デニムをリメイク!カットオフデニムにセルフでする方法とは

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ライダースを買うなら本革!おすすめの素材やブランドは?

近年注目度の高いアウターとして、ライダースジャケットがあげられます。ライダースと一口に言って...

アウター選びは色が決め手!レディースコーデのおすすめは?

秋冬のレディースコーデの主役「アウター」!アウター選びは何を基準にされていますか?アイテ...

コートは軽い素材なら疲れにくいかも!素材別の特徴を紹介

おしゃれでも重たいコートは、毎日のように長時間着ていると疲れてきてしまいますよね。軽いコート...

パーカーとネルシャツでラフに!レディースのおしゃれコーデ

パーカーは、カジュアルファッションの定番アイテムとして、レディースファッションでも人気ですよね。...

セーターをおしゃれに着こなしたい!大人女子におすすめは?

寒い時期になってくると、店頭におしゃれなセーターがたくさん並びます。いろいろな色や形があるの...

ジーンズだと夏は密着ぴちぴち!暑い季節のおすすめボトムス

じりじりと湿度の高い暑い日が続く夏。いくら暑くてもやっぱりおしゃれはしたいですよね。...

ニットに一工夫!日常を楽しくお洒落にするリボンの結び方

ニットは、ファッションの定番です。着用している人も多く、人気素材の一つと言えるでしょう。...

ジーンズのダメージを活かして、カッコよく補修しよう!

ダメージジーンズを履いて、カジュアルなファッションを楽しみたい方!履いているうちにダメージが...

コートの前合わせ、オシャレな女性でも右前はアリ!

オシャレなコートを見つけたけど、前合わせが右前になっている。これは男物なのだと思って諦めた方...

コートの着丈、決め方の目安は?身長別に似合う着丈をご紹介

コートには、ショート、ロングなどさまざまな着丈のものがあります。そして同じ着丈のコートでも、...

ストールを冬に巻く!巻き方を習得しておしゃれメンズに変身

ストールは女性だけでなく、メンズのおしゃれアイテムとしても定着しつつあります。マフラーなら厚...

ジーンズ、ブーツカットはもう古い?着こなし次第で新鮮に!

ジーンズは、一本も持っていないという方を探し出すのが困難なほどポピュラーなアイテムですね。...

ジャンパーのプリントの剥がし方!綺麗に剥がして素敵に変身

あなたが今お持ちのジャンパーですが、プリントの部分を剥がしたいと思ったことはありませんか?ジ...

一部で話題!スカート男子のファッションは、ありかなしか?

「スカート男子」なる言葉はご存知でしょうか?ファッションアイテムとしてスカートを合わせる男性...

ストールは春夏秋冬使える!おすすめの巻き方をご紹介!

秋冬の場合は防寒として、春夏では日焼け予防などのためにストールは使われることが多く、そのファ...

スポンサーリンク

セルフリメイクも可能な「カットオフデニム」とは?

長年はき続けていくと、デニムの裾がボロボロになっていくこともあるでしょう。

とはいえ、愛着のあるデニムであれば、なかなか捨てる決断はできないですよね。

そのようなときには、カットオフデニムにセルフリメイクしてみてはいかがでしょう。

ところでこのカットオフデニムとは、どのようなものなのでしょうか。

これは、裾がざっくりとカットされた切りっぱなしのようなデザインのデニムのことをいいます。

そのため、「切りっぱなしデニム」とも呼ばれています。

それまではストレートだったデニムも、カットオフデニムにすることで、少しヴィンテージ感のあるデザインになり、こなれた印象のコーデに仕上げることができます。

お好みでフリンジ加工やクラッシュ加工もあわせて行えば、よりおしゃれなデニムにリメイクすることも可能です。

そんなカットオフデニムにリメイクする方法を、次の項でご説明します。

セルフでリメイクする方法は簡単!

では、カットオフデニムにリメイクする方法をご説明していきます。

セルフリメイクの経験がない方ですと、「本当に自分でデニムをリメイクすることはできるの?」と思うかもしれません。

しかし、このカットオフデニムは、「①長さを測る」「②カットする」の2ステップを行えば簡単にできますので、未経験の方でもリメイク可能です。

ただし上手くリメイクするためには、それぞれのステップでポイントがありますのでご説明します。

「①長さを測る」

長さはくるぶしが出るくらいの長さがおすすめです。

足首を見せられる長さにすることで、身体全体が華奢に見える効果が期待できます。

一度デニムをはき、くるぶしが出るくらいの長さにあわせてデニムを折ったり、チャコペンなどで印を付けたりしておきましょう。

「②カットする」

①で付けた印に沿って、裁断用はさみでカットします。

このとき、印からずれないように丁寧に切るのではなく、思い切ってざっくりとカットすることが大切なポイントです。

はさみを大きく開き、はさみの根元から刃先まで一気にカットしましょう。

一気にカットするほうが、デニムをまっすぐにカットしやすいのでおすすめです。

カットが無事にできれば完成です。

リメイク経験がなくてもできそうですよね。

もし使い古してはく機会のないデニムがあれば、ぜひカットオフデニムのセルフリメイクにチャレンジしてみてください。

リメイクしたデニムをアレンジ!裾にフリンジを付けよう

カットするだけでリメイクできるカットオフデニムに、少しアレンジを加えてみるのもおすすめです。

ここでご紹介するのは、デニムの裾にフリンジを付ける方法です。

ボヘミアンテイストにもぴったりのデニムになりますので、お好みであればぜひ行ってみてください。

セルフでリメイクする方法はこちらです。

①リメイクしたカットオフデニムを用意します。

②カットした切り口から縦に3~5cmほどのところに印を付けます。

チャコペンなどを使って、デニムをぐるっと1周し印を付けましょう。

③印に向かって、5mm間隔で切り込みを入れていきます。

④切り込みを入れた部分の縦糸を、リッパ―などで引っ張りほぐします。

そうすることで、裾にボリュームのあるフリンジができあがります。

一気にこなれ感が増すので、シンプルな無地のTシャツとあわせても、おしゃれなコーデに仕上がります。

もし品のあるカットオフデニムスタイルにしたい場合は、フリンジは短く少ないほうがおすすめです。

クラッシュ加工もセルフでできる!やり方をご紹介

フリンジ加工だけでなく、クラッシュ加工もセルフでできます。

膝と太ももでやり方が少し違いますので、各リメイク方法をご紹介しましょう。

【クラッシュ加工(膝)】

①リメイクしたカットオフデニムをはきます。

②膝の位置を確認し、チャコペンなどを使って印を付けておきましょう。

③デニムを脱ぎ、デニムに付けた印をなぞるように、カッターで切り込みを入れていきます。

④カッターの刃のない部分を使って、切り口を削ります。

⑤切れた縦糸を取り除いたら完成です。

【クラッシュ加工(太もも)】

①クラッシュさせたい部分をチャコペンなどで印を付けておきます。

②印の箇所を、おろし金を使って削ります。

デニムの横方向にこすっていき、縦糸をとっていきましょう。

おろし金ではなく、やすりでもOKです。

お好みのクラッシュ加工ができたら完成です。

セルフリメイクしたカットオフデニムのおすすめコーデ

セルフリメイクしたカットオフデニムのおすすめコーデをご紹介していきましょう。

●タートルネック×カットオフデニム

ブラウンのクロップ丈のタートルネックニットに、ボーイフレンドタイプのカットオフデニムをあわせます。

トップスのフェミニンさと、ボーイフレンドのカジュアルさがあわさった、こなれ感のあるコーデです。

靴をブーティにすることで、足首がちらっと見え、華奢な印象にしてくれます。

●ボーダーT×カットオフデニム

ボーダーTにこちらもボーイフレンドタイプのカットオフデニムをあわせます。

そして、カットオフデニムの裾を幅広にロールアップしてみましょう。

スニーカーと靴下をあわせてカジュアルに決めても良いですし、パンプスとあわせるのもおすすめです。

足元に抜け感が出るので、きれいめカジュアルなコーデに仕上がります。

●白VネックT×カットオフデニム

シンプルな白のVネックTに、ガウチョパンツタイプのカットオフデニムをあわせたコーデも良いですね。

トップスはデニムにインすることで、スタイル良く見せることができます。

足元はフラットパンプスをあわせると大人な女性の雰囲気が出るので、おすすめです。

カットオフデニムスカートのコーデもご紹介

デニムスカートも、カットオフデニムにセルフリメイクすることが可能です。

やり方も先述したものとさほど変わらず、まずチャコペンなどでスカートの切りたい位置からぐるっと1周印を付けます。

付けた印に沿ってカットすれば、カットオフデニムスカートの完成です。

そんなカットオフデニムスカートのおすすめコーデもご紹介していきましょう。

●シースルートップス×カットオフデニムスカート×フラットパンプス

黒のシースルートップスに、カットオフデニムのタイトスカートをあわせてみましょう。

靴は赤のフラットパンプスをあわせると、女性らしさのあるコーデに仕上がります。

また、スカートの裾をフリンジ加工していれば、こなれ感のあるコーデにもなるのでおすすめです。

以上お話ししてきましたように、それまでのデニムとは違った印象のコーデに仕上がりますので、セルフリメイクしたカットオフデニムで、さまざまなコーデを楽しみましょう。

セルフでリメイクしたデニムでコーデを楽しもう!

愛着あるデニムもはき続けていくうちに、裾がボロボロになることもあるでしょう。

そのときは捨てるのではなく、自分でカットオフデニムにリメイクしてみてはいかがでしょう。

それまでのデニムとは違った印象のコーデにもなりますので、自分でリメイクしたデニムでファッションを楽しみましょう!