シャツは爽やかな水色でコーデをお洒落に楽しもう!

シャツはファッションになくてはならないアイテムの一つです。

シャツにはさまざまな色がありますが、水色はとても清潔感があって、合わせやすい色ということを知っていますか?

水色のシャツが持つ魅力や、コーデをお洒落に見せる方法をお伝えします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ジャケットはチェック柄が個性的!しかし着こなしは難しい?

メンズコーデにおいて、チェック柄のジャケットをメインに据えた着こなしがお洒落と評判です。 無地...

意外と簡単!デニムのブリーチ加工を自宅で行う方法を紹介!

デニムには使い古したユーズド感やビンテージ感を表現するために、様々な加工方法があります。 本来...

カシュクールワンピース(ロング丈)を着こなす方法とは?

ロング丈のカシュクールワンピースは、自分に合ったものを選べば一枚でサマになります。 重ね着にも...

アウターは暖か可愛いボアで決まり!注目のボアコーデ!

暖かくもこもこで可愛いと、世の女性たちから今熱い視線を浴びているアウターがボアになります。 「...

パーカーとアウターの組み合わせ、フードの取り回し

おしゃれアイテムとしてのニーズよりも、気軽さや便利さで受け入れられているパーカー。 パーカーと...

セーターは素材によって暖かさが違う! おすすめの選び方とは

セーターは冬にかかせない衣料品ですが、使われている素材にはさまざまなものがあります。 選び方は...

ダウンコーデのポイント!バッグはダウンの特徴に合うものを

冬の防寒やおしゃれに大活躍するダウンジャケットは、デザインによってモコモコとしたボリュームやすべ...

パーカーを腰巻きして作るメンズのカジュアルファッション

かつて、公園や山道で見かけた腰巻きスタイルを、ストリートでもみかけるようになってきました。 ...

【大人アメカジ】優秀アイテム「パーカー」でメンズコーデ!

スポーティな雰囲気の「パーカー」は、メンズのアメカジファッションにおすすめです。 ファッション...

ライダースとスカートで軽快に!春のライダースコーデご紹介

ライダースジャケットはその名の通り、バイクに乗るライダーを想像させるハードな雰囲気のジャケットで...

あなたのコートの袖丈は適正!?おしゃれは適した長さから!

さまざまな季節のコーディネートに使われるようになったコート。 コートは暖かいという機能以外にも...

オーバーオールを使って秋冬のレディースコーデをお洒落に!

オーバーオールは、着やすくて着心地も良く、そして動きやすいと非常に優秀なファッションアイテムです...

ダウンジャケットの中綿は潰れても復活させることができる?

ダウンジャケットは寒い冬にはとても助かる、モコモコでフワフワなアイテムです。 暖かさはもちろん...

テーパードパンツでオフィスカジュアルコーデ!【春ver.】

近年はさまざまな会社でオフィスカジュアルをOKとし、きれいめでおしゃれなオフィスコーデを楽しむ方...

コートにパーカーを合わせる!フードを出してこなれコーデに

冬もパーカーを楽しみたいような女性は、パーカーとコートの重ね着で、パーカーのフード部分を出す着こ...

スポンサーリンク

シャツのコーデが与える印象は?

シャツは春夏秋冬と一年を通して活躍するファッションアイテムの一つです。

そのシャツを使ったコーデから、どのような印象を受けますか?

シャツは襟がついているデザイン、ついていないデザインとあります。

襟がついているシャツからは、清潔感、真面目、きちんとしているというイメージが生まれます。

また、襟がついていないシャツでもかしこまったイメージは薄れるものの、やはり同様の印象を受けます。

シャツを着るときちんとした印象を与えてくれるのです。

ただし、せっかくシャツを着るのでしたら、アイロンがけは必須です。

シャツの素材はさまざまですが、コットンなどはシワになりやすいので、シワがついたまま着ることがないよう心配りも必要です。

また、シャツの色によっても印象は変わります。

水色は好印象、清潔感を与えたい時にはぴったりの色といえるでしょう。

ぜひ水色のシャツをコーデに取り入れて、素敵な出会いを楽しんでください。

シャツのコーデは難しい?

今は、実店舗や通販など、たくさんの洋服が溢れている時代です。

カットソーなどの種類も豊富ですよね。

カットソーなど、簡単に着れてコーデが完成するアイテムは便利ですので、ついカットソーのアイテムが増えてきた方も多いでしょう。

ここでカットソーについてまとめておきますが、カットソーとは裁断した(cut)生地を縫い合わせて(sewn)できた衣服です。

シャツ、カットソーは同意義のアイテムです。

ここではカットソーをシャツとして話を進めてまいります。

改めて、シャツは簡単にコーデができる便利なアイテ厶です。

コーデを考えるのが難しいと思っている方もいるようですが、シャツ一枚でお洒落感を出すのが難しいと思われるのかもしれませんね。

シャツ一枚をサラリとシンプルに着ることこそが、お洒落に見えるのです。

そしてシャツは、カジュアルなファッションもきちんと感も出してくれる、万能アイテムの一つです。

例えば、ジーンズにシャツでは少し砕け過ぎた印象の場合には、アイロンがかかった水色のシャツを合わせ、パンプスなどの綺麗めな靴を合わせると、ボトムスがカジュアルでも、知的で清潔感が溢れる印象を与えます。

気軽に使えて、綺麗に見せられるシャツがあるととても便利ですよ。

水色のシャツは好感度アップ!

水色を見ると、どのようなイメージがわきますか?

水色が持つ心理的イメージとしては、「洗練」という意味があります。

自然の一部である水や空を連想させる水色は、研ぎ澄まされた感性を呼び起こしてくれるイメージがあります。

また、水色は副交感神経を優位にさせる色です。

そのことから、気持ちを落ち着かせる効果もあります。

落ち着いていて、優雅な印象を与える水色には「洗練」というイメージがぴったりです。

色が与えるイメージを利用してファッションをコーデすると、今までよりも更にお洒落が楽しくなりそうですよね。

初めて会う人や、仕事での打ち合わせ、契約交渉、自分自身を落ち着かせたい時など、その時々の場面により、色を使い分けてみると、ファッションを通して安心感までも得られるのではないでしょうか。

自分が好きなファッションコーデも良いですが、相手のことを考えるファッションができるようになる素敵な大人の女性という印象を与えます。

水色のシャツを使ったコーデで、イメージアップ、好感度が上がると嬉しいですね。

水色のシャツを使ったコーデ

水色は合わない色がほとんどない程に、どのような色とも相性が良いと言えるでしょう。

初めて水色のシャツをコーデに取り入れる時には、シンプルなコーデをおすすめします。

例えば、水色のシャツを紺や白のスカートにインするシンプルなコーデも良いでしょう。

また、カジュアル系ファッションでしたら、白いパンツやジーンズに水色のシャツを合わせ、スニーカーとコーデするのも爽やかで素敵です。

スニーカーをパンプスすると、綺麗めなカジュアルファッションに簡単に変えることができます。

さらに、水色を明るい原色と合わせるのもおすすめです。

レモンイエローのパンツやスカートに水色のシャツをコーデすると水色がより鮮やかに映えます。

水色がもつ「落ち着き」というイメージから、原色の明るい色を取り入れても決して派手過ぎないのは、水色の持つ魅力の一つです。

パンツも白、インナーも白にして、上から水色のシャツを羽織るだけのコーデでも、お洒落で洗練された印象を受けます。

シャツは羽織るだけで格好良く決まるので、使い慣れるととても便利なファッションアイテムになります。

水色は誰からも愛される色

水色は、空や水、海といった大自然とつながる色ですよね。

水色は、私達が毎日の生活の中で、自然と接している色の一つです。

その水色は誰からも愛される色と言って良いでしょう。

また年齢を問わず受け入れてもらえる色とも言えます。

気持ちを和らげる、落ち着かせる水色は、どのような色とも相性がよく、また使いやすい色としても愛されています。

水色のシャツは、クローゼットに一枚あると何かと頼りになる存在です。

トップスのコーデに悩んだ時や、色選びに迷う時には、水色のシャツの出番です。

どのような色とも相性がよく、好印象のイメージを与えてくれる水色のシャツは、ファッションの悩みを解決してくれることでしょう。

水色はブルー系ですので、男性ぽいと思われる女性もいるようです。

女性ならピンクなどの可愛らしい色が男性受けが良いと思われるのかもしれません。

しかし、水色は男女共に好感度の高い色です。

男性からみた水色には、清潔感、清楚なイメージがあるのです。

水色のコーデでイメージアップしてみましょう!

これまで水色のシャツをコーデに取り入れたことがなかったという方も、気軽に取り入れてみませんか?

水色のシャツといっても、ストライプやチェックなどの柄の入ったシャツもあります。

また素材によってもシャツの雰囲気は変わるものです。

リネン素材のシャツは、天然素材特有のシワ感が生まれるため、リネンの清涼感と共にカジュアルなイメージのファッションになります。

このように、自分の持っている洋服のイメージに合う水色のシャツを選ぶことで、さらにコーデもしやすくなるでしょう。

水色のシャツを選ぶ前に、どのような素材、柄、形のシャツが自分の持つ洋服に合うのかをチェックしてみてください。

ちょっとした手間が失敗のない服選びにつながり、また、実際にお店で選ぶ時に冷静に判断できます。

水色を上手にファッションに取り入れよう!

爽やかで清潔感を感じる水色は、誰からも好かれる素敵な色です。

水色をファッションのコーデに取り入れることで、落ち着いた優しい女性を表現してみませんか?

まずは簡単に使える水色のシャツからはじめてみましょう。

きっと水色が大好きになるはずですよ。