秋冬コートは赤で決める!上手に着こなしてモテコーデに!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

シャツとネクタイの組み合わせ方!おしゃれに着こなそう!

ビジネスマンであれば、おそらく誰もが気になるのがスーツとシャツ、そしてネクタイの組み合わせ方です...

メンズ必見!ジーンズに合わせるベルト選びでは色味も大切!

Yシャツにネクタイをするとお洒落が映えるように、ジーンズにおいてもベルトが大切な役割を果たしてく...

オーバーオールのおしゃれな着方はこれ!肩ひもを外す手も!

もともとオーバーオールは作業着として開発されましたが、その独特の形状が受け、老若男女を問わずに愛...

ジャケットにストライプアイテムを合わせる着こなしが旬!

縦のラインが細見え効果を生み、大人っぽい印象を与えてくれるストライプ柄。ジャケットスタイルに...

レギンスだって夏は涼しい!涼しく夏コーデが楽しめる!

レギンスは夏にどうしても蒸れてしまいがちという問題点があります。春秋冬はスタイルアップに一役...

ニットの可愛いレディースブランドは?おすすめブランド6選

木枯らしの秋や、かじかむ冬では、あたたかいファッションアイテムが欲しくなりますね。寒い季節に...

ライダースが着られる時期はいつまで?おすすめコーデは?

男性はもちろんのこと、近年は女性のファッションアイテムのひとつともいえるライダースジャケット...

ジーンズの魅力アップ!インディゴブルーを色落ちさせる方法

ジーンズは、履けば履くほど魅力の増すボトムスです。インディゴブルーが色落ちして白糸が表に出て...

今さら聞けない!定番のスカートの種類と名前「基礎の基礎」

今や女性ファッションの定番になっているスカートですが、どのような種類があるのかご存知でしょう...

上質なニットのおすすめレディースブランドをご紹介!

Tシャツやジーンズなど、いつの時代でも流行に左右されない定番アイテムがあります。ニットセータ...

カシュクールトップスで大人セクシーに!コーデのポイントは

カシュクールトップスには、いろいろな素材や形のものがあります。落ち着いた大人っぽいコーディネ...

シャツは種類が豊富!秋のメンズコーデにおすすめのものは?

秋はとても過ごしやすい季節で、スポーツや行楽にとても適しています。また、芸術の秋とも言われよ...

冬に必需品のコート!似ているのに値段の違いがある理由とは

寒い冬には欠かすことのできない衣服に、コートがあります。そのコートですが、デザインや見た目は...

デニムワンピースは優秀アイテム!秋のおしゃれを楽しもう!

デニムワンピースは、優秀なアイテムなのでぜひ持っておきたい服の1つです。デニムワンピ...

コートはなぜ生まれた?ルーツを知ることで着丈の目安になる

コートの目的は防寒と防水でした。作業効率を優先させたショートコートやハーフコート、雨への防水...

スポンサーリンク

おしゃれな着こなしを実現するために!赤のコートの特徴を知ろう!

さて、今回は赤のコートを使ったコーデをご紹介していきます。

まずは、おしゃれなコーデを実現するにあたって赤のコートの特徴を知っておきましょう。

ダークなワインレッドのように深みがある大人っぽいものから、色鮮やかな赤、幼く見えてしまうような赤まで、赤にも様々な色味と持ち味があります。

今お持ちのアイテムや、ご自身の肌感などを鑑みて赤の種類を探すとベストな赤と必ず出会うことができます。

また、着こなしに戸惑ってしまうかもしれませんが、赤のコートはそれ自体がコーデの主役となるアイテムです。

できるだけ、シンプルなアイテムと合わせるコーデにすると外すことは少ないですね。

これにコートのデザインや色味などを工夫すると、フレッシュな感じや大人っぽい感じなど理想的なおしゃれコーデにすることができます。

セクシーな感じであれば鮮やかな赤、可愛い感じであればピンク系の赤など色味の変化、さらにはデザインでこのような変化を楽しめ、最適のコーデが作れるのです。

何よりも、赤のコートを合わせるとダークトーンに落ち着きがちな秋冬のファッションを明るく華やかにしてくれます。

そしてもしかしたら、これが一番嬉しいポイントかもしれません。

赤のコートを合わせると、異性にとって魅力的に映ります。

これは心理学的見地からも立証されているようで、モテ女子コーデに赤のコートはうってつけかもしれません。

赤のトレンチコートを上手に着こなしておしゃれな大人カジュアル!

それでは、「赤のコートを使ったおしゃれな着こなしとなるコーデ」をご紹介していきます。

最初にご紹介するのは赤のトレンチコートを使ったコーデです。

シックな色味を見ることが多いトレンチコートですが、実は赤もフェミニン感が上手に表現されておしゃれ映えするのです。

さらりと一枚羽織るだけで、おしゃれ度がアップしますね。

【白のニットセーターにインディゴブルーのスリムジーンズと合わせる】

・トップス 薄手の白、ボートネックニットセーター
・ボトムス インディゴブルーのスリムジーンズ
・アウター ワインレッドのトレンチコート
・足元 ブルーと白のツートンカラーのローファー

薄手で白のボートネックニットセーターを、ボトムスとなるインディゴブルーのスリムジーンズにタックインして、細見え効果と共にスタイリッシュに合わせましょう。

白ニットにジーンズというカジュアルのテッパンコーデがスリム感抜群です。

ここにアウターとしてワインレッドが鮮やかなトレンチコートをさらりと着こなしましょう。

ワインレッドのカラーに包まれるので女性らしく、スタイリッシュコーデが華やかになります。

ポイントはコートを前開き状態で合わせること。

前を閉めてしまうと、かっちりとした印象が強くなってしまうので、前開き状態で綺麗めな大人カジュアル感を表現します。

足元は、トップスとボトムスに合わせたブルーと白のツートンカラーのローファーでコーデを締めます。

これで、洗練されたスタイリッシュさ、おしゃれな大人カジュアルコーデの完成です。

赤のノーカラーコートでシックな着こなしを!

続いてご紹介する赤のコートの着こなしは、ノーカラーコートを使ったコーデです。

ノーカラーコートは襟元が特徴的なので、女性らしさを表現するにはベストなアイテムと言えるでしょう。

ここに赤が加わるのですからなおさらですね。

しかし、ここでは女性らしさを活かしつつもシックで大人っぽいカジュアルを目指してみましょう。

【黒のワントーンコーデに合わせてみる】

・トップス 黒のニットセーター
・インナー 白のハイネック(ただしインナーは無くても可)
・ボトムス 黒のパンツ
・アウター 深みのあるワインレッドのノーカラーコート
・足元 黒のヒールパンプス

トップスの黒のニットセーターの首元には少しだけインナーの白ハイネックが覗きます。

これをボトムスの黒のパンツにタックアウトで合わせてみましょう。

白のワンポイントが絶妙なワンポイントとなる黒コーデが、できる大人の女性感を表現してくれます。

ただし、完全なオールブラックコーデがお好みであれば、白のインナーは不要です。

ここにアウターとして深みのあるワインレッドの存在感が素晴らしい、ノーカラーコートを袖を通さずさらりと羽織りましょう。

羽織ることでこなれた感じが出せますね。

黒と赤という分かりやすい色味のコーデがシンプルでありながらも、おしゃれ度が高く感じられます。

また、ノーカラーコートから覗く黒のシルエットが胸元のVから美しく浮かび上がるのもおしゃれ見えするポイントです。

足元は黒のパンプスでワントーンコーデを上品に締めます。

赤と黒に垣間見える白のワンポイントが織りなす、大人上品なレディースコーデの完成です。

くすみ系赤のピーコートで可愛らしい真面目女子風の着こなしに!

続いてご紹介する着こなしは、赤のピーコートを使ったコーデになります。

ピーコートは若い世代や、真面目な印象が際立つアイテムかもしれません。

少々ずるい演出かもしれませんが、ここに赤を加えつつ真面目女子風な印象を与えてみましょう。

【モノトーンコーデに合わせてみる】

・トップス 白のハイネックニットセーター
・ボトムス 白地に黒ドット柄の膝丈スカート
・アウター ピンクがかった赤のピーコート
・足元 白の靴下に黒のローファー

白のハイネックニットセーターをトップスとして、ボトムスとなる白地に黒のドット柄がおしゃれな膝丈スカートにタックインして上品に合わせてみましょう。

上品で清楚な印象のモノトーンコーデです。

ここに、ピンクがかった鮮やか赤のピーコートを合わせてみます。

モノトーンコーデにミスマッチな配色に感じますが、実際に合わせてみると非常に映える仕上がりになります。

ピンクのコートになるとガーリーさが勝ってしまうかもしれませんが、赤なので女性らしさとして雰囲気が落ち着きます。

おしゃれな女性のモノトーンコーデが一転、可愛らしい真面目女子風コーデに変わります。

足元は白の靴下に黒のローファーで真面目感をアップさせ、しっかりとコーデを締めましょう。

これで男性受け抜群の真面目女子風コーデが完成です。

赤のダウンをスタイリッシュに着こなして女子度アップ!

続いてご紹介する着こなしはアウターにコートではなく、赤のダウンジャケットを使ったコーデです。

ダウンジャケットはレディースコーデにはなかなか取り入れにくいコーデかもしれません。

どうしてもメンズライクな印象が先に来てしまいますね。

しかし色味を赤にすることで、レディースライクかつおしゃれ上品な印象を与えてみましょう。

【黒とグレーモノトーンコーデに合わせてみる】

・トップス 黒のボートニットセーター
・ボトムス グレーのチェック柄ロング丈タイトスカート
・アウター 渋め赤のダウンジャケット
・足元 白のスニーカー

トップスの黒のボートネックニットセーターを、ボトムスとなるグレーのチェック柄が入ったロング丈タイトスカートに上品に合わせます。

黒とグレーが織りなす、シックで上品なモノトーンコーデです。

また、美しいIラインがスタイリッシュに仕上げてくれています。

ここに渋めの赤がポイントになるダウンジャケットを前開きで合わせてみましょう。

綺麗なIラインを壊すことなく、おしゃれなYラインとしてさらにスタイリッシュさを与えてくれます。

このラインの美しさはもちろんですが、シックなモノトーンコーデを渋めの赤が雰囲気を壊さずに綺麗な彩りを加えてくれるのも見逃せません。

足元は、白のスニーカーでカジュアルダウンさせてコーデを締めくくります。

「スタイリッシュで上品カジュアル!」なレディースコーデの完成です。

赤のチェスターコートを着こなしてセクシー感を!

最後にご紹介する着こなしは、赤のチェスターコートを使ったコーデです。

ビジネスシーンで活用されることが多いチェスターコートは、しっかりとした印象に仕上げることができるアイテムになります。

上品さや真面目さ、格好良いという印象を与えるのが非常に得意です。

しかしここでは、レディースライクかつ上品セクシーな印象に挑戦してみましょう。

【黒のシースルーと合わせてセクシーに!】

・トップス 黒の総レースシースルー
・インナー 黒のキャミソール
・ボトムス 黒の前スリット入りタイトスカート
・アウター 鮮やか赤のチェスターコート
・足元 黒のストッキングに黒のパンプス

インナーとなる黒のキャミソールの上に黒の総レースシースルーをレイヤードコーデで合わせます。

黒の透け感が大人っぽい上品なセクシー感を与えてくれますね。

ボトムスの前スリット入りタイトスカートにはキャミソールをイン、レースはアウトで上品に合わせます。

このインとアウトの使い方は上品なポイントになります。

ここにアウターとして鮮やかな赤が眩しいチェスターコートを前開きスタイルで合わせます。

鮮やかな赤が黒のセクシーをさらに上品にしてくれます。

また前開きなので、綺麗なIラインも壊さずコーデにまとまりが出るのがグッドです。

足元は、黒のストッキングに黒のパンプスを合わせてセクシーさをプラスします。

「上品かつ格好良くてセクシー!」なレディースコーデの完成です。

赤のコートで秋冬の主役の座を手に入れよう!

今回は赤のコートを使ったコーデをご紹介しました。

「赤は目立つから合わせにくい!」といった理由から赤のコート避けてきた方も多いようです。

しかし、目立つのは悪いことではありません。

むしろ、個性的なファッションとしては歓迎すべき色味と言えるでしょう。

これ1つでコーデの主役となれる赤のコート、上手に合わせて秋冬のおしゃれの主役も手に入れましょう。