種類豊富なシャツ!女性らしい着こなしができるシャツはどれ

シャツと一口にいっても、その種類は豊富です。

ベーシックなデザインのものからデザイン性の高いシャツまで、多くの種類があります。

その中でも今回は、女性らしい着こなしができるおすすめのシャツをご紹介していきます。

各シャツの着こなし方についてもお伝えしますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ストールを使ったコーデ!春らしい装いを楽しもう!

温かい陽気に気持ちもついワクワクしてしまう春は、ファッションを色々と楽しめる季節です。 冬のフ...

ガウンコートを取り入れたコーデで冬のおしゃれを楽しもう!

いつもと違った雰囲気のコートが欲しいけど、どんなコートを選ぼうか迷ってしまう女性は多いでしょう。...

アウターにカーキ色アイテムを!レディースコーデが広がる!

お洒落レディースの皆様は、何色のアウターをお持ちでしょうか。 人気のある「白」「黒」「グレー」...

簡単にできる!カーディガンにできた毛玉の正しい取り方とは

カーディガンなどのニット類は、気がつくと毛玉ができていることが多いです。 毛玉がついたままでは...

パーカーは大人っぽく着るのがおすすめ!色で印象が変わる

パーカーはカジュアルなイメージがある服で、女性が大人っぽく着こなすのは難しいかもしれません。 ...

レディースコートの色は紺で決まり!マフラーはどうしよう?

秋冬のお洒落はコートが主役だという方も多いことでしょう。 そんなお洒落女性の皆様、コートの色は...

コートは軽い素材なら疲れにくいかも!素材別の特徴を紹介

おしゃれでも重たいコートは、毎日のように長時間着ていると疲れてきてしまいますよね。 軽いコート...

アメカジにネックレスを取り入れよう!おすすめブランドは?

アメカジに合うアクセサリーとして、皆さんはどのようなものを思い浮かべるでしょうか。 ピアスやネ...

アウターを選ぶならこのブランド!レディースにおすすめ6選

冬のファッションに欠かせないアイテムといえば、アウターです。 冬の外出では、暖かいアウ...

スカートに靴下とパンプスを合わせるのってあり?なし?

スカートに靴下、そしてパンプスを合わせるコーデはありなのか、それともなしなのか。 実はこれ、多...

デニムは女性にも人気!おすすめレディースブランドをご紹介

男女問わず、デニムを取り入れたファッションは人気です。 多くの方が1本は持っていることでしょう...

ストールで男性の魅力もアップ!?おすすめの選び方や巻き方

ストールは、服装に取り入れることで、男性を魅力的に見せる効果が期待できると言われています。 そ...

不器用でもかわいく!ワンピースについているリボンの結び方

最近、ワンピースのウエストにリボンが付けられているデザインをよく見かけます。 このウエスト...

ジレがあればレディースコーデで手抜き!勿論難しい秋もOK!

秋のレディースコーデは頭を悩ませますよね。 昼間暖かいと思っていたら夕方以降急に寒くなったり。...

冬の「コート」は必需品!子供に着せたいおしゃれなブランド

寒くなるとコートが手放せなくなります。 特に気温が低い真冬には暖かいコートを子供に着せ...

スポンサーリンク

女性用のシャツだけでも種類はさまざま!

男女とも着る機会の多いシャツですが、その種類は豊富です。

ビジネス用のシャツであったり、日常生活で着るシャツであったりと、シーンによって着るシャツの種類も異なりますし、女性用だけでも種類はさまざまです。

例えば、以下のようなシャツの種類が挙げられます。

●ブロードシャツ

オフィスにはもちろん、デイリーにも使いやすいスタンダードなシャツのひとつです。

艶のある表情が魅力で、きれいめカジュアルコーデなどにもおすすめですね。

●ボタンダウンカラーシャツ

襟の先端をボタンで固定したシャツのことをいい、メンズシャツでは定番のひとつともいえるシャツでしょう。

首元がかっちりとした印象なので、きれいめコーデやシックなコーデと相性の良いシャツといえます。

●スタンドカラーシャツ

バンドカラーシャツとも呼ばれ、細いバンドがくるっと一周しているような襟の形のデザインから、そう呼ばれています。

襟なしシャツのような見た目でもあるので、襟元のボタンを2、3個開け、スキニージーンズなどを合わせれば、抜け感もあるきれいめコーデに仕上がります。

ほかにもデニムシャツやリネンシャツなどのように生地に違いがあったり、ストライプシャツやチェックシャツなどのようにデザインに違いがあったりするので、シャツだけでも多種多様であることがお分かりいただけるかと思います。

そんな多くの種類があるシャツの中でも、今回は女性らしい着こなしがしやすいシャツをご紹介していきます。

女性らしい着こなしを叶えるおすすめシャツ!

シンプルなシャツでも着こなし次第で、女性らしい雰囲気のコーデに仕上げることができます。

とはいえ、シャツの種類はさまざまですから、女性らしい着こなしがしやすいおすすめのシャツをご紹介していきましょう。

●スキッパーシャツ

はじめにご紹介するのは、スキッパーシャツです。

スキッパーシャツとは、ボタンがなく首元がVネックになっているシャツのことをいいます。

シャツを着る際に多い「ボタンを留めるのが面倒」という悩みも、このシャツであれば悩むことはありません。

またVネックのため、首元をきれいに見せてくれるところも嬉しいポイントといえます。

さらに、小顔効果も発揮できるように、少し鎖骨が見えるくらいのデザインを選ぶとよいでしょう。

このシャツで女性らしい着こなしにするには、ボトムスはボリュームがあるタイプのものを選ぶと良いかもしれません。

首元に抜け感があるので、ボリュームのあるワイドパンツを合わせても、野暮ったい印象にはなりにくいです。

シャツはワイドパンツにインすることで、脚長効果もプラスされ、スタイル良く見せることもできますよ。

洗練された女性らしい着こなしに!オープンカラーシャツ

次にご紹介するシャツはこちらです。

●オープンカラーシャツ

「開襟シャツ」とも呼ばれるように、開襟して着ることを前提につくられたシャツのことをいいます。

これにより、首元をきれいに見せてくれるので、品のある女性らしい着こなしも可能です。

例えば、子供っぽい印象に見られやすいサロペットなども、こちらのシャツを合わせれば大人っぽい印象に仕上げることもできます。

黒のサロペットにベージュのオープンカラーシャツを合わせてみましょう。

首元のラインがすっきりしていることで、コーディネートに抜け感ができ、洗練された女性らしい雰囲気に仕上げることができますよ。

より女性らしさのあるコーディネートに仕上げたい場合は、髪の毛はアップスタイルにし、耳にはゴールドのピアスやイヤリングを付けると良いでしょう。

女性らしさが際立つ!ノーカラーシャツもおすすめ

シャツの中でも、女性らしさが際立つシャツがこちらのシャツです。

●ノーカラーシャツ

カラーは英語で「襟」という意味ですから、ノーカラーシャツとはその名のとおり「襟なしシャツ」のことです。

襟がないため、デコルテまわりもすっきりと見せることができ、女性らしい華奢な印象も与えてくれるシャツです。

特に女性らしい着こなしにしたい場合は、とろみ素材のノーカラーシャツがおすすめです。

ここに黒のレーススカートと合わせて、シャツをフロントインしてみましょう。

これだけでオフィスコーデにおすすめの、女性らしい着こなしになりますよ。

ほかにもボーイフレンドなどのような、だぼっとしたジーンズと合わせてみても良いですね。

シャツはジーンズに軽くインします。

靴はパンプスを合わせれば、きれいめカジュアルなコーディネートになりますので、こちらもおすすめです。

着こなし次第で体型カバーも可能!オーバーサイズシャツ

4つめにご紹介するのは、こちらです。

●オーバーサイズシャツ

通常より少し大きめにつくられたシャツで、近年流行しているビッグシルエットもこのシャツで着こなすことができます。

大きめにつくられていることで、体型を華奢に見せてくれる効果も期待でき、着こなし次第で体系カバーも可能です。

華奢に見せたい場合は、ボトムスはスキニーやストレートタイプのものを合わせましょう。

オーバーサイズシャツということで、どうしても上半身にボリュームが出やすいので、下半身はボリュームが出ないものを選ぶことがポイントといえます。

このように合わせることで、上半身と下半身にシルエットに差をつけることができるので、女性らしい華奢なスタイルにすることができます。

タイトスカートを合わせてシャツをインしたスタイルも、スタイル良く見せられるのでおすすめです。

以上のように、シンプルなシャツでも種類によって、女性らしい着こなしにすることができます。

さまざまなシャツで着こなしを楽しんでみてください。

女性らしい着こなしにするコツ!「抜き襟」を覚えておこう

この記事の最後に、シャツで女性らしい着こなしにするためのちょっとしたコツについてお話しします。

そのコツというのは、「抜き襟」です。

これは、シャツのボタンをいつもよりも1個か2個多く開け、シャツの背面を引っ張りうなじを見せる着こなし方のことをいいます。

着物や浴衣を着たときの後ろ襟部分を想像すると、わかりやすいかもしれません。

基本のやり方をご説明しますと、まずはデコルテが見えるくらいまでシャツのボタンを開けます。

次に、シャツの背面の中心をつまんで、後ろに引っ張ります。

うなじ辺りが拳ひとつ分程度見えればOKです。

これで抜き襟は完了です。

少し大きめのシャツで抜き襟をすると女性らしい着こなしにできるので、前の項でご紹介したオーバーサイズシャツなどで行うと良いでしょう。

シャツで女性らしい着こなしを!

シャツといっても種類はさまざまで、シンプルなシャツからデザイン性の高いものまであります。

その中でも今回は、女性らしい着こなしがしやすいシャツのおすすめをご紹介してきました。

着こなし方についてもお話ししましたので、ぜひこの記事などを参考に、シャツで女性らしい着こなしを楽しんでみてください。