スカートに合うベルトなら輪っかがお洒落なリングベルトで!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

パーカーをカップルで楽しもう!おすすめのブランドをご紹介

パーカーは、カップルで楽しむのにとても適したアウターです。なぜなら男女ともに似合い、販売され...

おしゃれはトップスで決まる?!可愛いブランド6選をご紹介

フェミニンやガーリーといった可愛いファッションの決め手は、「トップス」です。第一印象でパッと...

スウェットの黒色は着回しに便利!でも色落ちが気になる…

スウェットは、運動着に部屋着にパジャマ代わりにと様々な用途で重宝する便利なウェアーです。中で...

愛着のあるジーンズが破れた?直し方を知っていれば大丈夫!

ジーンズは、ほとんどの方がお持ちのポピュラーなファッションアイテムです。ベストジーニスト...

レインポンチョで雨の日の送迎も濡れない!自転車ママ必見!

子供の保育園や幼稚園の送迎を、自転車で行っているママは多いでしょう。自転車での送迎で...

作業着を一新!ジーンズとワンピースの重ね着コーディネート

ジーンズは作業着、というものだったのは今は昔のお話です。今では、ニューヨークの有名モデルやア...

1枚でもおしゃれなTシャツ!おすすめブランドの人気アイテム

Tシャツはそれだけではもちろん、インナーとしても活用できるファッションアイテムです。デザイン...

セレカジがレディースに人気!コーデのポイントを掴もう!

昨今、「セレカジコーデ」というワードを耳にすることが多くなりました。しかし、実際にどのような...

ニットを贈るならブランド物!イギリスのおすすめブランド

冬のトップスの定番は、やはりニットですよね。クリスマスのギフトなどに、家族や恋人へニ...

デニムは夏に履くと暑い!暑くない夏向きデニムについて解説

デニムというと、ジーンズとほぼ同じ意味合いで使われている、非常にポピュラーな言葉です。...

メンズアウターはダウンジャケットが人気!おすすめブランド

男性の皆さんは、今年の冬はどのようなアウターを着るかもうお決まりですか。今回おすすめするダウ...

アウターは安いものでもOK!おしゃれなメンズを演出するコツ

普段着用するアウターについてお悩みはありませんか。ここぞという場合では、ブランド物や値段の高...

コートの長さ、気にしていますか?身長別ベストな長さご紹介

肌寒くなってくると欠かせないアイテムといえば、コートですね。衣類のもっとも外側に着るコートは...

簡単アレンジで魅力UP!ストールのパーティーに適した巻き方

長い間、パーティーの羽織物といえばボレロでした。しかし近年では、結婚式などのお呼ばれ...

シャツの胸ポケットは必要?不要?不要なら外すのもアリ!

ビジネスシーンでは欠かせないワイシャツですが、ワイシャツに着いた胸ポケットは必要なものなのでしょ...

スポンサーリンク

スカートに合わせるなら輪っかがお洒落なリングベルト!

今確実に流行の流れができつつあるのが、可愛らしい輪っかが特徴的なリングベルトです。

パンツコーデには勿論ですが、スカートのコーデにもお洒落に活用することができるので愛用者が急増中なのです。

リングベルトとは、ベルトのバックル部分に2つのリングがついていて、これを使ってベルトを固定するお洒落なベルトです。

ベルトの部分は、通常のベルト同様に革であったり、布生地製のものも多く使われています。

非常にシンプルなものから、太さや形状にカラーと様々な種類のものが存在しています。

カジュアルでもフォーマルでも、通常使用もお洒落アイテム使用もOKで、汎用性が高いので重宝されます。

リングベルトの他にも「テープベルト」や「ダブルリングベルト」などとも呼ばれていますが、ここでは「リングベルト」としてご紹介していきます。

実は、このリングベルトですがもともと存在はしていたのですが、2016年頃から韓国のファッションシーンで非常に人気のアイテムとなったそうです。

今では韓国ファッションシーンでは欠かすことのできないアイテムとなったリングベルトですが、そのままブームが日本へと飛び火してきたわけですね。

リングベルトは普段お使いのベルトとは一味違う、機能性にファッション性を兼ね備えた優れたベルトなのです。

輪っかがお洒落なリングベルト!その魅力とは?

前項でもご紹介しました輪っかが特徴的なリングベルトは非常に注目されているアイテムです。

それでは、そんなリングベルトの魅力とはどのようなものなのでしょうか。

【もたつきがない】

前述のようにバックルではなく、2つの可愛らしいリングでベルトを固定させるため、バックルベルトに比べて厚みがないのがリングベルトの特徴になります。

これによりウエスト部分に膨らみが生じないので、パンツやスカートの上に薄手の生地のトップスをタックアウトで持ってきてももたつき感がないのです。

シュッとしたお洒落なシルエットにすることができます。

【サイズ調整が自由自在】

リングベルトのもう一つの魅力は、サイズ調整が自由自在に行えることにあります。

通常のベルトですとベルトの穴にピンを通して固定するため、穴でサイズが固定されてしまいます。

長い場合にはベルトをカットするようなことも必要ですね。

しかしリングベルトの場合には輪っか部分で調整するので、いかようにもサイズ調整が可能であり、長ければ切らずにそのままお洒落アイテムとして活用することが可能です。

嬉しいやら悲しいやらの身体のサイズの変化にも合わせることができるので、長く付き合えるベルトになります。

【お洒落アイテムとして】

もう一つリングベルトの魅力をご紹介させていただきます。

それはお洒落に楽しめることです。

リングベルトの特徴である金具でできた2つの輪っかがベルト部分とのメリハリをつけてくれるので、お洒落になるのです。

また、前述のようにリングベルトにはお洒落なデザインやカラーなど豊富な種類があって、お洒落アイテムとしても非常に重宝します。

太めのベルトであれば、コートやワンピースなどの上からウエストマークとしてお洒落なアクセントにもなりますね。

パンツやスカートへのリングベルトの装着の仕方!

それでは続いてリングベルトの締め方をご紹介します。

リングベルトの締め方は通常のベルトに比べますと、少しだけ複雑になりますが、それでも決して難しいわけではなく、簡単に装着することができます。

【リングベルトの装着方法】

①普通のベルト同様にベルトをスカートやパンツのベルトループに通します。

今回は通常使いの装着なのでベルトループに通しますが、ウエストマークとして使う場合にはこの動作は不要になります。

②ベルトループを一周させたらフロントで、2つの輪っかの下からベルトを通します。

③ベルトを通したら、1つ目の輪っか(内側の輪っか)の端を使ってベルトを折り返します。

④折り返したベルトを2つ目の輪っか(外側の輪っか)をくぐらせます。

⑤締め具合と長さ調整を行います。

これで終了ですが、あまったベルトはそのまま下に垂らしても、腰にあるベルトに巻き付けてもOKです。

いつものベルトよりは一工程多いですが、全く難しくありませんよね。

下に垂らしても、ベルトに巻き付けてもお洒落でこなれた感じに仕上がります。

輪っかの形状以外にも!スカートにも合うリングベルト選びのポイント!

それでは、スカートにもパンツにも合うお洒落なリングベルトの選び方についてご紹介します。

先端の輪っかの形状は勿論ですが、それ以外にも選ぶ際には気を付けていただきたいポイントがあります。

【裏地もお洒落なもの】

たいていのリングベルトは裏表同じ仕様になっているものが多いです。

これは、前項のリングベルトの装着方法でご説明したように、フロント部分で折り返して使うので、先端部分では裏表が反対になるためです。

勿論、裏表が同じ仕様であれば問題ありませんが、折角なら裏表違う柄で意外性やお洒落感を出すのも面白いですよね。

【長さに注意】

リングベルトの場合には、通常のベルトと異なり長くても切ったりする必要がありません。

むしろ下に垂らしたり巻き付けたりと長い部分を遊んで楽しむお洒落もあります。

少し余裕がある長さの方が、楽しめると思います。

【素材を選ぶ】

リングベルトの場合には、パンツやスカートなどボトムスのずり落ちをおさえる通常のベルト機能とウエストマークとしてのファッション機能の両方で使えます。

特にベルト機能の場合に、穴がなく摩擦を利用し固定するので生地によっては緩みやすい場合があります。

これを防ぐには、レザーやキャンバス地の素材のものがおすすめです。

また前述した余裕のある長さでも、垂らしたり巻き付けたりすることで補強することが可能になります。

これらから、緩みにくさも含めて素材感を確認しましょう。

【ベルトの太さも大切】

リングベルトには様々な種類のものがあります。

色や形、ベルトの太さなど豊富な種類があるのでお好みのものを選ぶことができます。

しかし、ベルトループに通して使うとなると幅4センチを超えると使えるものが少なくなってしまいます。

ウエストマークとして使うのであれば、太くてもお洒落な使いこなしができますが、それをベルトループに通すとなると難しい場合もあります。

太さは用途を確認したうえで決めましょう。

以上のポイントに注意してリングベルトを選んでください。

スカートにも合うおすすめのリングベルト!

それでは、スカートにも合うおすすめのリングベルトをご紹介します。

勿論これら以外にも素晴らしいアイテムはありますが、ここではご紹介しきれませんのその中からほんの一部のご紹介になります。

是非リングベルト選定の際の基準にしてみてください。

【LBC レディース用ダブルリングベルト】

最初にご紹介するのはLBCのレディース用ダブルリングベルトです。

自由なサイズ調整は勿論、高級感たっぷりの革素材に特徴的なリング形状でお洒落度が高くなります。

カラーは全部で3種。

パンツやスカートへのお洒落な通常使用は勿論、ワンピースやコートなどへのウエストマークとしても非常に映えるアイテムです。

【grove スエードリング・サッシュベルト】

続いてはgroveのスエードリング・サッシュベルトのご紹介です。

トレンドとなる2個の輪っかが特徴的なリングベルトになります。

こちらは、その名前の通りサッシュベルトになりますので、通常使いのベルトループに通すものではありません。

フェイクスエードがしなやかさを演出するのでお洒落で優しく感じられます。

カラーは茶と黒の2色からお選びいただけます。

ハイウエストボトムスやコートにワンピース、様々なお洒落コーデのウエストマークに役立ちます。

【LoveHands ナチュラルレザーと麻レースのリングベルト】

続いてご紹介するはラブハンズのリングベルトになります。

こちらは、どんぐりなどの植物由来エキスから独自の方法で作られるどんぐりレザーに綺麗な麻のレースがあしらわれたお洒落なリングベルトになります。

エコロジー素材になりますので、環境にも女性にも優しいリングベルトですね。

特徴的なお洒落な麻のレースは途中で折り返されているので正面で折り返した際にも見えなくなってしまうことはありません。

レザーと麻のレースが見事にマッチしており、これ単体でのお洒落度数も非常に高いですね。

デニムに合わせるだけでもとても可愛らしく映えます。

リングベルト付きスカートもお洒落アイテムとしてはおすすめ!

前項で輪っかがお洒落なリングベルトのおすすめをご紹介しました。

もう一つ面白いアイテムがあるので最後にそちらをご紹介します。

それはリングベルト付きスカートになります。

規格としてこのリングベルトが付いているスカートも非常にお洒落で人気があるのです。

【Omekashi リングベルトタイトスカート】

オメカシ(Omekashi)のリングベルト付きのタイトスカートは、ベロア素材を使用したスタイリッシュなアイテムになります。

色は、ブラウンにブルー、キャメル、ピンクの全4種類が揃っています。

この1アイテムでトレンドも季節感もお洒落に取り入れることができてしまいますね。

例えば、ピンクのスカートにパープルのニットを合わせてみましょう。

足元に黒ブーツ、頭にはグレーのベレー帽と渋めに合わせれば、派手さを控えめにした大人フェミニンコーデが完成します。

腰からお洒落に下がるリングベルトがお洒落度をアップさせてくれます。

【N.Natural Beauty Basic グレンチェックタイトミモレスカート】

続いては、こちらNのリングベルト付きスカートになります。

グレンチェック柄はトレンドでもありますので非常に人気ですね。

チェックの柄カラーはイエロー系とレッド系の2種類があり、いずれも女性らしく上品に感じさせてくれます。

また、タイトスカートでミモレ丈の場合には、ボディラインにフィットして足の綺麗さは勿論全体シルエットも美しく表現してくれるのが嬉しいですね。

例えば、レッド系のチェック柄にホワイトのオフショルダーのセーターを合わせてみるのもおすすめです。

黒のヒールに黒のストッキング、黒のカバンで合わせれば大人女性のエレガントさが強調されます。

また、リングベルトが綺麗なウエストラインを強調してくれるので女性らしさがアップします。

この他にも、リングベルト付きのフレアスカートやワイドパンツなどお洒落アイテムがたくさんあります。

是非一度探されてみてはいかがでしょう。

話題のリングベルトでお洒落にアクセントを!

今回お洒落なベルト「リングベルト」についてご紹介してきました。

普段使いは勿論、ウエストマークとしてのお洒落アイテムとして、様々な用途があることはご理解いただけたかと思います。

ウエストラインが強調されるのでコーデがスタイリッシュに仕上がるのはありがたいですね。

既にお持ちであれば更なる活用をしてみてくださいね。

まだ、お持ちでなければ新たなお洒落アクセントとして取り入れてみてはどうでしょう。