ジャケットに合わせるスカート!色違いで様々コーディネート

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

スカートに裏地がない!透けて見えないためにペチコートを

スカートには裏地がついたものとないものがあることをご存知ですか?最近は、制服のスカートは...

冬の「コート」は必需品!子供に着せたいおしゃれなブランド

寒くなるとコートが手放せなくなります。特に気温が低い真冬には暖かいコートを子供に着せ...

白ニットコーデ攻略法!お洒落なレディーススタイルに変身!

秋冬になるとニットが非常に役立ってくれます。様々な色味が揃うニットの中でも定番となるのが...

質のよいニットが欲しい!メンズにおすすめのブランドとは?

着心地のよい、質のよいニットを探している男性は少なくないでしょう。しかし、いざ「質のよいニッ...

良質コートは素材で決まり!おさえておきたい高級素材!

秋冬に活躍する定番アイテム、コート!その善し悪しは使われている生地・素材によって決まると言っ...

コートは何着持つ?おしゃれ大好きな女性必見の衣類整理術

肌寒い季節にはコートが欠かせません。おしゃれが大好きな女性はコートを何着も持っていて、コーデ...

ジーンズを当て布でおしゃれに変身!縫い方も大事な工程!

ちょっとした動きだけでジーンズが破れてしまった経験がある方もいらっしゃいますよね。ダメージジ...

ジレとスーツの色違いコーデ!おしゃれな着こなしのコツは?

スーツとジレは、同じ色でも色違いでも合わせて活用できるコーデです。少し改まった印象になるため...

デニムは日本の岡山が熱い!レディースも注目の岡山デニム!

「デニムの聖地」と呼ばれる日本の岡山県は、世界中のジーニストから熱い視線が注がれている場所です。...

ジーンズのダメージ加工って実際にはどんな種類があるの?

飽きが来て履かなくなってしまったジーンズもほんの少しダメージ加工を施せば、お洒落なアイテムへと変...

ジーンズ選びは何基準?オシャレ女子はブランドで探してる!

カジュアルファッションを代表するジーンズ。今では、誰でも一本は持っている国民的ボトムスと...

コートにかける値段は?お金を無駄にできない40代の選択

皆さんは、コートを何着くらい持ち、そしてコートにどれくらいの値段をかけますか。また、季節や用...

レディースアウターはお洒落で可愛いのが一番!ブランドは?

秋冬は、世の女性にとっては楽しみな季節かもしれませんね。何と言ってもお洒落の幅を楽しめる季節...

冬の必需品!ダウンで迷ったら?キッズにおすすめのブランド

真冬の寒さでもキッズは元気いっぱいですよね。キッズが外の寒さに負けないためにも、暖か...

スカートの静電気が不快!防止や排除の方法は何があるの?

頻繁にスカートを身に着ける女性の方は、一度はスカートの静電気にお困りになったことがあるかと思いま...

スポンサーリンク

春の装い!白のジャケットに合わせた色違いのスカート

冬は黒やグレーのジャケットに濃い色のスカートを合わせていた人も、春になると明るい色に変わってきます。

中でも使い勝手が良いのが、白のジャケットです。

子供のいる女性なら入園・入学式用に用意したスーツで、白ジャケットを購入した人が多いのではないでしょうか。

しかし、入園・入学式などの式典でしか着ないため、そのままタンスの肥やしになっているという人もいます。

せっかく買った服がもったいないことにならないよう、式典だけでなく普段もこの白ジャケットを活用してみませんか。

白のジャケットのインナーに白を合わせるのはもちろん、どんな色のインナーでも合います。

自分が持っているブラウスやシャツ・ワンピースなどと合わせてれば、仕事や授業参観にも着ていけます。

スーツと一緒になっていたワンピースやスカートでは改まりすぎと思うなら、少し明るめのインナーがお勧めです。

式典のときは中に白のブラウスと黒のスカートでコーディネートしていた人も、インナーやスカートを色違いにすることで、普段使いができます。

ブラウスが白のままなら、スカートを水色やオレンジ、濃いピンクなどの明るい色にしたら、とても華やかになります。

スカートはスーツについていた黒のままなら、インナーを明るい色にして合わせてみましょう。

式典のような改まった席以外でも、利用することができます。

春の装いに改めてジャケットを購入しなくても、式典で購入したジャケットをフル活用してみましょう。

色違いのスカートがついたジャケットを活用

兄弟姉妹の入学式が重なり、同じ日に小学校と中学校、幼稚園の式典を掛け持ちすることがあります。

また、小学校の卒業式と中学の入学式で、同じスーツを使いまわすこともよくあります。

中には、スーツを2着用意する人もいるようです。

いくら安く購入できても、わざわざ改めて2着のスーツを購入するのはもったいないと思いませんか。

もったいなくても同じ服装は恥ずかしいと思う人もいますね。

そんなときは、ジャケットに色違いのスカートが2枚ついているものがありますので利用してみましょう。

卒業式は厳かな雰囲気なので、白のジャケットに黒のスカートを合わせた抑え気味のモノトーンコーデです。

入学式のときは一転、同じスーツについている白や淡いベージュのスカート、または千鳥格子のスカートを合わせます。

中には、スカートとワンピースの二種類ついているものや、スカートとパンツがセットになっているものもあり組み合わせに便利です。

午前・午後の式典に出るなら、中学の入学式は黒のスカート、小学校の入学式は、色違いのスカートやパンツスタイル・ワンピースと変えるだけで、違うスーツを着ているような印象になります。

最近は、このように着る人のニーズに合わせて色々なコーディネートができるスーツもありますので、探してみましょう。

その後も活用できる学生時代の黒ジャケット

リクルートが目的の黒のジャケットには、色違いのスカートはついていません。

ほとんどは、白シャツと黒のセミタイトスカートかパンツのセットになっています。

しかし、黒のジャケットスーツは一枚持っていると、再就職や冠婚葬祭と色々な式典で活用できます。

例えば、礼服をクリーニングに出してしまった後、突然の不幸で黒服を着る必要が出たとき、慌ててしまいますね。

そんなときに活用できるのが、黒スーツです。

大学の入学式や就職活動で黒スーツを購入したという方も多いでしょう

就職したから、結婚したからと処分してしまう方も多いことでしょう。

しかし、中に黒のブラウスを着ればそのまま喪服として活用することができます。

また、後々1日限りの短期の仕事をするとき、最就職を考えているとき、あらたまった服がないなら、学生時代の黒スーツをタンスの奥から出して使いましょう。

最近では、検定試験や模擬試験の監督といった、1日限りの仕事を受ける主婦が増えています。

月に1回、または数回で1万円から数万円になると人気です。

しかし、試験監督はスーツと決められているため、皆さん学生時代のスーツを出して利用しているようです。

出産でウエストがきつくなってしまった人は、ジャケットだけ利用してグレーや紺といった地味な色違いのスカートを合わせることもできます。

また、子育てが一段落した人が再就職を考えると、スーツが必要になる場面もあります。

こんなときも、改めてスーツを購入することなく、黒のスーツのジャケットだけを利用してください。

グレーや紺のセミタイトスカートやプリーツスカートを履いて面接に臨みましょう。

このときに気をつけるのは、地味なセミタイトスカートやプリーツスカートだからといって化繊のスカートを合わせると少し砕けてしまうところです。

できるだけジャケットに近い素材のものをコーディネートしましょう。

このときに、略正装だからと子供の入学式のときに着た白ジャケットにワンピースは、仕事をするための姿勢としてはあまり好ましくありません。

かといって新卒ではないので、全くの黒スーツでなくても大丈夫です。

男性の背広に近い服装ということで、黒のジャケットに地味なスカートを合わせて行くのをお勧めします。

ジャケットにスカートを色違いで合わせてイメージチェンジ

高校生の制服で、スカートが二種類ある学校があります。

紺のブレザーに合わせた紺のスカートと、同じ紺の糸を一部に使ったグレーや黒のチェックのスカートがついているといった制服です。

いくつかの学校で採用されていて、学生もそのときの気分やクリーニングに出したときの、替えとして利用しています。

こういった学校のほとんどは、普段の授業はどちらでも良いものの、式典は紺のスカートを着用と決めているようです。

確かに、同じ制服でもチェックのスカートは普段使いになります。

しかし、紺のスカートなら正装になり、高校生の礼服にもなります。

このように同じジャケットでも、スカートが色違いになるとそれだけでイメージが変わるのです。

特に仕事で同じジャケットを毎日着る場合は、スカートの色を変えるだけでその日1日をいつもとは違った気持ちで過ごすことができます。

同じ黒のジャケットにグレーのスカート、白のスカート、紺のスカートと仕事先でイメージを変えて、コーディネートを楽しむことができます。

また、色違いだけでなく、セミタイトスカートやギャザースカート、プリーツスカートと形を変えてみても異なる装いになるでしょう。

他にも素材を変えると、同じ黒のスカートでもまた違ったイメージになります。

ジャケットに色違いのスカートを合わせたり、形違いのスカートを合わせて、イメージチェンジを楽しみましょう。

ニットジャケットに色違いのスカートを合わせて

式典では利用できないですが、仕事着では利用できるのが、ニットのテーラードジャケットです。

黒や白、グレーと色々なニットのジャケットは、下に冬物スカートを合わせることでどんな色でも合わせられます。

色違いで紺や黒、茶と似たようなスカートを持っていると、組み合わせに幅が生まれます。

織物素材のジャケットと違い、ニットは伸縮性があり柔らかいので、仕事のときも動きやすく肩や首への負担もありません。

特に、冬は厚着になり肩が凝りやすい人もいます。

ニットのジャケットなら肩への負担が少ないので、仕事中の緊張感で疲れることを緩和してくれます。

ニットのジャケットは冬物がほとんどですが、綿素材の糸を使ったサマージャケットなら、春夏でも暑さは気になりません。

春夏のジャケットは、下に夏物のニットスカートや化繊のスカートを合わせることができます。

夏ニットの白、ベージュ、紺といった色違いのスカートがあれば、色々な着回しを楽しむことができます。

夏物のジャケットの場合は、インナーに色違いのタンクトップを持ってきても良いでしょう。

ジャケットが白やベージュなら、緑や水色、ピンクといったタンクトップと、紺のスカートを合わせることで、仕事でも子供の学校行事でも着ていくことができます。

冬のジャケットに色違いのスカートを

冬のジャケットでは黒の他に、グレー・茶・紺そして海老茶色などがあります。

あまり地味な色ばかりでは飽きてしまいますので、時折上品なワインカラーを合わせてみてはどうでしょう。

赤ほど派手ではなく、黒やグレーと違い明るいイメージになります。

ジャケットとしてワインカラーを持ってくると華やかになりますが、仕事の集中を欠くほどの派手さはありません。

下に黒や紺・グレーのスカートを合わせれば、シックで大人っぽいコーディネートになります。

茶色のジャケットなら、下に同系色のベージュ色や白の他に黒のスカートがぴったりです。

色違いで同じ形のスカートを持っていれば、同じジャケットでもイメージが違ってきます。

冬の服装は黒やグレーといった色が多く、暗いイメージです。

しかし、茶色やワインカラーのジャケットなら温かみのあるコーディネートを楽しむことができます。

冬だからこそ、暗い色、地味な色ばかりでなく、温かみのある赤系の色のジャケットを持つもの、おしゃれなコーディネートの一つです。

ジャケットとスカートの色違いでコーディネートを楽しもう

同じジャケットでも合わせるスカートの色が違うと、コーディネートは様変わりします。

中には、たかが色違いと思う方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、セミタイトスカート一つとっても、色や形が違うだけでイメージはかなり違います。

仕事先でも、子供の学校行事でも、スカートの色を変えてコーディネートを楽しみましょう。