お洒落なスカートは生地で決まる!夏を楽しく過ごしましょう

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

おしゃれデニムにリメイク!ダメージ加工をセルフで行うには

もしご自宅のクローゼットの中に、はかなくなったデニムがあるようなら、リメイクしてみませんか?...

ジーンズのオンスを知ろう!おすすめなのはどのくらい?

手持ちの衣類に、ジーンズをお持ちの方は多くいることでしょう。多くの人々に親しまれているジーン...

ダウンの中綿のフェザーの割合!どれくらいが良いの?

ダウンジャケットの購入のときに気になるのは、中綿に含まれるダウンとフェザーの割合。「フェザー...

シャツを着こなすために種類と名称をしっかりと覚えよう!

シャツの種類とその名称をいくつ知っていますか?シャツは代表的なインナーの1つなので、毎日のよ...

コート選びは肩幅が大切!レディース向けコート選びのコツ!

真夏の暑い盛りを除き、一年を通してレディースコートは大活躍のアイテムですね。自分により似合う...

コートの定番をおさえると、秋冬のメンズコーデも心配なし!

秋冬になるとコーデの主役となるのがコートですね。メンズコーデの場合には、このコートの定番をお...

ニットとスキニーに合う靴はスニーカー?それともパンプス?

秋冬コーディネートの定番のひとつには、「ニット×スキニー」が挙げられます。誰でも簡単...

レギンスでレディースコーデをおしゃれに!そのポイントとは

少し前に人気だったレギンスが、近年また人気となっています。楽に穿くことができるだけでなく、近...

ジャケットとパンツは色の組み合わせ次第でお洒落が決まる!

ジャケットとパンツを組み合わせるジャケパンスタイル。カジュアル感が強いですが、最近ではビジネ...

レギンスを格好良くはきこなしたい!海外のコーデに学ぼう!

レギンスは、はきやすく、どんなスタイルにも取り入れやすいファッションアイテムのひとつです。し...

レギンスは夏コーデの味方!夏におすすめの柄や素材をご紹介

暑い夏、少しでも涼しく過ごしたいものですね。冷房を使ったり冷たいものを飲食するなど、涼を取る...

人気のシャツブランドをご紹介!高級なものはここが違う!

ビジネスに限らず、休みの日でも、毎日のようにシャツを愛用している男性は多いと思います。何気な...

シャツとネクタイの組み合わせ方!おしゃれに着こなそう!

ビジネスマンであれば、おそらく誰もが気になるのがスーツとシャツ、そしてネクタイの組み合わせ方です...

レインポンチョで雨の日の送迎も濡れない!自転車ママ必見!

子供の保育園や幼稚園の送迎を、自転車で行っているママは多いでしょう。自転車での送迎で...

ニットの襟元はハイネックの重ね着で上品に生まれ変わる

カーディガンやVネック、クルーネックのニットの襟元から出た首筋。素肌をそのまま出すのも魅...

スポンサーリンク

スカートの歴史を知っていますか?

今やスカートは、女性が着る定番アイテムの一つとして認識されています。

ズボンは男性服を表し、スカートは女性服を表します。

しかし、スカートを女性の着る服とする考え方は、中世から近世以降、後に西洋で生まれた習慣です。

西洋の中世中期以前には、スカートの着用に男性女性の区別はなかったそうです。

しかし、ゴシック期からルネッサンス期を経て、近世になるにつれて、男性の衣装と女性の衣装との差が明確になり、現在までその影響が続いています。

男性が着るスカートとしては、民族衣装や、西洋文化にその例があります。

スコットランドのキルトは、スコットランド民族服の一つで、フォーマルな場所で着られますが、そうではない場所では着ることはあまりありません。

サロンと呼ばれるものは、スカートのように腰を覆うように巻きつける衣類です。

ハワイではパレオと呼ばれています。

パレオは現代でもよく見られる衣服で、女性が夏の海やプールで、水着用の生地で作られた布を腰に巻きつけることもあります。

スカートを昔は男性も着ていたと考えると不思議な感じがしますね。

夏は涼しげな生地でスカートを楽しみたい!

寒い季節は、足を出すのも控えめになりがちです。

ですが、だんだんと日差しが暖かくなってくると気持ちにも変化があらわれます。

暖かくなってくると、スカートはもちろんのこと、軽やかな洋服がお店にもたくさん並びます。

また色合いも、淡くて綺麗なものが増えますので、春や夏をイメージさせるようなスカートを履きたくなりませんか?

春夏のスカートは生地も薄くて軽く、とても柔らかな女性らしい雰囲気を表現してくれます。

柄も、可愛い花柄や繊細なレースの装飾など、冬に比べて多くなってきます。

春夏は、スカートを楽しむには種類豊富な季節といえるでしょう。

最近では、スカートにもスニーカーを合わせることが多くなり、パンプスなどのヒールを合わせるという意識が薄くなってきています。

ですから、よく歩くという日にもスカートにスニーカーを合わせて快適に過ごすことが可能です。

涼しげな生地のスカートを履いて颯爽と歩く姿は、とても健康的で素敵ですよね!

夏のスカートにおすすめの生地とは?

夏は日差しも強くなり、汗が気になる季節ですね。

そのような暑い夏を少しでも快適に過ごしたいと思いませんか?

スカートは、パンツに比べると風が入るため涼しいイメージですが、生地によっては通気性のよくない生地もありますので、選ぶ際には生地の確認も必要です。

夏に合うスカートの生地といえば、綿や麻といった、通気性や吸湿性に優れている天然素材の生地がおすすめです。

夏は汗が原因で肌トラブルをおこす方もいますから、通気性をよくして、汗をかいても蒸れることがないようにする工夫が大切です。

また、夏は薄着になるため、スカートの生地が直接肌に当たることの多い季節でもあります。

だからこそ、体に優しい天然素材の生地を選んでみてはいかがでしょうか。

綿や麻は天然素材のさらりとした肌触りのよい生地のため、肌の弱い方に適しています。

着心地のよい質感を感じ、また、その生地の素材の良さで快適に夏を過ごせることでしょう。

夏に活躍する麻の生地の魅力を知ろう!

時々、「麻の生地はチクチクする」または「ざらざらしてなめらかではない」というイメージをもっている方がいらっしゃいます。

生地屋さんで麻の生地を触った時の印象や、あるいは購入したての時の生地の肌触りから、そのように感じるのでしょうか。

麻の生地は、使えば使うほどに肌になじみます。

ですから使い馴染んできたころの麻の肌触りは、実はとてもさらりとしていてなめらかなのです。

その心地のいい肌触りから、西洋では昔から高級な下着などにも利用されていました。

また麻は、強度がある強くて細い糸で作られているため、麻で作られたものは、軽くて風を通しやすく丈夫です。

こうした理由から、麻は夏にぴったりの爽やかなイメージが生まれました。

また麻の繊維の中には、汚れをはじく成分であるペクチンが入っているため、汚れがつきにくく、落ちやすいという利点があります。

そのため、汗をかきやすくて洗濯の回数が増える夏には、麻のような強くて汚れが落ちやすい生地はとてもおすすめといえるでしょう。

麻のスカートはチクチクするイメージを持っている方でも、一度着てみるときっと好きになるでしょう。

夏に着る好みのスカートの丈はどれ?

スカート丈の種類はたくさんあります。

また流行によっても新しい丈の呼び方が出てきます。

スカート丈によって呼び方が違ってくるため、知っておくと選ぶときに便利です。

まずは、ミニスカートです。

ミニスカートは着丈が短く、膝が見えるスカートです。

足の露出が多いため、「ミニスカートを着たくても恥ずかしい」、「勇気が持てない」という声もききますよね。

しかしミニスカートは、若々しさや元気な印象を与えてくれますから、夏になると着ている人が増えてきます。

続いて、膝丈スカートはちょうど膝くらいの着丈です。

ミニスカートと比べると、かなり足の露出が控えめになるため、着やすいスカート丈と言えるでしょう。

次に、ミディ丈スカートは、膝が隠れる長さの着丈です。

そのスカート丈からは、落ち着いた上品なイメージを与えます。

次に、ミモレ丈スカートは、ふくらはぎまでのスカート丈です。

トップスの丈を短めに合わせることで、全体のバランスが取りやすくなりますよ。

最後に、マキシ丈スカートはロングスカートの一部で、くるぶしまでの着丈のスカートです。

歩くたびに柔らかい生地がふわふわと揺れるスカートは、女性らしい可愛さを表現してくれます。

その印象から、丈の長いロングスカートでも涼しさを感じられます。

スカートは生地や着丈によって着る人の印象が変わります。

あなたはどの丈がお好きですか?

スカートの形で体型をカバーしよう!

ウエストを細く見せたいのなら、Aラインスカートがおすすめです。

Aラインスカートはウエストから裾にかけて広がっています。

そのため、視覚効果により気になるウエストを細く見せることが可能です。

また裾に向かって広がっているため太もも部分にゆとりがあり、太ももに張りがある方にもよいでしょう。

華奢な体型をカバーしたい方には、プリーツスカートがおすすめです。

細かいヒダが連なった形のプリーツスカートはボリュームが生まれます。

逆に、肉感をひろいやすいため、特に柔らかい生地のプリーツスカートの場合は、体型カバーには向かないといえます。

タイトスカートは細身で曲線を強調します。

大人らしさ、女性らしさを表現したいときにいかがでしょうか。

脚長効果には、ボタンダウンスカートをおすすめします。

スカートの前身頃の中心に、ボタンが一列についています。

縦に並んだボタンがあることで、縦のラインが強調され、脚長効果を期待できます。

このように、スカートは生地や丈、形を組み合わせることで自分らしさを表現できるのです。

いろいろなスカートで夏を楽しんでくださいね。

夏はスカートで満喫しよう!

夏はスカートを楽しむ絶好の機会です。

生地も軽く、いろいろな種類の柄や丈などが豊富にそろい、好みのスカートを見つけやすい季節とも言えます。

生地、丈、形で人の印象が変わることを知ると、スカート選びがますます楽しくなりますよ。

ぜひお気に入りのスカートをみつけて、暑い夏を快適に、そしておしゃれにお過ごしくださいね。