ダウンジャケットのインナーは場面に合わせ選ぶのがおすすめ

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

コート丈によって印象が変わる?身長別コートの選び方

寒い冬、コートは毎日着るアイテムです。どうせ毎日着るなら「可愛い」「かっこいい」や「流行って...

ダウンに半袖が登場!Tシャツ感覚で使える着こなし方とは!

ダウンと言えば、当初は襟が大きく、全体的にもこもことするアイテムでした。しかし近年になってダ...

トップスとボトムスを同じ色に合わせる!これはあり?なし?

毎日の服装コーディネート、お洒落女子には非常に頭を悩ませる問題になります。中でも最も悩むのが...

デニムとパンプスの合わせ方!寒い冬でもできるコーデは?

デニムとパンプスの組み合わせが好きな方の中には、冬のコーディネートに悩んでいる方もいるのではない...

カシュクールワンピース(ロング丈)を着こなす方法とは?

ロング丈のカシュクールワンピースは、自分に合ったものを選べば一枚でサマになります。重ね着にも...

冬に大活躍のニット!人気ブランドのおすすめ商品をご紹介!

寒い季節には欠かせないアイテムともいえるニット。各ブランドからさまざまなデザインのニットが毎...

秋冬はコートだけじゃない!ストールを羽織るお洒落に注目!

秋冬は寒さが辛いですが、お洒落アイテムが充実してくるため、そういった意味ではとても楽しめる季節で...

パーカーは部屋着でも活躍!レディースのおすすめをご紹介

パーカーは、カジュアルファッションとして欠かせないアイテムですよね。このパーカーは、「部屋着...

悩む男性必見!シャツとネクタイの上手な色合わせパターン!

ネクタイとシャツの色合わせは一見簡単そうに思えますが、実は非常に奥深く、ここに頭を悩ませるメンズ...

ストールはレディースの春コーデに不可欠!活用法をご紹介!

ストールは、レディースコーデのワンポイントとして欠かせないアイテムのひとつですね。特...

ストールでコーデを華やかに!夏のストール活用法をご紹介!

ストールは、ファッションアイテムとしてお手元にお持ちの方がおそらく多いでしょう。スト...

レギンスをコーデに取り入れて損なし!50代のこなれコーデ

女性だからこそ楽しめる服といえば、ワンピースやスカート。しかし、年齢と共に微妙に体のラインが...

ニットの襟元はハイネックの重ね着で上品に生まれ変わる

カーディガンやVネック、クルーネックのニットの襟元から出た首筋。素肌をそのまま出すのも魅...

山ガールに人気!ダウンスカートはアウトドアにもおすすめ

山ガールという言葉は、昨今ではもはや定着しつつあるのではないでしょうか。登山ブームとともに、...

きれいめコンサバファッションで決めるメンズスタイル!

「コンサバ」と聞くと、レディースファッションのイメージが強いかもしれませんが、実は男性にもおすす...

スポンサーリンク

ダウンジャケットのインナーはこうして選ぼう

ダウンジャケットのインナーは、TPOに合わせて選ぶのがおすすめです。

というのは、ダウンジャケットは活用する場面の多いアウターなので、その場に合わせたインナー選びが大事になってくるからです。

冬とはいっても、寒い日だけではありません。

風がなく暖かい日には、ダウンジャケットでは暑く感じることもあるでしょう。

その場合、ダウンジャケットの前を開けて着るのがおすすめです。

特に寒い日にはセーターが合いますし、それほど寒くないのなら薄手のシャツでも十分です。

ダウンジャケットは男女ともに人気のあるアウターなので、ペアで着用するのにも向いています。

ペアで着るなら、どこか1点を合わせたさり気ないリンクコーデがよいでしょう。

なぜならペアルックをアピールし過ぎないので、周りを気にせずに着用できるからです。

また、軽いのでハイキングでも重宝するのがダウンジャケットです。

ハイキングをするときには汗をかくことが多いので、吸湿性に優れたインナーが役に立ちます。

このように、ダウンジャケットを着用する目的に合わせてインナーを選ぶのが、ダウンジャケットを着こなすためには大事です。

雪が降っているときにはパーカーがおすすめ

ダウンジャケットはとても暖かいアウターですが、雪が降ったり、風が強く吹いたりする日には、対処するためのアイテムが必要になります。

雪が降る日にはニット帽が役に立ちますし、風が強い日にはマフラーが便利です。

ところがこれらのアイテムは、室内に入る際には脱ぐことが多く、帰りに忘れてしまう危険性が生じます。

そこでおすすめなのが、インナーとしてパーカーを着用することです。

パーカーならフードをかぶれば、ある程度の雪や風を防げます。

室内ではフードを脱ぐだけでよいので、忘れることはありません。

暑くなったらマフラーやニット帽は手荷物となり、邪魔に感じることもあるでしょう。

そういった点でもパーカーは役立ちます。

パーカー自体の保温性能も高いので、ダウンジャケットの前を開けて着るときにもぴったりです。

よいダウンジャケットは高価なことが多く、そう何着も持てないかもしれません。

その点パーカーはそこまでしないので、デザインや色の違うものを複数所持することも可能です。

ダウンジャケットとパーカーの色のコーディネートを変えるだけで、印象を変化させることもできます。

お気に入りのパーカーを何枚か用意し、ローテーションして着こなしましょう。

ペアルックをするときのおすすめインナーとは

ペアルックとしてダウンジャケットを着用するのなら、インナーに違いを持たせるのがおすすめです。

ダウンジャケットは目立つアウターなので、インナーまで揃えるとペアルックが強調され過ぎる可能性があるからです。

特に男性は、完全なペアルックには気恥ずかしさを感じることが多いものです。

カフェで休む際など、周囲の目が気になる場合もあるでしょう。

ダウンジャケットがお揃いでも、インナーが違えばアウターを脱いだときにはペアルックではなくなります。

とはいえせっかくペアルックをするのなら、できるだけ揃えたいと思うのも確かです。

そういった場合には、リンクコーデを活用してみましょう。

リンクコーデとは、ファッションアイテムのある部分を2人で揃えるというコーディネートです。

たとえばインナーの生地を揃えて着用するのも、リンクコーデの1例です。

男性がニットのセーターで、女性がニットのカーディガンであるとか、男性がデニムをはいて、女性がデニム生地のシャツをインナーとして着用するとか、リンクコーデのやり方は無限にあります。

さり気ないリンクコーデは、おしゃれな2人というイメージを周囲に与えてくれることでしょう。

ハイキング向きのダウンジャケットとインナーは?

軽くて動きやすいダウンジャケットは、寒い時期のハイキングにもぴったりのアウターです。

とはいえ、全てのダウンジャケットがハイキングに向いているわけではありません。

タウンユースでは、丈が長めのダウンジャケットが人気です。

エレガントに見えるので、特に女性のユーザーが目立ちます。

ところが丈の長いダウンジャケットは、ハイキングにはあまり向いてはいないのです。

なぜなら長い丈が、脚の動きを邪魔する可能性があるからで、ハイキングにはショート丈のダウンジャケットが向いています。

また、ハイキングは腕を振ることが多く、あまりモコモコしたダウンジャケットは、やはり邪魔になるので避けるのが賢明です。

総合的に判断すると、ショート丈でモコモコし過ぎないダウンジャケットが、ハイキングには向いているということになります。

急な雨や雪にも対応できる、撥水性の高い生地ならさらによいでしょう。

ハイキングは長時間行う運動なので、インナーは熱のこもらないタイプがおすすめです。

スポーツ用品メーカーや下着メーカーでは、そのような商品を数多く販売しています。

ネット等でよく調べ、吸水性に優れるだけではなく、放熱しやすいインナーを選びましょう。

スリムタイプのダウンジャケットにはこのインナー

ダウンジャケットのメーカーやブランドは、世界中に存在しています。

その中でもフランスやイタリア、カナダなどのブランドは評価が高く、人気です。

そういった有名ブランドのダウンジャケットはスリムタイプのものが多く、すっきりとしたシルエットなので、きれいめのコーディネートにも向いています。

生地の光沢も上品で、機能性とともに優雅さをも兼ね備えているのです。

こうしたエレガントなダウンジャケットには、ニットやタートルネックセーターなどのインナーがおすすめです。

ニットのうえにロングコートタイプのダウンジャケットを羽織れば、シックで都会的なコーディネートの完成です。

また、黒いダウンジャケットに白いタートルネックセーターを合わせるのは、モノトーンを意識したアダルティなコーディネートとなります。

カウチンセーターには、スリムタイプのダウンベストがよいでしょう。

というのは、カウチンセーターはそれだけでも暖かいので、ベストタイプのダウンジャケットが丁度よいからです。

ダウンベストの前を開け、カウチンセーター特有の大きな柄を見せるのが上手な着こなし方です。

セーターと同系色のニット帽をかぶればおしゃれですし、寒さ対策にもなります。

インナーダウンという選択肢もおすすめ

ダウンジャケットは使い易いアウターですが、最近はインナーとして使える「インナーダウン」が注目されてきています。

インナーダウンとは、他のアウターの中に着るタイプのダウンジャケットです。

薄いものが多く、重ね着しても邪魔になりません。

インナーダウンとはいえ保温性能は十分なので、愛用者が増えているのが現状です。

インナーダウンには、次のような種類があります。

・ジャケットタイプ
・ベストタイプ

また、それぞれに次のような襟のタイプが存在します。

・襟なしタイプ
・襟ありタイプ
・Vネックタイプ

ジャケットタイプのインナーダウンは、冬は他のアウターの中に着て、春や秋はそのままアウターとしても使えるので便利です。

1着あれば長い期間活用できるため、抜群のコストパフォーマンスを誇ります。

肌寒い梅雨の季節などにも重宝することでしょう。

ベストタイプは袖がない分、中に着ても動きやすいのがメリットです。

特に伸縮性に乏しいアウターの場合、役に立つインナーです。

襟のタイプは好みで選ぶとよいでしょう。

襟がスタンドカラータイプのものは、首もとが暖かいのでおすすめです。

ただし、上に着るアウターによっては似合わないこともあるので注意が必要です。

状況に合ったインナーを選んでダウンを着こなそう

ダウンジャケットはとても暖かいアウターですが、その分インナーには気をつけなければなりません。

なぜならダウンジャケットは、温度調整が難しいアウターでもあるからです。

また、ファッションの面からもインナーは大切な要素です。

その日の天候や予定、外出先に合わせ、インナーを選ぶのがよいでしょう。

アウターとインナーのバランスを整え、ダウンジャケットを着こなしましょう。