トップスインが苦手でもOK!メリハリコーデに役立つアイテム

トレンドは風のように素早く通り過ぎ、常識だと思っていたことが非常識になり、置いてきぼりをくらったような気持ちになることがありますよね。年齢を重ねても、おしゃれに思われるコーディネートをしたいものでしょう。ここでは、トップスインが苦手だと悩んでいる女性のために、インしなくてもおしゃれに見える方法をご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

就活でトラブル!スカート(タイト)の黒い汚れやしわを解消

女性の皆さんは仕事でスーツを着ることはありますか。スーツといっても、学生が就職活動で使うよう...

スカートにトップスインしたいけど似合わない!どうしよう?

近頃は、スカートやパンツのボトムスにトップスをインするコーデが流行ですよね。店頭に並ぶアイテ...

人気のデニムスカートを活用!秋冬注目のおしゃれコーデ!

オールシーズン便利に役立つデニムスカート!合わせるアイテムを選ばない着回しの良さに加えて...

アウターでオシャレが変わる!レディースコーデの楽しみ方!

秋冬のオシャレ、レディースコーデの楽しみは何といっても、アウターとなるコートが使えることでしょう。...

スカートの様々な種類!大人な印象なら丈感はロングが一番!

フレアー、ギャザー、タイト、ペンシル、これらは全てスカートの種類になります。一口にスカートと...

1枚でもおしゃれなTシャツ!おすすめブランドの人気アイテム

Tシャツはそれだけではもちろん、インナーとしても活用できるファッションアイテムです。デザイン...

只今、シャツを重ね着するレディースコーデが注目なのです!

いつものシャツコーデにちょっと変化が欲しいと思ったら、レディースコーデで人気を集めている重ね着が...

ジーンズのペイントを自作してプラスに!楽しんだもん勝ち!

1点物のオリジナルのジーンズが欲しいと思ったことはありませんか。ダメージ加工をするのも良いけ...

鮮やかパーカーのオレンジを着こなしたい!トレンドコーデ!

今トレンドになっているパーカーの中でも、オレンジ色のパーカーが話題になっています。鮮やかな色...

スカート&靴下を大人っぽく決める!40代におすすめのコーデ

最近、スカートに靴下を合わせるコーデが、大人女性の間でも流行しています。スカート&靴下コーデ...

ジーンズにスニーカー、靴下でお洒落なレディースコーデを!

ジーンズにスニーカーそして靴下、レディースコーデにおいてはそれぞれが重要な役割を担うアイテムです...

ジーンズに自分だけのダメージ加工、セルフでもできる!

トレンドになっているダメージジーンズですが、ショップで出会えるジーンズは、なかなかお眼鏡に叶わな...

ダッフルコートを大学生男子が大人っぽく着る秘訣とは!?

大学生男子は、おしゃれに精通している方も多く、コーディネートを見ているだけでも参考になりますよね...

スカートに合わせたアウター選び!冬のコーデはこれで完璧!

冬の到来と共に人によっては一年で最もお洒落を楽しめる季節が訪れることにもなります。この季節を...

デニムのメンズコーデ!お洒落見えポイントはロールアップ!

メンズの皆様は、デニムのロールアップはしていますか。正直、デニムコーデにロールアップを取り入...

スポンサーリンク

トップスインが苦手な人が多い理由

シャツやニットをボトムスにインする着こなしは、腰の位置を高く見せてくれます。

そのため、足が長く見える効果があります。

他にも、メリハリあるコーディネートができたり、トレンド感ある着こなしができることなどがメリットとしてあげられます。

しかし、ウエストサイズがはっきりと分かることや、ヒップの形が強調されることにもなり、苦手意識を持っている方も多いといいます。

バランスを取るのが難しいコーディネートでもあります。

また、自分のスタイルを一度完成させてしまうと、それを崩すのが難しく感じるものです。

鏡に映る自分の姿に違和感を感じて、トップスをインしたり出してみたり、前だけをインしてみたり、試行錯誤した経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

トレンドに流されすぎても自分のスタイルを見失いますが、まったく意識していないのも同性からは「野暮ったい」と思われてしまいます。

おしゃれは奥が深く難しいものですが、ここではトップスインしなくても違和感のないコーディネートをご紹介します。

ぜひ、参考にしてください。

トップスインが苦手でも大丈夫!トップスのデザインに頼ってみよう

トップスをインすることが苦手な理由で、「お腹周りが気になる」「お尻を隠したい」という方におすすめなのが、ウエストマークされたデザインのトップスを選ぶことです。

ウエスト部分を絞れるようになっているシャツや、ギャザーになっているシャツなら、お腹周りを強調しすぎることなくカバーしてくれるでしょう。

ほかにも、太めのバックルベルトが付いているブラウスなどもおすすめです。

こうしたトップスを選べば、インしなくても着こなしにメリハリをつけることができます。

今ではあまり見かけませんが、ブラウスの前裾を前で縛るトップスが流行したこともありました。

少し落ち着いた雰囲気になりますが、「トップスのデザインに頼ってみる」というのも一つの方法です。

この方法を選ぶ場合に注意しなければいけないのは、ウエストの位置やサイズ感を間違えないことです。

ウエストのギャザーの位置が体型と合わないと、違和感ある着こなしになってしまうことがあります。

また、ウエストが絞られていてヒップがふくらんだデザインのトップスの場合、逆にお尻が大きく見えてしまうこともあります。

ですから、デザイン性が高いトップスを選ぶ時には、できるだけ試着することをおすすめします。

気になる部分から視線をそらす!トップスイン苦手派におすすめのデザイン

デザイン性のあるアイテムの中でも、体型に合っているかどうかをあまり意識しなくてもいいのが、「ウエストに注目させない」アイテムです。

ワンショルダーや、重ね着をしているように見える服、アシンメトリーなトップスを探してみてはいかがでしょうか。

片方の肩だけを出すワンショルダーはセクシーすぎると思い、苦手な方もいるかもしれません。

しかし、デザインによっては露出が少ないものもあります。

肩を出す分、ボトムスは体のラインをひろわないストレートパンツや膝丈のスカートにすれば、全体的に見て上品にまとめることもできます。

トップスインすることで逆に不自然になるワンショルダーもありますし、視線が上に行くので、トップスを出していることが目立ちません。

フェミニンなパンプスや華奢なサンダルとも相性がよく、簡単にモテコーデが完成します。

また、ひらひらとした素材のシャツと、ウエスト・ヒップに添うデザインのシャツを重ね着しているかのように見えるデザインもあります。

着やせ効果もばっちりなのでおすすめです。

トップスインした上から羽織る!ロングシャツが使える

体形をカバーしつつトップスインしてみたい方には「重ね着する」という方法もあります。

トップスインしても、その上からロングシャツやロングカーディガンを羽織れば体型カバーになります。

透け感のあるフワッとしたロングシャツの前を開けてさらりと羽織る着こなしなら、トップスをスキニーにインするコーディネートも気軽に挑戦できます。

ロングシャツは、ボタンを留めてベルトでウエストマークして着ることもできますし、コートの下にボタンを留めずに着て、重ね着を楽しむこともできるオールマイティなアイテムです。

厚手のロングカーディガンは暑い時には脱がなければなりませんが、薄手のものやロングシャツならそれほど温度に左右されることもないため、トップスインが苦手な方はぜひ取り入れてみてください。

ただし、ロングシャツやロングカーディガンを着こなすのが難しい方もいます。

例えば身長の低い方や肩幅が広い方などは、全体のバランスを取るのが難しく感じるかもしれません。

特に肩幅が広い方は、全体的なシルエットが大きくなってしまいますので、試着してから購入したほうがいいでしょう。

トップスインが苦手で前だけイン!?トレンドのうつり変わりは早い

トップスインするのが苦手で、トップスの前だけをインして着ていた方もいると思います。

少し前まで「トップス前だけイン」コーデがトレンドだったこともあり、街中でもチラホラ見かけることがありました。

しかし、トップスの一部分だけをインする方は、少なくなってきています。

なぜ前だけをインする着こなしが少なくなってきたのでしょうか。

その理由は、ハイウエストパンツが流行していることが関係していると言えます。

ハイウエストパンツの足長効果はトップスインしてこそ生まれるものです。

そのためか、「トップス前だけイン」をしなくなってきたという可能性があります。

トレンドを意識するのなら、トップスはインするか、全部出すか、どちらかにしたほうがいいでしょう。

しかし、こうしてご説明している間にもトレンドは変わっていき、斬新な着こなしが広まりはじめるかもしれません。

トップスをあえて出す「トップスアウト派」も増えてきているので、最後にその着こなし術をご紹介します。

トップスインが苦手でも大丈夫!トップスアウトの着こなし

基本的に、丈感を間違えさえしなければ、ボトムスをスキニーなどの体に添うものかつトップスがAラインであれば、バランスよく着こなすことができます。

Aラインのトップスには着やせ効果がありますし、女性らしく見せてくれます。

ボトムスで引き締めることができれば、トップスインが苦手でトップスを出していても、そこまで違和感ある着こなしにはなりません。

少しコンサバで、男性からの好感度も高い着こなし方だと言えるでしょう。

しかし、前述したように「トップスアウト派」が増えていて、ダボッとしたワイドパンツとのコーディネートでもトップスインしない着こなし方が、逆におしゃれだと言われています。

トップスもボトムスもAラインにすれば、モードに着こなすこともできますし、気取らないコーディネートもできます。

少数派だった着こなしが多数派になることもありますから、トップスアウト派の方のコーディネートも参考になります。

SNSで好きなモデルや女優のコーディネートをチェックして、「自分に似合うかもしれない」と思ったら、どんどんチャレンジしてみましょう。

自分に合ったトレンドを取り入れよう

全ての流行についていこうとすると疲れますし、難しいものです。

おしゃれは楽しく、自分らしくするのも大切ですよね。

トップスインが気になっているなら、まずはロングシャツとの重ね着を試してみてください。

ほかにも、あえてトップスを出して全体的にダボッとした着こなしも、かっこよく見えることがあります。

自分の体型や好みに合わない服を無理して着たりせずに、おしゃれを思い切り楽しんでください。