ジャケットとキャップを合わせるメンズファッションが人気!

ある調査によると、女性の4割がデートの時には、メンズにジャケットを着て貰いたいと答えています。

ジャケットを好むメンズも多く、メンズファッションにとってなくてはならないものがジャケットだと言えるでしょう。

また、おしゃれなメンズの間では、キャップをジャケットと組み合わせて楽しむ人たちが増えています。

では、ジャケットとキャップのコーディネートには、どのようなものがあるのでしょうか。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

コスパgoodなダウン!安い&おしゃれなダウンブランドご紹介

ダウンジャケットは、高級品で頻繁に買うことができないイメージがあります。 しかし、中には機能性...

シャツの選び方とは?オンオフ使い分けるメンズを目指そう!

シャツを選ぶときにメンズの皆さんは、どのようなことに重きをおいた選び方をしているでしょうか。 ...

シャツをおしゃれに着こなし!メンズはどう着こなせば良い?

メンズコーデの定番アイテムの1つにシャツが挙げられます。 そんなシャツでコーデしようとしたとき...

只今、シャツを重ね着するレディースコーデが注目なのです!

いつものシャツコーデにちょっと変化が欲しいと思ったら、レディースコーデで人気を集めている重ね着が...

コートを着こなすにはボトムス丈とのバランスがポイント!

秋冬ファッションの主役といえば「コート」ですよね。 そんなコートをおしゃれに着こなすに...

ダウンコーデのポイント!バッグはダウンの特徴に合うものを

冬の防寒やおしゃれに大活躍するダウンジャケットは、デザインによってモコモコとしたボリュームやすべ...

パーカーを腰巻きして作るメンズのカジュアルファッション

かつて、公園や山道で見かけた腰巻きスタイルを、ストリートでもみかけるようになってきました。 ...

デニム生地のオンスって何?着心地にも関わるオンスを解説!

デニムは、ジーンズに使われる生地としておなじみですね。 そんなデニム生地を表す際に使われるオン...

流行のスカートコーデはフレアスカートにミモレ丈で決まり!

今注目したいのが、ミモレ丈のフレアスカートです。 ふくらはぎあたりまで隠れるミモレ丈は、一番細...

スカートを穿いてデートにやって来てくれた女性の心理とは?

「女の子の気持ちが全然分かっていないのね!」 このような恐ろしい台詞を言われた経験はありません...

ライダースジャケットのお洒落な着こなしレディースコーデ!

少し前までは、オートバイマニアの方やパンク・ロックマニアの方に好まれていたのがライダースジャケッ...

スカートの丈によって細く見える?細見えのスカート丈とは?

女性の皆さんはスカートを履いていますか? 最近では形がおしゃれで細く見えるパンツが多い...

トップスインが似合わない!苦手な方へのコーディネート例!

昨今、街を見渡すとトップスインのコーディネートの女性を多く見かけます。 トップスインは...

ジーンズの色落ちにも種類が!ヒゲやハチノスについて知ろう

ジーンズの魅力のひとつには、穿き続けていくうちにできる「色落ち」も挙げられます。 その色落ちに...

アウターは何色を選ぶ?シーンに合ったアウターの選び方は?

温度変化の大きな季節に重宝するアウターですが、アウターを選ぶ際にどのような基準で選んでいますか?...

スポンサーリンク

メンズ向けジャケットは種類が豊富

メンズ向けジャケットは種類が豊富で、場面と好みに合わせて選ぶことができます。

何枚か違う種類のジャケットを持っておくと、いろいろとコーディネートの幅ができて便利です。

主なメンズ向けジャケットとしては、次のようなものが挙げられます。

・テーラードジャケット
・ダウンジャケット
・デニムジャケット
・ライダースジャケット
・ミリタリージャケット
・マウンテンジャケット

テーラードジャケットはジャケットの王道をいくもので、どのようなインナーにも合わせやすいという特徴があります。

ダウンジャケットは冬の定番アウターの1つで、特に寒い季節には欠かせません。

デニムジャケットはラフなイメージがあり、キャップにとてもマッチするアウターです。

ワイルドなメンズという印象を与えてくれるのがライダースジャケットで、気軽に着られるシングルタイプと、より男っぽいダブルタイプがあります。

MA-1に代表されるミリタリージャケットは、時代を問わずに愛されてきたジャケットです。

マウンテンジャケットは機能性が高く、防寒性と耐水性に優れています。

これら以外にも、サファリジャケットやニットジャケットなどもあるので、季節や流行りに合わせて選ぶとよいでしょう。

このキャップのかぶり方がメンズに人気!

ジャケットほどではありませんが、メンズ用キャップにもいくつかの種類があります。

まずキャップといって真っ先に挙げられるのが、ベースボールキャップです。

気軽にかぶることができますし、かぶり方もいろいろあるので楽しめます。

つばを少し前に出して深くかぶると精悍な男らしさを演出できますし、きっちりとした感じを与えられる、定番キャップの一つです。

逆につばを少し上げ、浅めにかぶる方法もあります。

浅めにかぶると、開放感と明るさを表現することができるのです。

また、つばを後ろに向けたかぶり方は、元気でやんちゃなイメージを醸し出します。

前髪を出すかどうかでも雰囲気は違ってきますし、ベースボールキャップの色や形、ワッペンなどでも個性を表現することができます。

このように、使い方次第で印象を変えられるベースボールキャップですが、ジャケットと合わせるならば、ニット帽を活用するというやり方もあります。

ワークキャップもまた、仕事のできる男というイメージを作るのに役立ちますし、コーディネートの幅を広げることもできます。

様々な組み合わせ方をマスターし、TPOに応じて使い分けましょう。

ミリタリージャケットとキャップの相性は最高

ミリタリージャケットの定番といえば、MA-1とM-65です。

MA-1は空軍のフライトジャケットですし、M-65は野戦用のジャケットです。

この他にも数多くのミリタリージャケットがありますが、どのミリタリージャケットもキャップとの相性が良く、コーディネートの入門編としておすすめとなっています。

MA-1はベースボールキャップとぴったりで、カジュアルさとスポーティさの両立が可能です。

M-65はワイルドで武骨なメンズのイメージがあるので、ワークキャップを深くかぶってみましょう。

さらに男ぶりが増すので、渋い雰囲気を演出するのに最適な組み合わせだと言えるのです。

また、M-65は軽く羽織ることもできるミリタリージャケットなので、ニット帽とのコーディネートにも向いています。

耳を半分出すかぶり方で、今どきのメンズらしさを表現することができます。

厚めの生地のニット帽ならば防寒性も十分なので、真冬のファッションアイテムとしてもおすすめです。

このようにミリタリージャケットは、様々なキャップとの組み合わせを楽しめるので、1着は手元に置いておきたいジャケットなのです。

まずはミリタリージャケットとキャップのコーディネートから始めて、他のジャケットに活用していくのがよいでしょう。

アクティブなメンズにはダウンジャケットが似合う

ダウンジャケットは冬用アウターの定番中の定番で、愛用している人も多く見られます。

防寒性能はもちろん、ファッションアイテムとしてもメンズの注目を集めているのです。

長めのタイプを好む女性は多いものですが、活発なイメージを演出するなら、少し着丈の短いダウンジャケットを選ぶことをおすすめします。

また、上半身のボリューム感が増すのがダウンジャケットの特徴なので、ボトムはスリムな方がバランスは良くなります。

フード付きのダウンジャケットならば、フードを使用せずにキャップやニット帽を着用すると、すっきりと見せることが可能です。

生地が薄めのタイプのダウンジャケットならばニット帽が、厚めのタイプならばベースボールキャップやワークキャップでバランスが取れます。

ダウンジャケットにはモコモコした印象があるので、頭部を軽く見せるのがコーディネートの基本です。

厳冬期には厚めのニット帽で、しっかりと防寒に努めることが大事です。

また、ベースボールキャップの上からフードをかぶれば、防寒対策としても十分です。

最近はカラフルなダウンジャケットが増えてきたので、キャップとの色の組み合わせを楽しむこともできます。

デニムとキャップのオーソドックスな組み合わせもよいもの

デニムジャケット、別名Gジャンは、外での作業にも気兼ねなく着用できますし、使えば使うほど風合いを増すので手放せないアウターの1つです。

ストレートジーンズとデニムジャケットに、ベースボールキャップとの組み合わせは、オーソドックスなコーディネートだということができます。

そのため、組み合わせのセンス次第で他のメンズに差をつけることが可能です。

脱色したデニムジャケットには黒いベースボールキャップが似合いますし、濃いインディゴブルーのデニムジャケットならば白やベージュ系のベースボールキャップがぴったりです。

インディゴブルーのデニムジャケットに同系色のベースボールキャップを合わせる場合は、インナーを白系統にするとよいでしょう。

インナーとキャップを同系色にすると統一感が出ますし、シューズとキャップを合わせるのも効果的です。

デニムジャケットにワークキャップの組み合わせは、仕事着になり過ぎないようにする必要があります。

その点ニット帽ならば、カジュアルでありながらファッション性も向上するのでおすすめです。

ニット帽から前髪を出し、少しワイルドにするとデニムジャケットと似合います。

ライダースジャケットとキャップで男を上げよう!

ワイルドで男っぽいアウターと言えば、ライダースジャケットを外すわけにはいきません。

別名革ジャンと呼ばれることもあるライダースジャケットは、骨のあるメンズを演出するのにぴったりです。

またライダースジャケットはキャップやニット帽、各種ハット等との相性が良いアウターでもあります。

いかついライダースジャケットにわざと軽めのベースボールキャップを合わせたり、つば広のハットを合わせたりといったコーディネートも有効です。

パーカーの上にライダースジャケットを羽織り、ニット帽をかぶるととてもカジュアルになりますし、生地の薄いライダースジャケットにハットを合わせると、落ち着いた雰囲気を醸し出すことができます。

ライダースジャケットの武骨な印象を逆手に取ってコーディネートすると、ファッションセンスのあるメンズだというイメージを与えることが可能になるのです。

もちろんやり過ぎるとチグハグになる危険性もありますが、そここそがファッションセンスの見せ場だと言えます。

ライダースジャケットはとても存在感のあるアウターなので、多少のミスマッチは逆に魅力となります。

いろいろな組み合わせを試して、ライダースジャケットを上手に着こなしましょう。

キャップとジャケットは組み合わせは自分次第

ジャケットとキャップのコーディネートは自分次第です。

特に決まったルールはありませんし、独自の組み合わせで他のメンズとの差別化を図ることができます。

キャップだけではなく、ハットやベレー帽、麦わら帽子など、選択肢は沢山あります。

何種類か手元に置いておき、組み合わせを試すのも楽しいものです。