男性はニットの重ね着がおしゃれ!インナーには何を着る?

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

コート選びは肩幅が大切!レディース向けコート選びのコツ!

真夏の暑い盛りを除き、一年を通してレディースコートは大活躍のアイテムですね。自分により似合う...

春夏だけではない!デニムのショートパンツは秋冬もお洒落!

お洒落で着回しの効く、デニムのショートパンツ。もしかして春夏のアイテムと決めつけていませんか...

ブルゾンを合わせたレディースコーデが最も輝く季節は秋冬!

秋冬のレディースコーデで、お洒落カジュアルを担ってくれるアウターにブルゾンがあります。ブルゾ...

アメカジにネックレスを取り入れよう!おすすめブランドは?

アメカジに合うアクセサリーとして、皆さんはどのようなものを思い浮かべるでしょうか。ピアスやネ...

トップスにレースを合わせる!色は黒がお洒落見え抜群!

合わせるだけで女性らしさと可愛らしさを印象付けることができるレーストップスは注目のアイテムです。...

シャツの誠実とジーンズのゆるさ!両方の特徴が整うコーデ!

トップスの代表のシャツは、インナーにもなればアウターとしても使われます。しかし、インナー使い...

ニットの季節といえば秋!いつから着ることができる?

8月から9月に変われば、季節も夏から秋に移りますね。そんな秋の代表的なファッションといえば「...

セーターをおしゃれに着こなしたい!大人女子におすすめは?

寒い時期になってくると、店頭におしゃれなセーターがたくさん並びます。いろいろな色や形があるの...

セーターでもタートルネックなら首の折り方でアレンジ自在!

秋冬のお洒落シーズン到来と共に、一躍存在感が増してくるのがタートルネックセーターです。様々な...

ストールを扱う人気ブランド紹介!イギリスの奥深いデザイン

伝統とロックの国、イギリス。イギリスブランドの高品質なストールを身にまとうと、やわらかな肌触...

冬に必需品のコート!似ているのに値段の違いがある理由とは

寒い冬には欠かすことのできない衣服に、コートがあります。そのコートですが、デザインや見た目は...

セーターをおしゃれに着こなしたい女性におすすめのコーデ!

寒い冬には、暖かいセーターが欲しくなる女性は多いでしょう。セーターをおしゃれに着こなすことが...

コートは何着持つ?おしゃれ大好きな女性必見の衣類整理術

肌寒い季節にはコートが欠かせません。おしゃれが大好きな女性はコートを何着も持っていて、コーデ...

ライダースジャケットのお洒落な着こなしレディースコーデ!

少し前までは、オートバイマニアの方やパンク・ロックマニアの方に好まれていたのがライダースジャケッ...

スカートに悩む春夏!ロングスカートで大人女子コーデに挑戦

レディースコーデにおいて、頭を悩ませるものの一つが、春夏の暖かい季節のスカート選びかもしれません...

スポンサーリンク

ニットの重ね着でインナーを着るメリットとは?

男性がニットを着るなら、重ね着するインナーにも気を使いましょう。

正しいインナーを着ることで、コーディネートがおしゃれに見えるだけでなく、さまざまなメリットが生まれます。

以下でインナーを着るメリットをご紹介しましょう。

・暖かくなる
・清潔感が上がる
・だらしなさが減る
・印象を変えることができる
・ニットのチクチク感の軽減
・寒さによって調整できる

このように、ニットを着るうえでインナーはたくさんの良い働きをします。

ニットを着るならインナーを重ね着することをおすすめしますが、ただ何かを着れば良いというわけではありません。

インナー選びの注意点としては、

・インナーとニットが同じ色であることは避ける
・肌着はインナーとは違う

以上のことを頭に入れておきましょう。

ニットとインナーが同色だと、配色の境目があやふやで、のっぺりとした印象となりおしゃれに見えません。

また、昨今人気の各メーカーから販売されている保温性に優れた肌着は、インナーとして見せるコーディネートにすることに適していません。

これらを踏まえ、次項からニットの種類別でおすすめのインナーをご紹介していきましょう。

「Vネック」ニットの重ね着!おすすめのインナーは?

ニットは襟元のネックラインの違いにより、種類が分けられています。

ネックラインによって、着用した際の印象はがらりと変わるものです。

まずは「Vネック」のニットの重ね着におすすめのインナーからご紹介していきましょう。

●UネックTシャツ

Vネックは縦のラインが強調されたニットのため、UネックのTシャツとの相性が良いとされています。

ニットの胸元でTシャツをチラ見せすることで、すっきりとしたコーディネートになります。

胸元の露出が減るため、大人っぽく清潔感のある印象にできるでしょう。

●シャツ

Vネックは襟元があいたデザインになっているため、ボタンダウンのシャツとの相性が良いとされています。

ニットとシャツは、色味を統一させたり、モノトーンにするとまとまりが良くなります。

清潔感が出て、すっきりとした印象にできるでしょう。

●モックネックカットソー

モックネックとは、襟元が詰まったデザインのことを言います。

今風の着こなしができ、首元が詰まっていることで暖かく感じるでしょう。

着ぶくれを避けるために、ニットは薄手のものを選ぶように注意してください。

「クルーネック」ニットのインナーのおすすめは?

続いては、「クルーネック」のニットの重ね着におすすめのインナーをご紹介していきます。

クルーネックとは「丸襟」のことで、Vネックと同じくらいメジャーで人気があります。

インナーがほとんど見えないデザインですが、どのようなインナーが適しているのでしょうか。

●襟のあいたTシャツ

クルーネックは襟元が詰まっているため、セーターを1枚で着ているように見せるのがおすすめです。

セーターのデザインを引き立てるためにも、襟のあいたTシャツなどのインナーを選びましょう。

ニットからはみ出して見えない、ぴったりとした肌着などもおすすめです。

●ロング丈Tシャツ

クルーネックのニットで重ね着を楽しみたいなら、ロング丈のTシャツをインナーに選びましょう。

ニットの裾からインナーをチラ見せすることで、コーディネートにメリハリが出ます。

ロング丈のTシャツは、ニットだけでなくパーカーやトレーナーのインナーとしても活躍しますよ。

●シャツ

清潔感を出したいなら、ボタンダウンのシャツがおすすめです。

知的な印象が出て、爽やかに見せることができます。

シャツによる清潔感は、相手に与える印象が良いため、きちんと感を出したい男性におすすめのコーディネートです。

インナーを重ね着!「ハイネック」ニットの場合は?

続いて、「ハイネック」のニットを見ていきましょう。

ハイネックニットは首元が完全に隠れるニットのことを言います。

重ね着するインナーに悩まないため、コーディネートを考えるのが苦手な男性におすすめですよ。

以下でおすすめのインナーを見ていきましょう。

●ロング丈Tシャツ

先ほどのクルーネック同様に、首元が詰まっているため、ロング丈のTシャツなどでニットの裾をポイントにするのがおすすめです。

ニットとの配色を考え、アクセントカラーになるインナーを選びましょう。

春先まで使えるコーディネートなので、大人っぽい落ちついた印象を目指す男性におすすめです。

●モックネックカットソー

見えないインナーではありますが、モックネックカットソーもおすすめです。

インナーも襟元が詰まっているため暖かく感じ、寒い冬におすすめのコーディネートです。

「ボートネック」ニットは重ね着するインナーが重要!

少し変わったデザインの「ボートネック」のニットを見ていきましょう。

ボートネックとは、首元が「ボート型」になっており、左右が横に開いたデザインのものをいいます。

襟元があいているため、重ね着するインナー選びも重要となります。

以下で重ね着におすすめのインナーをご紹介しましょう。

●シャツ

ボートネックはきれい目のニットのため、シャツとの相性が抜群です。

白いシャツを選べは存在感が出て、清潔感のある着こなしができるでしょう。

左右はあいているものの胸元は詰まっているため、広がりの少ないボタンダウンのシャツがおすすめです。

●テレコ素材タンクトップ

ボートネックニットは横幅が広いため、タンクトップをインナーにして、肩からチラ見せするのがおすすめです。

テレコ素材は表面が凹凸になっている素材で、ポリウレタンによる収縮性が良いことから、フィットするインナーとしてピッタリです。

春や秋に取り入れやすいコーディネートとなるでしょう。

冬のコーディネート!ニットに似合うアウターが知りたい

ここまで、ニットの種類別に重ね着におすすめのインナーをご紹介してきました。

ニットは着るとごわつくため、アウター選びに迷う人は多いでしょう。

そこで、ここではニットと合わせることでおしゃれに見え、なおかつ着回ししやすいアウターをご紹介していきます。

●チェスターコート

近年人気の高いチェスターコートですが、あえてオーバーサイズのチェスターコートを選びましょう。

きれい目感の強いチェスターコートですが、ニットと合わせることでカジュアルな着こなしができます。

普段のコーディネートにも取り入れやすいため、1つ持っておくと良いでしょう。

●MA-1

MA-1はおしゃれなアウターとして近年注目されています。

MA-1は装飾の多いデザインが多いですが、ニットと合わせるならあえてシンプルでタイトなつくりのものを選びましょう。

ニットと良く合い、ニット以外のコーディネートにも合わせやすいでしょう。

●コーチジャケット

コーチジャケットとは、ストリート感の強いカジュアルなジャケットのことを言います。

MA-1やブルゾンが「襟なし」なのに対し、コーチジャケットはしっかり襟がついているため、こなれ感のある大人っぽいコーディネートにできるでしょう。

ニットのおしゃれはインナーの重ね着が重要!

ニットの下に着るインナーは、手持ちのTシャツなどで適当に済ませてしまう人が多いと思います。

しかしコーディネートを気にするなら、おしゃれに見えるインナーを選びましょう。

ニットの首元や裾から見えるインナーは印象を変える大事なポイントです。

ニットの種類によっておすすめのインナーは異なるため、当記事を参考にしていただき、ぜひインナー選びに役立ててくださいね。