デニムをリメイク!カットオフデニムにセルフでする方法とは

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

スカートは人気のレディースアイテム!その歴史と変遷を紹介

レディースのファッションに欠かせないアイテムといえば、スカートではないでしょうか。スカートの...

コートの新しい着こなし方!トレンチでも真冬を乗り切れる!

「真冬にはダウンジャケットやダッフルコート、ピーコートなどの厚手のアウター!」と思われている方が...

人気のダウンジャケットでキッズもおしゃれコーデを楽しもう

おしゃれに敏感な方が多い現代、自分の子供におしゃれコーデをさせてSNSにアップすることも多くなっ...

ダウンで冬を暖かく!パタゴニアキッズのおすすめをご紹介

アメリカ発のアウトドアブランド、パタゴニアは世界的にその名を知られています。アウトドアブラン...

コートとパーカーの組み合わせ!ダサいと思われる理由は何?

アウターの代表のコートですが、目的ごとに取り替えられるほど多くは持てないことから、結局仕事用とオ...

簡単アレンジで魅力UP!ストールのパーティーに適した巻き方

長い間、パーティーの羽織物といえばボレロでした。しかし近年では、結婚式などのお呼ばれ...

ジーンズの選び方を意識して、理想のメンズスタイルに!

誰からも愛され、今や老若男女問わず幅広いシーンで人気アイテムとなっているジーンズ。しかし、そ...

デニムは日本製が人気!レディース向け国内ブランドをご紹介

デニムは毎日のコーデに欠かせない、超定番アイテムのひとつですね。もともと海外発祥のデニムです...

サロペットがアツい!着こなしに一工夫して秋こそお洒落に!

サロペットはオーバーオールのイメージからか、可愛らしさやユニセックス感が強いアイテムです。し...

デニム生地の特徴!それは染料のインディゴと生地の綾織!

気軽に穿けて、丈夫で便利なデニム地のジーンズ。しかし一方で、生地の表と裏で色が違っていたり、...

シャツには裾の形状が2種類ある!着方に合わせて長さを変更

手持ちのシャツでコーディネートを考えると、裾の長さが長すぎたり短すぎたりで収まりが悪いことがあり...

アウターの色がカッコよく決まる!メンズの着こなし技

メンズアウターは、華奢な男性に合わせるように、スリム化とオシャレ化が進んでいます。色も鮮やか...

アウターは黒がいい?紺がいい?どちらも効果的に使う方法!

衣類を購入する際、地味な色を選んでいませんか。特に男性の場合は、黒か紺のアウターが多くなりが...

ロングカーディガン(ベージュ)が夏のコーデに大活躍!

春や秋に活躍してくれるカーディガンは、実は夏にも大活躍します。近年では、夏でも冷える女性が増...

ボトムス一つで印象大違い!おすすめメンズおしゃれボトムス

ファッションではどうしてもトップスに目が行きがちですが、ボトムスを変えるだけで印象はがらりと変わ...

スポンサーリンク

セルフリメイクも可能な「カットオフデニム」とは?

長年はき続けていくと、デニムの裾がボロボロになっていくこともあるでしょう。

とはいえ、愛着のあるデニムであれば、なかなか捨てる決断はできないですよね。

そのようなときには、カットオフデニムにセルフリメイクしてみてはいかがでしょう。

ところでこのカットオフデニムとは、どのようなものなのでしょうか。

これは、裾がざっくりとカットされた切りっぱなしのようなデザインのデニムのことをいいます。

そのため、「切りっぱなしデニム」とも呼ばれています。

それまではストレートだったデニムも、カットオフデニムにすることで、少しヴィンテージ感のあるデザインになり、こなれた印象のコーデに仕上げることができます。

お好みでフリンジ加工やクラッシュ加工もあわせて行えば、よりおしゃれなデニムにリメイクすることも可能です。

そんなカットオフデニムにリメイクする方法を、次の項でご説明します。

セルフでリメイクする方法は簡単!

では、カットオフデニムにリメイクする方法をご説明していきます。

セルフリメイクの経験がない方ですと、「本当に自分でデニムをリメイクすることはできるの?」と思うかもしれません。

しかし、このカットオフデニムは、「①長さを測る」「②カットする」の2ステップを行えば簡単にできますので、未経験の方でもリメイク可能です。

ただし上手くリメイクするためには、それぞれのステップでポイントがありますのでご説明します。

「①長さを測る」

長さはくるぶしが出るくらいの長さがおすすめです。

足首を見せられる長さにすることで、身体全体が華奢に見える効果が期待できます。

一度デニムをはき、くるぶしが出るくらいの長さにあわせてデニムを折ったり、チャコペンなどで印を付けたりしておきましょう。

「②カットする」

①で付けた印に沿って、裁断用はさみでカットします。

このとき、印からずれないように丁寧に切るのではなく、思い切ってざっくりとカットすることが大切なポイントです。

はさみを大きく開き、はさみの根元から刃先まで一気にカットしましょう。

一気にカットするほうが、デニムをまっすぐにカットしやすいのでおすすめです。

カットが無事にできれば完成です。

リメイク経験がなくてもできそうですよね。

もし使い古してはく機会のないデニムがあれば、ぜひカットオフデニムのセルフリメイクにチャレンジしてみてください。

リメイクしたデニムをアレンジ!裾にフリンジを付けよう

カットするだけでリメイクできるカットオフデニムに、少しアレンジを加えてみるのもおすすめです。

ここでご紹介するのは、デニムの裾にフリンジを付ける方法です。

ボヘミアンテイストにもぴったりのデニムになりますので、お好みであればぜひ行ってみてください。

セルフでリメイクする方法はこちらです。

①リメイクしたカットオフデニムを用意します。

②カットした切り口から縦に3~5cmほどのところに印を付けます。

チャコペンなどを使って、デニムをぐるっと1周し印を付けましょう。

③印に向かって、5mm間隔で切り込みを入れていきます。

④切り込みを入れた部分の縦糸を、リッパ―などで引っ張りほぐします。

そうすることで、裾にボリュームのあるフリンジができあがります。

一気にこなれ感が増すので、シンプルな無地のTシャツとあわせても、おしゃれなコーデに仕上がります。

もし品のあるカットオフデニムスタイルにしたい場合は、フリンジは短く少ないほうがおすすめです。

クラッシュ加工もセルフでできる!やり方をご紹介

フリンジ加工だけでなく、クラッシュ加工もセルフでできます。

膝と太ももでやり方が少し違いますので、各リメイク方法をご紹介しましょう。

【クラッシュ加工(膝)】

①リメイクしたカットオフデニムをはきます。

②膝の位置を確認し、チャコペンなどを使って印を付けておきましょう。

③デニムを脱ぎ、デニムに付けた印をなぞるように、カッターで切り込みを入れていきます。

④カッターの刃のない部分を使って、切り口を削ります。

⑤切れた縦糸を取り除いたら完成です。

【クラッシュ加工(太もも)】

①クラッシュさせたい部分をチャコペンなどで印を付けておきます。

②印の箇所を、おろし金を使って削ります。

デニムの横方向にこすっていき、縦糸をとっていきましょう。

おろし金ではなく、やすりでもOKです。

お好みのクラッシュ加工ができたら完成です。

セルフリメイクしたカットオフデニムのおすすめコーデ

セルフリメイクしたカットオフデニムのおすすめコーデをご紹介していきましょう。

●タートルネック×カットオフデニム

ブラウンのクロップ丈のタートルネックニットに、ボーイフレンドタイプのカットオフデニムをあわせます。

トップスのフェミニンさと、ボーイフレンドのカジュアルさがあわさった、こなれ感のあるコーデです。

靴をブーティにすることで、足首がちらっと見え、華奢な印象にしてくれます。

●ボーダーT×カットオフデニム

ボーダーTにこちらもボーイフレンドタイプのカットオフデニムをあわせます。

そして、カットオフデニムの裾を幅広にロールアップしてみましょう。

スニーカーと靴下をあわせてカジュアルに決めても良いですし、パンプスとあわせるのもおすすめです。

足元に抜け感が出るので、きれいめカジュアルなコーデに仕上がります。

●白VネックT×カットオフデニム

シンプルな白のVネックTに、ガウチョパンツタイプのカットオフデニムをあわせたコーデも良いですね。

トップスはデニムにインすることで、スタイル良く見せることができます。

足元はフラットパンプスをあわせると大人な女性の雰囲気が出るので、おすすめです。

カットオフデニムスカートのコーデもご紹介

デニムスカートも、カットオフデニムにセルフリメイクすることが可能です。

やり方も先述したものとさほど変わらず、まずチャコペンなどでスカートの切りたい位置からぐるっと1周印を付けます。

付けた印に沿ってカットすれば、カットオフデニムスカートの完成です。

そんなカットオフデニムスカートのおすすめコーデもご紹介していきましょう。

●シースルートップス×カットオフデニムスカート×フラットパンプス

黒のシースルートップスに、カットオフデニムのタイトスカートをあわせてみましょう。

靴は赤のフラットパンプスをあわせると、女性らしさのあるコーデに仕上がります。

また、スカートの裾をフリンジ加工していれば、こなれ感のあるコーデにもなるのでおすすめです。

以上お話ししてきましたように、それまでのデニムとは違った印象のコーデに仕上がりますので、セルフリメイクしたカットオフデニムで、さまざまなコーデを楽しみましょう。

セルフでリメイクしたデニムでコーデを楽しもう!

愛着あるデニムもはき続けていくうちに、裾がボロボロになることもあるでしょう。

そのときは捨てるのではなく、自分でカットオフデニムにリメイクしてみてはいかがでしょう。

それまでのデニムとは違った印象のコーデにもなりますので、自分でリメイクしたデニムでファッションを楽しみましょう!