ジャケットに合わせるスカート!色違いで様々コーディネート

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ジーンズにスニーカー、靴下でお洒落なレディースコーデを!

ジーンズにスニーカーそして靴下、レディースコーデにおいてはそれぞれが重要な役割を担うアイテムです...

Tシャツをおしゃれに着こなそう!おすすめレディースTシャツ

Tシャツは1枚でも重ね着でも、万能に使えるファッションアイテムです。Tシャツをさらりと素敵に...

セーターにネックレスを付ける場合、どんな合わせ方が良い?

秋冬の季節に欠かせなくなるのが暖かいセーターですね。その暖かさからついついセーター頼りになっ...

注目のライダースジャケット!有名ブランドが定番で安心!

メンズファッションの定番の一つに、ライダースジャケットがあります。シンプルコーデにライダース...

シャツの種類はさまざま!襟なしシャツの魅力を知ろう! 

シャツと一口にいっても、種類はさまざまですよね。シャツの生地の種類も豊富ですし、色やデザイン...

ジーンズに破れが!プラスに変える裏技でおしゃれになる!

お気に入りのジーンズが破れていたらショックですよね。破れていたから捨てようと考える前に、...

デニムシャツを羽織る手法でレディースコーデの幅を拡張!

デニムシャツは、様々なボトムスと合わせてお洒落なコーデに仕上げられる優秀なトップスアイテムです。...

コートはファッションの主役!子供に人気のかわいいブランド

冬のファッションの主役は、コートやジャケットといったアウターですね。特に子供の場合、動きやす...

憧れの「キレカジ」コーディネートに挑戦!【レディース編】

近年よく耳にする「キレカジスタイル」は、レディースファッションの定番となりつつありますよね。...

このアウターがおすすめ!秋のメンズ向けファッション

過ごしやすい秋は、ファッションの面でも楽しめる季節です。着用するファッションアイテム...

冬向けアウターはこれがおすすめ!メンズに人気のもの5選

冬は寒いので、屋外ではアウターが必需品です。防寒性や使いやすさと同時に、ファッション性もアウ...

Tシャツのたたみ方が問題?シワにならないたたみ方と収納法

暑い季節には、Tシャツを着る機会が増えますよね。人によっては何枚も持っているということもある...

ダウンの中綿のフェザーの割合!どれくらいが良いの?

ダウンジャケットの購入のときに気になるのは、中綿に含まれるダウンとフェザーの割合。「フェザー...

トップスにシースルー(白)を合わせるレディースコーデ!

暖かい季節の訪れと共に、透け感のあるシースルートップスが存在感を高めてきます。合わせるだけで...

ジーンズを冬の寒い時期でも暖かく穿く!防寒テクと最新商品

ジーンズは、デイリーアイテムとして男女問わず愛用されるファッションアイテムです。コーディネー...

スポンサーリンク

春の装い!白のジャケットに合わせた色違いのスカート

冬は黒やグレーのジャケットに濃い色のスカートを合わせていた人も、春になると明るい色に変わってきます。

中でも使い勝手が良いのが、白のジャケットです。

子供のいる女性なら入園・入学式用に用意したスーツで、白ジャケットを購入した人が多いのではないでしょうか。

しかし、入園・入学式などの式典でしか着ないため、そのままタンスの肥やしになっているという人もいます。

せっかく買った服がもったいないことにならないよう、式典だけでなく普段もこの白ジャケットを活用してみませんか。

白のジャケットのインナーに白を合わせるのはもちろん、どんな色のインナーでも合います。

自分が持っているブラウスやシャツ・ワンピースなどと合わせてれば、仕事や授業参観にも着ていけます。

スーツと一緒になっていたワンピースやスカートでは改まりすぎと思うなら、少し明るめのインナーがお勧めです。

式典のときは中に白のブラウスと黒のスカートでコーディネートしていた人も、インナーやスカートを色違いにすることで、普段使いができます。

ブラウスが白のままなら、スカートを水色やオレンジ、濃いピンクなどの明るい色にしたら、とても華やかになります。

スカートはスーツについていた黒のままなら、インナーを明るい色にして合わせてみましょう。

式典のような改まった席以外でも、利用することができます。

春の装いに改めてジャケットを購入しなくても、式典で購入したジャケットをフル活用してみましょう。

色違いのスカートがついたジャケットを活用

兄弟姉妹の入学式が重なり、同じ日に小学校と中学校、幼稚園の式典を掛け持ちすることがあります。

また、小学校の卒業式と中学の入学式で、同じスーツを使いまわすこともよくあります。

中には、スーツを2着用意する人もいるようです。

いくら安く購入できても、わざわざ改めて2着のスーツを購入するのはもったいないと思いませんか。

もったいなくても同じ服装は恥ずかしいと思う人もいますね。

そんなときは、ジャケットに色違いのスカートが2枚ついているものがありますので利用してみましょう。

卒業式は厳かな雰囲気なので、白のジャケットに黒のスカートを合わせた抑え気味のモノトーンコーデです。

入学式のときは一転、同じスーツについている白や淡いベージュのスカート、または千鳥格子のスカートを合わせます。

中には、スカートとワンピースの二種類ついているものや、スカートとパンツがセットになっているものもあり組み合わせに便利です。

午前・午後の式典に出るなら、中学の入学式は黒のスカート、小学校の入学式は、色違いのスカートやパンツスタイル・ワンピースと変えるだけで、違うスーツを着ているような印象になります。

最近は、このように着る人のニーズに合わせて色々なコーディネートができるスーツもありますので、探してみましょう。

その後も活用できる学生時代の黒ジャケット

リクルートが目的の黒のジャケットには、色違いのスカートはついていません。

ほとんどは、白シャツと黒のセミタイトスカートかパンツのセットになっています。

しかし、黒のジャケットスーツは一枚持っていると、再就職や冠婚葬祭と色々な式典で活用できます。

例えば、礼服をクリーニングに出してしまった後、突然の不幸で黒服を着る必要が出たとき、慌ててしまいますね。

そんなときに活用できるのが、黒スーツです。

大学の入学式や就職活動で黒スーツを購入したという方も多いでしょう

就職したから、結婚したからと処分してしまう方も多いことでしょう。

しかし、中に黒のブラウスを着ればそのまま喪服として活用することができます。

また、後々1日限りの短期の仕事をするとき、最就職を考えているとき、あらたまった服がないなら、学生時代の黒スーツをタンスの奥から出して使いましょう。

最近では、検定試験や模擬試験の監督といった、1日限りの仕事を受ける主婦が増えています。

月に1回、または数回で1万円から数万円になると人気です。

しかし、試験監督はスーツと決められているため、皆さん学生時代のスーツを出して利用しているようです。

出産でウエストがきつくなってしまった人は、ジャケットだけ利用してグレーや紺といった地味な色違いのスカートを合わせることもできます。

また、子育てが一段落した人が再就職を考えると、スーツが必要になる場面もあります。

こんなときも、改めてスーツを購入することなく、黒のスーツのジャケットだけを利用してください。

グレーや紺のセミタイトスカートやプリーツスカートを履いて面接に臨みましょう。

このときに気をつけるのは、地味なセミタイトスカートやプリーツスカートだからといって化繊のスカートを合わせると少し砕けてしまうところです。

できるだけジャケットに近い素材のものをコーディネートしましょう。

このときに、略正装だからと子供の入学式のときに着た白ジャケットにワンピースは、仕事をするための姿勢としてはあまり好ましくありません。

かといって新卒ではないので、全くの黒スーツでなくても大丈夫です。

男性の背広に近い服装ということで、黒のジャケットに地味なスカートを合わせて行くのをお勧めします。

ジャケットにスカートを色違いで合わせてイメージチェンジ

高校生の制服で、スカートが二種類ある学校があります。

紺のブレザーに合わせた紺のスカートと、同じ紺の糸を一部に使ったグレーや黒のチェックのスカートがついているといった制服です。

いくつかの学校で採用されていて、学生もそのときの気分やクリーニングに出したときの、替えとして利用しています。

こういった学校のほとんどは、普段の授業はどちらでも良いものの、式典は紺のスカートを着用と決めているようです。

確かに、同じ制服でもチェックのスカートは普段使いになります。

しかし、紺のスカートなら正装になり、高校生の礼服にもなります。

このように同じジャケットでも、スカートが色違いになるとそれだけでイメージが変わるのです。

特に仕事で同じジャケットを毎日着る場合は、スカートの色を変えるだけでその日1日をいつもとは違った気持ちで過ごすことができます。

同じ黒のジャケットにグレーのスカート、白のスカート、紺のスカートと仕事先でイメージを変えて、コーディネートを楽しむことができます。

また、色違いだけでなく、セミタイトスカートやギャザースカート、プリーツスカートと形を変えてみても異なる装いになるでしょう。

他にも素材を変えると、同じ黒のスカートでもまた違ったイメージになります。

ジャケットに色違いのスカートを合わせたり、形違いのスカートを合わせて、イメージチェンジを楽しみましょう。

ニットジャケットに色違いのスカートを合わせて

式典では利用できないですが、仕事着では利用できるのが、ニットのテーラードジャケットです。

黒や白、グレーと色々なニットのジャケットは、下に冬物スカートを合わせることでどんな色でも合わせられます。

色違いで紺や黒、茶と似たようなスカートを持っていると、組み合わせに幅が生まれます。

織物素材のジャケットと違い、ニットは伸縮性があり柔らかいので、仕事のときも動きやすく肩や首への負担もありません。

特に、冬は厚着になり肩が凝りやすい人もいます。

ニットのジャケットなら肩への負担が少ないので、仕事中の緊張感で疲れることを緩和してくれます。

ニットのジャケットは冬物がほとんどですが、綿素材の糸を使ったサマージャケットなら、春夏でも暑さは気になりません。

春夏のジャケットは、下に夏物のニットスカートや化繊のスカートを合わせることができます。

夏ニットの白、ベージュ、紺といった色違いのスカートがあれば、色々な着回しを楽しむことができます。

夏物のジャケットの場合は、インナーに色違いのタンクトップを持ってきても良いでしょう。

ジャケットが白やベージュなら、緑や水色、ピンクといったタンクトップと、紺のスカートを合わせることで、仕事でも子供の学校行事でも着ていくことができます。

冬のジャケットに色違いのスカートを

冬のジャケットでは黒の他に、グレー・茶・紺そして海老茶色などがあります。

あまり地味な色ばかりでは飽きてしまいますので、時折上品なワインカラーを合わせてみてはどうでしょう。

赤ほど派手ではなく、黒やグレーと違い明るいイメージになります。

ジャケットとしてワインカラーを持ってくると華やかになりますが、仕事の集中を欠くほどの派手さはありません。

下に黒や紺・グレーのスカートを合わせれば、シックで大人っぽいコーディネートになります。

茶色のジャケットなら、下に同系色のベージュ色や白の他に黒のスカートがぴったりです。

色違いで同じ形のスカートを持っていれば、同じジャケットでもイメージが違ってきます。

冬の服装は黒やグレーといった色が多く、暗いイメージです。

しかし、茶色やワインカラーのジャケットなら温かみのあるコーディネートを楽しむことができます。

冬だからこそ、暗い色、地味な色ばかりでなく、温かみのある赤系の色のジャケットを持つもの、おしゃれなコーディネートの一つです。

ジャケットとスカートの色違いでコーディネートを楽しもう

同じジャケットでも合わせるスカートの色が違うと、コーディネートは様変わりします。

中には、たかが色違いと思う方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、セミタイトスカート一つとっても、色や形が違うだけでイメージはかなり違います。

仕事先でも、子供の学校行事でも、スカートの色を変えてコーディネートを楽しみましょう。