レギンスは夏コーデの味方!夏におすすめの柄や素材をご紹介

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

子供のスカートに欲しいポケット!簡単後付けテクニック

可愛らしい子供のスカート、ポケットが付いていないと何かと不便なことが多いですよね。自分で少し...

デニムにボアがついたジャケットのおしゃれコーデをご紹介!

デニムジャケットの内側にボアがついた「ボアデニムジャケット」をご存知でしょうか。見た目にも暖...

スカートは膝丈のフレアで決まり!大人女子力を見せつける!

膝丈のフレアスカートと聞くと、どのような印象をお持ちでしょうか。多くの方が、可愛らしい印象と...

スカートの色味はボルドーがお洒落!おすすめのコーデは?

スカートで人気となるカラーに、ボルドーがあります。艶やかですがシックな印象が強く、人を引き付...

【ニットのコーデ特集】ノースリーブニットで初秋コーデ!

8月が終わり9月に入ると、季節も夏から秋に変わりますね。とはいえ、9月に入っても天候...

ライダースはレディースコーデのカギ!本革ライダースご紹介

ライダースジャケットというと、どのようなイメージが浮かぶでしょうか。ハード、クール、タイトな...

ブルゾンのコーディネートはピンクを選んでワンランク上に!

ブルゾンを新調する際、ブラックやグレーなどの定番色に飽きてしまったら、ピンクのブルゾンに挑戦して...

今はコートの色だってかわいい!水色コートを着こなしたい!

今までは、コートと言えば黒やブラウン、グレーや白の4色が主流でした。暗い色が多いイメージでし...

コートコーデのアクセントにはバッグを!色別コーデをご紹介

一年のうち、多くの期間お世話になる衣類といえば、コートでしょうか。コートは体を覆う面積が広い...

おすすめセーターをブランド別にご紹介!高級カシミアの魅力

秋冬に活躍するセーターですが、流行りのデザインからシンプルなデザインなどいろいろです。そのな...

シャツとニットをレイヤードするメンズコーデが今風お洒落!

シャツとニットのレイヤード(重ね着する)スタイルはメンズカジュアルコーデの定番となっていますね。...

デニムコーデの結婚式が話題!メンズ向けのデニムコーデとは

ドレスコードを、デニムとする結婚式が話題です。結婚式といえば厳かなものなので、参加者...

ノーカラーアウターで秋冬のレディースコーデをオシャレに!

秋冬のレディースコーデの主役はアウターですね。その中でも、女性ならではのオシャレなコーデが楽...

ジーンズの股下がすぐに破れてしまうのは何とかできるのか?

ベストジーニスト賞とまではいかなくても、お洒落にジーンズを履きこなしていたいですよね。「...

ダウンを合わせたおしゃれレディースコーデをご紹介!

冬に手放したくないアイテムとなるのがダウン(ジャケット・コート)です。保温性に防寒性と暖か対...

スポンサーリンク

夏向きの素材とはどんなもの?

夏の暑さは年々増してきているといわれます。

私たちもそれを肌で実感していますね。

ところで、人が暑さを感じるとき、そこには気温だけではなく湿度も大きく関わっています。

気温が高くても湿度が低いと意外と快適に過ごせるのではないでしょうか。

一方、梅雨時など雨の多い時期は、湿度が高いため気温のわりに蒸し暑く感じるということもありますね。

人の体は、多湿を好まない傾向にあるようです。

肌の湿度が適度に保たれているとき、人は快適さを感じるのです。

そのため夏向きの衣類には、吸水や速乾、湿度調整などに優れた素材がよく使われます。

夏の素材といえば、なんといっても麻でしょう。

肌に触れるとひんやりと気持ちよく、汗を速やかに吸収し乾きも早い麻は、快適な着心地です。

吸水性と湿度調整機能に優れた素材として挙げられるものに絹があります。

その他、優れた吸水性と柔らかな肌触りの綿、速乾性に優れたポリエステルなどが、夏向きの素材の代表的なものとして挙げられます。

それぞれ優れた働きを持つ素材ですが、しわになりやすい、水に弱いなど、使いにくい特徴も合わせもっています。

実際は何種類かを混紡し、使いやすくして製品化しているものが多く見られます。

夏向きのレギンスは、色や柄だけではなく、素材にもこだわって作られているのです。

暑さ対策だけじゃない!夏レギンスをおすすめする理由

夏にレギンスをおすすめする理由はいくつかあります。

暑く大量に汗をかく夏には、体を締め付ける衣類は出来る限り避けたいものですね。

特に衣類の中でもボトムは、暑さ対策、汗対策に悩む部分でしょう。

年間を通して定番のジーンズも、真夏にはあまりおすすめできません。

もっとも最近では、夏向きの涼感ジーンズなども発売されていますから、それらを上手に取り入れるのもひとつです。

ボトム代わりにレギンスを取り入れることで、足元がぐんと軽やかになります。

オーバーサイズのシャツやワンピースは、さらっと一枚で着ることができ、夏におすすめの衣類です。

足元を素足にすると、リゾート感たっぷりの着こなしになります。

一方、レギンスを取り入れると、トップスの印象がぐっとカジュアルに変わります。

同じシャツやワンピースも、レギンスの有無では違う表情で着こなすことができるのです。

レギンスの色や柄にこだわれば、気軽なおしゃれを楽しむこともできます。

レギンスを身に付けることで、かいた汗が速やかに吸収され、さらっとした肌触りで過ごせます。

もうひとつ、レギンスがあることで、足元の日焼け予防にもつながります。

これらが、夏にレギンスをおすすめする理由です。

レギンスはメリハリ上手!夏コーデと相性抜群

夏に着る衣類は、最低限の枚数でまとめたいものですね。

そんなとき活躍するアイテムは、先にもご紹介したようなワンピースなどの一枚ものでしょう。

チュニックやオーバーサイズシャツなども、定番のアイテムですね。

それらに共通することは、ゆるやかな、ふんわりとしたシルエットであるという点ではないでしょうか。

空気をはらんでひらひらと揺れるワンピースなどは、見ているだけで涼しげです。

しかし、体形や身長など、着る人の個性によっては、ふんわりシルエットが見た目の印象をダウンさせてしまうこともありえます。

そこで、おすすめしたいのが、レギンスを使うことです。

ふんわりトップスとタイトシルエットのレギンスとを合わせることで、メリハリの利いたシルエットが生まれます。

レギンスの色は、黒などの引き締め色を使うとより効果的でしょう。

柄付きのレギンスを使えば、また違った表情も楽しめます。

夏にはミニ丈のスカートやショートパンツなども軽やかで素敵です。

そこにレギンスを合わせてみましょう。

足のシルエットがはっきりし、美脚効果がより増します。

ショート丈を楽しみたいけれど足の露出が気になる、という方にもおすすめの着こなしです。

柄付きレギンスの楽しみ方とは?

店舗やネットショップなどのレギンス売り場をのぞいてみると、実にさまざまな色や柄のレギンスが並んでおり、その種類の多さに圧倒されます。

夏向きレギンスは、定番の黒のほか、グレー、ネイビー、カーキなどが見られます。

そのほか、ドットや花柄、カモフラ柄、デニム風、サイドライン入りなどの柄付きレギンスも多く見られます。

レギンスコーデについては、ゆるやかなシルエットのトップスと合わせるスタイルが多く見られます。

柄付きレギンスは、その多様さから、スキニーパンツのように取り入れられている印象です。

シンプルな無地のトップスに柄付きレギンスを合わせてみましょう。

作りこまない、シンプルでおしゃれ度の高いコーデに仕上がります。

レギンスのメリハリ効果も効いて、スタイルアップも叶います。

最近流行しているサイドライン入りのレギンスは、カジュアル、スポーティーをキーワードにしたおしゃれを楽しみたい方に特におすすめです。

ビッグTシャツやパーカー、スニーカーと合わせて思い切りカジュアルに決めても良いですし、キレイめトップスとヒールで大人っぽく決めても素敵です。

夏レギンスにおける人気の柄【男性編】

男性がレギンスを身に付けるシーンとは、どのような場面でしょうか。

よく見かけるのは、スポーツやアウトドアシーンですね。

ランニングや登山、キャンプなどの場面で、ショートパンツの下にレギンスを重ねて履くスタイルはおなじみです。

汗を吸収、発散するこれらのレギンスをショートパンツに重ねて履くことで、夏の不快感が抑えられるため、おすすめです。

ダンスなど激しい動きをする際にも、体の動きに合わせて伸縮するレギンスはストレスなく着用でき、快適に過ごせます。

メンズレギンスの柄も、レディース同様数多くあります。

中でもカモフラ柄や幾何学模様などは品数豊富です。

ショートパンツと重ねて、色柄合わせを楽しむのも良いですね。

大きめトップスと合わせてアクティブに着こなすのも素敵です。

親子でお揃いも!柄レギンスのコーデ例

レギンスは大人だけのものではありません。

子供服にもレギンスを取り入れたものが数多くあります。

よちよち歩きを始める頃の子供は好奇心いっぱいで、あちこちめまぐるしく動き回る傾向にあります。

転んで汚れたり、水にぬれたり、食べ物や飲み物をこぼしてしまうことも多いですよね。

トイレを失敗することもまだまだ多いことでしょう。

子供には、動きやすく、通気性の良い衣類を選んであげたいものです。

そんな時に、伸縮性や通気性に優れ、薄手なレギンスは非常に使い勝手が良いですよ。

子供用レギンスは、無地のほか、ドットなど愛らしい柄の入ったもの、裾がフリルになったものなど、さまざまな種類のものがあります。

小さな子供さんのいるお宅では、お母さんが次のお子さんを妊娠中ということも多いでしょう。

レギンスは、マタニティウェアとの相性が良く、締め付けない優しい着心地で快適に過ごせます。

暑い夏だけではなく、素材次第では通年使えるのもレギンスの魅力です。

子供さんとレギンスの柄や色を合わせて、お揃いコーデを楽しむのも良いでしょう。

老若男女、みんなの足元を快適に!

夏に向くレギンスについて、その素材、色や柄、コーデなどをご紹介しました。

レギンスを夏に取り入れることは、肌環境を快適にし、日焼けを防ぐうえで非常に有効です。

男性、女性、大人、子供に関わらず、誰もが気軽におしゃれを楽しめるのもレギンスの魅力です。

どの年代の方の足元も快適にしてくれるレギンスをコーデに取り入れ、より快適な夏を過ごしましょう。