スカート?ワンピース?どっちを買おうか迷った時には!

女性は、いくつになっても女性らしさを心がけていたいものです。そのため、自身の体型、服装、お化粧などに気を遣っている方は多く、少しでも美しくありたいと日々自分磨きを欠かさないという方も多いでしょう。そこで、この記事では女性らしさの代名詞であるスカートに着目します。スカートの種類にはワンピースもありますが、買うときに迷うことはありませんか?スカートとワンピースのどっちが自分に似合うのか、その場にふさわしいのか、場面別に見ていきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

スカートの様々な種類!大人な印象なら丈感はロングが一番!

フレアー、ギャザー、タイト、ペンシル、これらは全てスカートの種類になります。一口にスカートと...

トップスに赤色を合わせたレディースコーデは存在感が抜群!

赤トップスをレディースコーデに取り入れると、非常にインパクトがあり抜群の存在感を表現してくれます...

ジャケットが肝心!ここぞという時のキッズフォーマルウェア

入学式や卒業式、習い事の発表会や結婚式のお呼ばれ、七五三など、子供でもフォーマルな服装が求められ...

コートにかける値段は?お金を無駄にできない40代の選択

皆さんは、コートを何着くらい持ち、そしてコートにどれくらいの値段をかけますか。また、季節や用...

パーカーはペアルックで冬を楽しむのにぴったりなアウター!

「ペアルックに挑戦したい!」そう考えている人も多いことでしょう。ペアルックは...

ストールはレディースの春コーデに不可欠!活用法をご紹介!

ストールは、レディースコーデのワンポイントとして欠かせないアイテムのひとつですね。特...

Tシャツにオリジナルプリントをして大切な方へプレゼント!

目次 1 オリジナルプリントTシャツをプレゼントしよう!2 Tシャツデザインを考える際のポイント3 ...

大人可愛いサロペットの着こなし!冬のマタニティを楽しもう

お腹が大きくなるマタニティライフは、おしゃれも楽しみたいですよね。マタニティウエアは...

セーターの生地や編み方にはどんな種類がある?基礎を知ろう

セーターと一口にいっても、その生地や編み方には種類があります。こちらでは、セーターの種類や名...

レディースコートの色は紺で決まり!マフラーはどうしよう?

秋冬のお洒落はコートが主役だという方も多いことでしょう。そんなお洒落女性の皆様、コートの色は...

デニムはレディースカジュアルに欠かせない人気アイテム!

普段使いのカジュアルコーデの場合に、非常に役に立ってくれるのがデニムです。勿論レディースのカ...

ジャケットの大きめな着こなしが旬なレディースコーデに!

最近レディースコーデにおいてトレンドとなっているのが、大きめジャケットの着こなしです。実はこ...

【ニットのコーデ特集】ノースリーブニットで初秋コーデ!

8月が終わり9月に入ると、季節も夏から秋に変わりますね。とはいえ、9月に入っても天候...

コート選びは肩幅が大切!レディース向けコート選びのコツ!

真夏の暑い盛りを除き、一年を通してレディースコートは大活躍のアイテムですね。自分により似合う...

長年愛用できるコートが欲しい!人気ブランドのおすすめ商品

寒い季節のマストアイテムであるコート。毎シーズン各ブランドからおしゃれなコートが展開されるの...

スポンサーリンク

スカートの魅力とは

スカートの魅力といえば、一番には「女性らしさ」が挙げられるでしょう。

また、スカートにも、さまざまなデザインがありますが、丈によってもだいぶ印象が変わります。

ミニスカートなら、活動的、色っぽい、若々しいといったような印象を抱かれるでしょう。

タイトスカートであれば、ビジネススタイルの雰囲気もあり、しっかりとした印象を与えます。

フレアスカートならふわっとしたイメージで、優雅な雰囲気になるでしょう。

また、ロングスカートの場合は、エレガントさやリラックス感を印象づけます。

このように、スカートもデザインによって、相手に与える印象はさまざまです。

そして、パンツのようにヒップラインが協調されないため、体型を隠せるというのも魅力の一つです。

体型を気にしている方は、あえてスカートを選ぶという方法もアリですよね。

では、ワンピースはどうでしょうか。

スカートとワンピースはどっちも女性らしいアイテムですが、違いは何であるのか次の章で見ていきましょう。

ワンピースの魅力とは

ワンピースとは、身頃とスカートがつながったタイプの服ですが、トップスを選ぶ必要がないため、女性の強い味方でもあります。

スカートに合わせて、トップスを決める手間が省けるのは楽ですよね。

そして、デザインもスカートと同様にさまざまなタイプがあります。

また、ワンピースはフォーマルな場面でも活用されることが多いため、一着は持っておきたいアイテムです。

しかし、「モテ服」とも呼ばれるワンピースなだけあって、普段使いにしては、少し人目をひく華やかさもあることで、着ることに躊躇してしまう方もいるかもしれません。

とはいえ、素材を選べばカジュアルに見せるワンピースもあるため、コーディネートが苦手な方にはとても便利なアイテムでもあります。

では、次章から、場面別にスカートとワンピースはどっちが適しているか見ていきましょう。

女子会でウケるのはスカート?女子にはどっちが好感触?

おしゃれに敏感な女子の集まりには、とびきり目立ち過ぎたり嫌みになるような格好は禁物です。

その加減が難しい女子会でのコーディネートは、スカートとワンピースはどっちがおすすめでしょうか。

女子会では、極力肌の露出が多いものは避けた方がいいという理由から、スカートならば、シンプルなタイトスカートがおすすめです。

トップスもモノトーンカラーで統一した控え目なものを合わせることで、大人の上品な落ち着いた印象を与え、女性からの好感度が高いでしょう。

ワンピースは、どうしても甘い印象を与えてしまうため、もし選ぶのであれば、カジュアルでシンプルなものがおすすめです。

女子ウケをねらう際のポイントは、控え目さや年相応の雰囲気に気を付けることです。

あまり派手すぎたり目立ち過ぎないように注意しましょう。

これらのことから、どちらかといえばスカートが適しているといえるかもしれません。

デートでウケるのはワンピース?男性にはどっちが人気?

男性の目から見て、スカートとワンピースはどっちが人気があるのか知りたいですよね。

そこで、さまざまな口コミサイトなどを見てみると、男性はワンピースを着た女性が好きという情報があります。

しなやかな体のラインが分かり、ふわっとした印象を与えるワンピースに女性らしさを感じるようです。

また、普段ワンピースを着ない女子が着ると、そのギャップに男性は萌えるようです。

女性にしてみたら、一枚でデートコーデが完成するのはお手軽ですよね。

では、どのようなワンピースが人気なのでしょうか。

デートで着るワンピースでおすすめなのは、ふわっとしたロング丈のワンピースです。

着痩せ効果のある縦ラインが入ったワンピースや、可愛い印象を与えるドット柄など柄物のワンピース、そしてシンプルな無地のものまで、コットン素材のさらりとしたものは、男性だけでなく同性にもウケがいいです。

ばったりデートの途中で友人とすれ違っても、好印象な雰囲気をもたれるでしょう。

逆におすすめしないのが、ミニ丈のワンピースです。

あまりに丈が短いと、デートの最中、移動するときなどに足元に気をとられて、会話に集中できないかもしれません。

相手にも気を遣わせないよう、デートには動きやすさも考えたワンピースをセレクトしてみてください。

フォーマルな場ではどっちでも大丈夫?

それでは、フォーマルな会場に足を運ぶ際には、スカートとワンピースはどっちが適しているでしょうか。

結婚式や子供の学校行事など、かしこまった式に出席する時の服装は気を遣いますよね。

ジャケットを羽織ったりして、きちんとした印象を見せることが前提ですが、そのジャケットの中はスカートでもワンピースでも問題ないでしょう。

ただ、重要なのは素材と丈の長さです。

スカート・ワンピースのどっちにしても、フォーマルな場には、コットンなどのさらっとした素材のものは適していません。

その会場の雰囲気に合わせることが第一ですが、かしこまった席であればウールやカシミア素材のしっかりとしたスーツ、結婚式の二次会などでは、サテンやシルキー素材のような、少々光沢感のあるものが好ましいです。

また、スカート丈の長さは膝丈位のもの、ドレスワンピースであればロング丈を選びましょう。

そして露出は控えた方が、上品でエレガントな雰囲気を醸し出すことができます。

フォーマルな格好の時には、ストッキングを着用することもマナーになりますので、覚えておきましょう。

スカートやワンピースが苦手な人への克服法

ここまで、スカートとワンピースの魅力を探ってきましたが、どうしてもスカートやワンピースは苦手という方もいるでしょう。

そういった方に、スカートやワンピースをどっちでも抵抗なく着用するための克服法をご紹介します。

おそらく、スカートやワンピースが苦手という方は、足を見せることに抵抗がある方が多いのでないでしょうか。

そこで、スカートやワンピースに合わせてレギンスを履くという方法があります。

ちなみに、レギンスはスパッツと何が違うのかというと、明確な区別はありません。

また、レギンスは脚のラインを美しく見せてくれる効果があるので、足のラインにコンプレックスがある方でも抵抗なく履くことができるでしょう。

ロングスカートでも、下にレギンスを履く人も増えているように、レギンスを履くことで全体的に締まって見える効果もあります。

そして、ストッキングやタイツよりも厚手になっているため、安心感もあります。

スカートやワンピースが苦手な方は、ぜひ取り入れてみてください。

TPOに合わせで女性らしさの演出を楽しもう

女性にとって、スカートやワンピースは、おしゃれを楽しむためにとても心強いアイテムであることがわかりました。

TPOに合わせて素材や丈の長さなどに拘ることも、大人の女性の品格を保つポイントです。

女子会や、愛する人とのデートで、さらなる素敵な自分を見せるためにも、スカートやワンピースを活用して日々を充実させてください。