メンズ向けアウターにはコートとダウンのどっちがおすすめ?

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

シャツは爽やかな水色でコーデをお洒落に楽しもう!

シャツはファッションになくてはならないアイテムの一つです。シャツにはさまざまな色がありますが...

今ストールに注目!チェック柄に赤カラー、これがテッパン!

今お洒落アイテムとしてストールが注目されています。防寒機能はもちろんですが、やはりファッショ...

パーカーコーデが映える秋!レディースコーデに上手に活用!

重ね着のスタイルが少しずつ増えてくる秋の季節には、コーデも様変わりします。そんな秋の季節に活...

パーカーは大きめを選ぼう!パーカー女子におすすめコーデ!

パーカーを愛用している女子を「パーカー女子」と呼びますが、近年ではパーカーを上手に着こなしている...

大人なTシャツコーデを楽しもう!レディース人気ブランド6選

ほとんどの方が1枚は持っているであろうTシャツ。さまざまなボトムスとあわせやすいので、大人女...

セーターのコーデが楽しめる冬の到来!お洒落に着こなそう!

寒い冬ですが、お洒落を味わい深く楽しめる季節でもあります。そのような冬コーデでもセーターを楽...

ポンチョはメンズも着ていい?おすすめアウトドアブランド!

みなさんは、普段どのようなレイングッズを使っていますか?傘やカッパなど、定番のものがいくつか...

ジレがあればレディースコーデで手抜き!勿論難しい秋もOK!

秋のレディースコーデは頭を悩ませますよね。昼間暖かいと思っていたら夕方以降急に寒くなったり。...

ダウンを高級ブランドで選ぶ!ポイントと人気商品もご紹介

晩秋から冬の終わりまで、軽くて抜群の暖かさで外せないアウターであるダウンコート。カジ...

スカートの丈によって細く見える?細見えのスカート丈とは?

女性の皆さんはスカートを履いていますか?最近では形がおしゃれで細く見えるパンツが多い...

これで解決!スカートに合うコートの長さをマスターしよう!

女性らしさを演出できるスカートは、冬でもタイツやレギンスに合わせておしゃれに着こなす方が多いです...

長年愛用できるコートが欲しい!人気ブランドのおすすめ商品

寒い季節のマストアイテムであるコート。毎シーズン各ブランドからおしゃれなコートが展開されるの...

ジーンズの股下がすぐに破れてしまうのは何とかできるのか?

ベストジーニスト賞とまではいかなくても、お洒落にジーンズを履きこなしていたいですよね。「...

コートできれいめ狙い!メンズならチェスターコートが定番!

男性女性問わずに、秋冬のお洒落シーズンに欠かせないアイテムにコートがあります。特にメンズの場...

コートのベルトをなくした!アイデア次第でプラスに変わる!

コートを着て出掛けようとしたのにベルトをなくしてしまっていて、がっかりすることがあるかと思います...

スポンサーリンク

冬のアウターとしてはコートとダウンのどっちも有用

冬は寒い日が多く、通勤や通学、屋外作業時などにはアウターが欠かせません。

冬用のアウターに求められる主な要素は、次の3つです。

・保温性能
・防風性能
・ファッション性

気温の低い日が続く冬の外出時には、体温の低下を防ぐ必要があります。

保温性能の低いアウターでは、風邪をひいてしまう可能性があるからです。

防風性能が高く、ファッショナブルなアウターだとしても、保温性能が優れていなければあまり役には立ちません。

インナーを重ね着すればある程度は温かくなりますが、そうするとファッション度が下がってしまうかもしれません。

冬のアウターに1番求められるのは、保温性能だと言えるでしょう。

では防風性能とファッション性では、どっちが大事なのでしょうか。

この2つに関しては、防風性能を優先して考えましょう。

というのは、冬の風は冷たく、体温を急激に奪うことがあるからです。

もちろんファッション性も大事な要素ですが、身体を正常に保つことの方が優先順位は高くなります。

満足のいく保温性能と防風性能を考慮したうえで、ファッションに目を向けましょう。

この3点を全て満たすアウターは、数多くあります。

それらの中で特に人気で有用なのが、コートとダウンです。

冬用コートの種類

冬用のコートとして挙げられる主なものは、次の6つです。

・トレンチコート
・ステンカラーコート
・モッズコート
・チェスターコート
・ダッフルコート
・Pコート

このうち、トレンチコートとモッズコート、ダッフルコートとPコートの4つには、ある共通した部分があります。

それは、もともと軍用の外套だった、という点です。

トレンチコートは、塹壕(トレンチ)用の軍服でしたし、ダッフルコートとPコートはイギリス海軍に採用された軍服でした。

モッズコートは、米軍の野戦用パーカーであるM-51が本来の形です。

軍用の外套なので、保温機能や防風機能は申し分ありません。

ファッションの面では、ロング丈のコートにはエレガントなイメージがあります。

ショート丈のものが多いPコートは、可愛らしいシルエットをしているので、年齢や性別を問わず人気です。

ステンカラーコートとチェスターコートは、どっちも首まわりが少し寒いので、インナーにはタートルネックセーターやパーカーなどがおすすめです。

このようにコートの選択肢は多いのですが、ダウンの場合はどうなのでしょうか。

ダウンを選ぶ基準を知っておこう

ダウンは、コートのように種類が豊富だというわけではありません。

ダウンを大きく分けると、ダウンジャケットとダウンベストの2つです。

ダウンジャケットでは暑すぎる、動きやすい方がよいという場合、ダウンベストを選びましょう。

ダウンの特徴は、軽さと暖かさにあります。

この両方を可能にしているのが、内部に詰められた羽毛の働きです。

つまりダウンの価値の大きな部分は、羽毛にあると言っても過言ではありません。

そのため、ダウンに内包されているダウンのグレードを示す、数値が大切です。

羽毛のグレードを表す数値の1つに、フィルパワー(FP)というものがあります。

FPとは羽毛のかさ高を示す数値で、1オンスの羽毛の膨らみ具合を表しています。

このFPの数値が表示された、タグを見たことのある方も多いことでしょう。

400とか600などと表示されている場合、どっちが高品質なのでしょうか?

FPの数値は、大きい方が品質のよい羽毛であることを示しています。

一般的には、500FP以下が低品質で、700FP以上が高品質だとされています。

ダウンを選ぶ際には、このFPに注目することが大事ですが、コートと同じようにデザインも大切なので、両方のバランスを考慮して選びましょう。

ビジネスシーンに向いているのはどっち?

通勤や営業などの冬のビジネスシーンにもアウターは必需品です。

仕事で着るものなので、カジュアルなものは避けた方がよいでしょう。

ではコートとダウン、どっちがビジネスシーンに向いたアウターなのでしょうか?

これに関しては、職種や職場環境によって異なります。

スーツの着用が義務付けられているような職場では、フォーマルな雰囲気が漂うコートを選ぶのが無難です。

自由な気風のある会社などでは、ダウンでも構わないということもあるかもしれません。

とはいえ一般的には、ビジネスシーンにはコートの方が向いていると言えるでしょう。

ただし、コートなら何でもよいというわけではないので注意が必要です。

トレンチコートやチェスターコートなら大丈夫ですが、モッズコートの中にはカジュアル寄りのものがあります。

また、可愛い柄が入ったダッフルコートやPコートなどは、避けた方がよいかもしれません。

ビジネス用のコートのカラーでおすすめなのが、黒やアイビー、ベージュです。

これらはオーソドックスなカラーなので、どんなシーンでもあまり浮きません。

コーデしやすい色でもあるので、迷ったらこの3つのカラーから選びましょう。

アウトドアにはどっちが合っている?

ビジネスシーンで使うアウターとしては、コートの方がおすすめですが、屋外でのレジャーなどといったアウトドアではまた違ってきます。

ダウンは軽くて暖かいアウターなので、動きを伴うアウトドアでのレジャーにとても向いています。

撥水性にすぐれた素材を使用しているものならば、雪の日でもアウトドアを楽しめるでしょう。

一方のコートですが、屋外での活動に適したモッズコートなどは、アウトドアでも十分に使えます。

つまりアウトドアに関しては、コートによってはどっちでもOKだということになるのです。

モッズコートは野戦用パーカーなので、アウトドアで真価を発揮するアウターです。

ただし本格的な冬山登山などでは、ダウンの保温性能の高さがものを言います。

登山やハイキングに使用するのなら、ダウンかマウンテンパーカーがよいでしょう。

屋外でのスポーツ観戦などのように、そんなに動かなくてもよい場合には、ダッフルコートが重宝します。

ダッフルコートにはフードが付いているので、雪の日でも大丈夫です。

冬の屋外はとても寒いので、防寒性能に特化したアウターの中から、シーンや好みによってダウンかコートを選びましょう。

どちらか迷って決められない場合には、ダウンを選ぶことをおすすめします。

ダウンコートという選択肢もあり

ここまでダウンとコート、どっちがアウターとしておすすめかを見てきました。

ダウンはとても軽くて暖かいですし、コートは見た目が上品でエレガントです。

実はこの両方のよいところを併せ持った、理想的なアウターがあるのです。

ダウンコートがそれで、特に高級ブランドのダウンコートは、どんなシーンにでも使えるので重宝します。

ダウンジャケットとダウンコートはどこが違うかというと、着丈の長さです。

腰丈くらいのものをダウンジャケットと呼び、膝から膝下くらいまである、ロング丈のものをダウンコートと呼ぶ例が多く見られます。

ただし、厳密に区分されているわけではありません。

また、特に着丈の長いダウンを、ベンチコートと呼ぶ場合もあります。

スポーツ選手が、冬によくベンチで着用していることから、そう呼ばれるようになりました。

ダウンコートは比較的薄手のものが多く、見た目がコートと同じくらいエレガントです。

ダウンなので保温性能は折り紙付きですし、丈が長いので膝下まで暖かい優れものです。

寒い冬の季節には、ダウンとコートのよい点を併せ持った、ダウンコートに注目してみましょう。

ダウンとコートを使い分けしよう

冬のメンズ向けアウターの中から、今回はコートとダウンをピックアップし、どっちがよりおすすめかをご紹介してきました。

コートとダウンはどちらも人気の高いアウターなので、取り扱っているブランドや店舗が多いという特徴があります。

両方とも、選択肢がとても豊富なアウターです。

ビジネスやアウトドアなど、TPOに合わせてコートかダウンを選び、使い分けるとよいでしょう。