、これらの素材は柔らかい質感が特徴で、それだけで暖かさを感じられる良さがあります。

しかし一方で、「ウールやカシミア=暖かい素材」という印象の強さから、いつまで着て良いのか悩むという疑問も沸きやすいです。

結論としては、一般的に3月下旬頃まで着ても違和感はないと言われています。

特に女性は寒さに弱い方も多いため、暖かくなり始めるまでウールやカシミアを楽しめるのは嬉しいですね。

暑い季節のニットコーディネートにはノースリーブを選んで

ここまでは、季節ごとにおすすめなニットの素材について、またそれらはいつからいつまで着られるのかについてもご説明してきました。

ニットは、寒い季節はもちろん、暑い季節でも素材に注意すれば着やすいアイテムであることも分かりましたね。

そしてここからは、ニットを使った季節ごとのコーディネートをご紹介しましょう。

まずは、暑い季節でもおしゃれに決まる、ノースリーブニットのコーディネートです。

・おしゃれのアクセントに

述べた通り、サマーニットは暑い季節にも適していますが、だんだん気温が高くなってくると、どうしても避けてしまいがちです。

そのため、30度近い気温の日には、袖のないノースリーブニットを取り入れるのがおすすめです。

袖があるのないのとでは、体感的にも涼しさが違います。

色にはあえて黒を選び、麻や綿といった素材で軽さを出すのがおしゃれのポイントです。

ノースリーブニットは、身体のラインが出やすく女性らしいアイテムのため、ボーイッシュなデニムと合わせてもバランスが良いです。

・Tシャツと合わせる

暑い季節に着るアイテムと言えばTシャツですが、一味違ったおしゃれを楽しむなら、それに肩紐が細いタイプのノースリーブニットを合わせましょう。

肩紐が細いことで面積も小さくなり、Tシャツと合わせても暑さを感じにくいです。

寒さや暑さが和らぐ季節!薄手ニットをコーディネートの主役に

ここでは、秋はもちろん、春にもおすすめなニットのコーディネートをご紹介します。

秋と春のコーディネートの違いを出すには、その季節に合った色を取り入れると良いです。

・薄手のニットとジャケットを合わせてすっきりと

肌寒さのある秋や春は、脱ぎ着しやすいよう薄手のニットにジャケットを合わせたコーディネートがおすすめです。

まだ暑さや寒さが本格的ではない季節のため、靴下をシースルーのものにするなど、軽やかさも演出しましょう。

・薄手のニットワンピースを主役に

薄手のニットワンピースは、それだけでおしゃれに決まるアイテムです。

しかし一方で、「いつまでジャケットを上に着なければならないのか」と、せっかくのアイテムを1枚のみで存分に楽しめないという声もあります。

そこで、薄手のニットワンピースは、秋や春に1枚で着るのをおすすめします。

すとんとしたシンプルな薄手のニットワンピースであれば、小さめのバッグを合わせることでバランスも良く見えるでしょう。

ざっくりニットの季節・冬!タイトさとのバランスも重要

述べた通り、寒さが本格的になる季節には、ウールやカシミアといった暖かい素材のニットが活躍します。

また、その暖かさを堪能するために、ざっくりとしたニットをコーディネートに選びましょう。

・ざっくりニットとタイトなアイテムを合わせる

ざっくりとしたウールやカシミアのニットは、1枚でも寒さをしのいでくれるでしょう。

タートルネックのニットであれば、身体の熱を逃しにくく、なお暖かいです。

ざっくりニットは上半身にボリュームが出やすいため、タイトなスカートやデニムを合わせるとバランスが良いです。

ざっくりニットがグレーなど落ち着いた色の場合、カラフルな靴をワンポイントとして取り入れるのもおしゃれでしょう。

・薄手のジャケットとざっくりニットカーディガンを合わせる

薄手のジャケットは、それだけだと冬では寒いことがあります。

そのため、寒さが本格的になると着る機会が減ってしまうこともありますよね。

そこでおすすめなのが、薄手のジャケットの上に、ざっくりとしたニットカーディガンを合わせるコーディネートです。

ジャケットのきちんと感と、ざっくりとしたニットカーディガンのやわらかさが相性抜群です。

季節に合わないと思っていたアイテムが、このようなコーディネートにより、いつまでも着られるのは嬉しいですよね。

ニットは一生もの!?季節ごとに素材の違いを楽しもう

ニットのやわらかな質感は、着ているだけで心も和らぐと言えます。

また述べた通り、ニットは寒い季節だけでなく暑い季節にも使いやすいアイテムのため、おしゃれのワンポイントとして積極的に取り入れましょう。

それから、寒さが本格的になる季節には、より素材の暖かさが求められます。

ウールやカシミアのニットは値段が高いことが多いですが、一生ものとして持っておいても損はないでしょう。

肌寒い秋や春はアクリルのニット、冬にはウールやアクリルと、季節ごとに素材を変えて楽しむようにしてください。