ジャケットを着こなそう!冬のビジネス用を着こなすコツは?

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

スーツに合うメンズコート!失敗しないサイズの選び方とは?

寒い季節には、コートの着用は欠かせません。コートは一度購入すると、何年か着ることにな...

ニット帽をコーデに取り入れる!春のコーデにどう合わせる?

ニット帽は、季節を問わず使うことができるファッションアイテムのひとつです。ニット帽を上手に取...

ライダースジャケットはどのブランドが良い?おすすめを厳選

秋冬のアウターに活躍するアウターの1つに、ライダースジャケットが挙げられます。シンプルなコー...

ニットにも種類がある!自然繊維の生地は取扱いに注意しよう

特に寒い冬では、ニットは欠かせない存在ともいえるでしょう。そんなニットの生地には種類があり、...

アメカジ定番アウター「ミリタリジャケット」その種類を紹介

アメカジファッションの定番アウターの1つに、ミリタリージャケットが挙げられます。無骨な雰囲気...

スウェットの部屋着でレディースにおすすめのブランドは?

スウェットというと部屋着というイメージがありますね。スウェットの部屋着はもちろんですが、レデ...

1枚で決まるコート!ノーカラーのファーコートがおすすめ!

この冬、コートを新調しようと計画しているけれど、何を買おうか悩んでいる人は多いでしょう。そん...

プレゼントにワンピースを!人気レディースブランドをご紹介

誕生日や記念日を覚えておくだけでなく、その日の記念になるようなものを贈れたら、きっと女性の目から...

ジーンズ選びの際には股下の長さが重要!その測定方法とは?

ジーンズを購入する時に、たいていの場合には裾上げ作業が必要になります。それを行う前提でジーン...

ダウンの色に迷う人のために、失敗しない選び方を知る!

近年、様々な色のダウンが登場し、選ぶ側としては迷うこともあるでしょう。定番の色ももちろんあり...

トップスとボトムスを同じ色に合わせる!これはあり?なし?

毎日の服装コーディネート、お洒落女子には非常に頭を悩ませる問題になります。中でも最も悩むのが...

お洒落なコートが多いポリエステル素材は毛玉ができやすい?

冬はコートなどのアウターを毎日着て出かけるため、ファッションのパターンが決まりがちです。しか...

スカートが似合わないのは体型のせい?スカート選びのコツ!

スカートにはさまざまな丈、形、色などがありますが、似合うスカートばかりではなく、何だかしっく...

山ガールに人気!ダウンスカートはアウトドアにもおすすめ

山ガールという言葉は、昨今ではもはや定着しつつあるのではないでしょうか。登山ブームとともに、...

ジーンズとヒールの合わせ方!ださいと言われないポイント

カジュアルの中にも女性らしさや大人っぽさがあるコーディネートは、幅広い世代から人気のあるコーディ...

スポンサーリンク

冬のビジネスシーンにはメンズジャケットがおすすめ

冬は寒い季節なので、上に羽織るアウターは必需品です。

ビジネスシーンでも同様で、スーツだけでは寒い場合は、もう1枚アウターが必要です。

メンズ向けの代表的な冬用アウターとしては、次の5つが挙げられます。

・コート
・ジャケット
・ジャンパー
・パーカー
・セーター

このうち、一般的にビジネスで使われているものは、コートとジャケットです。

パーカーやセーターは、カジュアル過ぎてビジネスには向いていませんし、ジャンパーも使える範囲は限られます。

コートは愛用者の多いアウターですが、室内では脱ぐ必要があります。

その点ジャケットは、そのままビジネスで使用できることもあるので便利です。

特に、テーラードジャケットやツイードジャケットが、ビジネスではおすすめです。

ジャケットにはこの他にも、ダウンジャケットやミリタリージャケット、コーチジャケットなどがあります。

これらのジャケットをビジネスで着こなすには、それぞれ違ったコツというものがあり、知っておくことはとても大事です。

そこで次のコーナーからは、各ジャケットのコツについて個別に見ていきましょう。

テーラードジャケットは冬のビジネスシーンにぴったり!

テーラードジャケットは、シルエットがスーツに似ているジャケットです。

そのため、ビジネスシーンで愛用している人も増えています。

ただし、着方によってはビジネスでは避けた方がよいものもあるので、着用の際には注意が必要です。

ジャケットは素材を選べば、オールシーズン着ることができます。

冬のビジネスシーンなら、厚めの生地がよいでしょう。

とはいえ、カジュアル寄りに見える生地は避けるのが賢明です。

また、サイズにもこだわる必要があります。

ビジネスではきちっと感が大事なので、ジャストサイズにしましょう。

丈が長すぎるジャケットは野暮ったく見えますし、短すぎるものは窮屈です。

テーラードジャケットに合わせるボトムスは、きれいめのものが無難です。

色はオーソドックスな黒かグレーで、ジャケットとは少し色合いを変えるとおしゃれに見えます。

柄物は避け、シルエットも普通のものを選びましょう。

靴とベルトは革製のものとし、シャツは白が基本です。

ブルーのシャツも似合いますが、黒っぽいものよりはライトブルーの方が落ち着いて見えます。

冬のビジネスシーンでダウンジャケットを着こなすコツ

ダウンジャケットは、冬の定番アウターの1つです。

防寒性に優れており、しかも軽いので疲れません。

男女ともに似合うので、人気が高く製造しているメーカーも大変多いです。

ビジネスシーンには、有名ブランドのダウンジャケットがおすすめです。

なぜならブランドもののダウンジャケットは生地と羽毛にこだわっており、見た目がよく機能性も申し分がないからです。

ダウンジャケットはカジュアル寄りになりがちなので、ビジネスで使用する場合はきれいめでシックなものを選ぶようにしましょう。

そしてブランドもののダウンジャケットは、その要件も満たしているのです。

ダウンジャケットをビジネスシーンで着用する場合には、次の2つのコツを知っておくとよいでしょう。

・色は黒系にする
・サイズはジャストサイズでスマートなものを選ぶ

まず、ビジネスで使うならダウンジャケットの色は黒が無難です。

黒ならほとんどのスーツと合わせることができますし、大人っぽく見えます。

厚みのあるダウンジャケットはカジュアルっぽさが出るので、できるだけスリムで、ちょうどよいサイズのものがおすすめです。

スリムなものが見つからない場合は、細めのスラックスを合わせるとバランスが取れます。

ツイードジャケットは大人のイメージ

見た目からして高級そうで温かみを感じる素材、それがツイード生地の特徴です。

ツイードでできたジャケットを、ツイードジャケットといいます。

ツイードジャケットは大人のイメージがあり、質のよいものが多いのでビジネスにもぴったりです。

ツイードとは毛織物の1つで、スコットランドが発祥の地だとされています。

羊毛が素材なので生地は厚めとなり、防寒性能に定評があります。

また、しっかりとした織目が独特の風味をかもし出すので、ファッション性も十分です。

特に冬にマッチしたアウターなので、1着用意しておくことをおすすめします。

ツイードジャケットをビジネスで使用する場合、あまり派手なものは避けた方がよいでしょう。

ツイードは生地自体が目立つので、オーソドックスなテーラードタイプのジャケットがビジネスにはマッチします。

ツイード生地では、ハリスツイードが有名です。

ハリス生地は耐久性が高く、長く使えるのでビジネスでは特に重宝します。

ドネガル生地は原色が使われていることもあるので、選ぶ場合はその点注意が必要です。

ツイードジャケットはそれだけでも目立つので、ボトムスは無難なスラックスを合わせるとよいでしょう。

冬はミリタリージャケットをスーツの上に羽織ろう!

ミリタリージャケットは硬派なイメージがあり、ビジネスシーンには合わないと感じるかもしれません。

ところが現実には、ビジネスで使う人々が増えています。

ミリタリージャケットは大きいサイズのものが多く、冬にスーツの上から羽織るのに適しています。

とはいえ、全てのミリタリージャケットがビジネスシーンに向いているというわけではありません。

たとえばMA-1は、スーツの上に羽織るのに小さ過ぎますし、何よりカジュアル過ぎます。

スーツに合わせるなら、カーキ色や黒色、ネイビー色をしたM-51やM-65、N-3Bなどがおすすめです。

これらはどれもゆったりとしたシルエットをしており、スーツの上に着ても違和感がありません。

野戦用であったり、極寒地用であったりするので保温性も十分です。

デッキジャケットであるN-1は、シンプルなシルエットが魅力のミリタリージャケットです。

N-1は無骨というより、スマートな印象があります。

ビジネスシーンで使うなら、N-1が無難だとも言えるでしょう。

コーチジャケットをビジネスで着るのは難しい?

コーチジャケットは、手軽に着用できるアウターです。

冬だけではなく、秋や春にも使えます。

ナイロンでできており、風を通しません。

アメリカンフットボールのコーチがよく着ていたので、この名前で呼ばれるようになりました。

フロントのスナップボタンと、袖口や裾、襟に特徴があり、軽くてカジュアルユースにはもってこいのアウターです。

重ね着に活用しやすく、少し大きめサイズのものが主流となっています。

このようにコーチジャケットは、秋から春にかけてストリートでよく見かけるアウターですが、ビジネスシーンではどうなのでしょうか。

結論から言うと、ビジネスシーンではあまりおすすめできません。

というのは、コーチジャケットはカジュアル寄り過ぎるので、仕事場で使用するには向いていないからです。

また、光沢のある素材が多い点も、ビジネスでは避けた方がよいという要因の1つとなっています。

スーツでは動きにくい作業現場とか、服装にこだわらない職場なら、着用がOKとなる可能性があります。

その場合も色は黒やベージュで、シンプルなスタイルのものにした方がよいでしょう。

フリーランスで仕事をしているとしても、クライアントと会う時などはコーチジャケットではなく、テーラードジャケットなどにするのが無難です。

ビジネスシーンでジャケットを着こなそう

冬は気温が下がるので、スーツだけではどうしても寒く感じてしまうものです。

冬の時期によく着用する外套と言えば、コートを挙げる方も多いことでしょう。

ところが最近は、コートではなくジャケットを選ぶ人たちが増えています。

テーラードジャケットはスーツの代わりになりますし、厚めの生地なら通勤にも適しています。

ジャケットを上手に着こなし、ファッションの面でも通用するビジネスマンを目指しましょう。