ジャケットはチェック柄が個性的!しかし着こなしは難しい?

メンズコーデにおいて、チェック柄のジャケットをメインに据えた着こなしがお洒落と評判です。

無地のジャケットに比べて存在感のあるチェック柄は、他のアイテムと合わせるだけで格段にお洒落になります。

しかし、その分コーデによっては派手な道化師のように見えてしまい、一転三枚目な雰囲気になることもある難しいアイテムです。

今回は、メンズコーデにおけるチェック柄ジャケットを使った着こなしについてご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

おすすめのカラーはグレー!グラデーションコーデに注目!

コーデで頭を悩まされるものの一つに、色使いがあります。 そんな中、女子の間で人気となるのが...

国産デニムの人気が熱い今、メンズにおすすめのブランドは?

世代や性別を問わず、定番のカジュアルアイテムとなるのがデニムです。 ほとんどの方がお持ちのファ...

ブルゾンを合わせたレディースコーデが最も輝く季節は秋冬!

秋冬のレディースコーデで、お洒落カジュアルを担ってくれるアウターにブルゾンがあります。 ブルゾ...

スカートにリボンが今人気!アレンジ次第でさらにお洒落に!

可愛らしいリボンがお洒落な「ウエストリボンスカート」が女性に人気です。 可愛らしくもあり、大人...

おしゃれなペンドルトン!ネイティブアメリカン柄が人気!

「ペンドルトン」というブランドをご存知でしょうか。 ペンドルトンはアメリカのオレゴン州で19世...

【大人アメカジ】優秀アイテム「パーカー」でメンズコーデ!

スポーティな雰囲気の「パーカー」は、メンズのアメカジファッションにおすすめです。 ファッション...

コートの裏地にはどんな生地が使われる?その種類や目的とは

コートやジャケット、スカートなどの衣服には裏地のついたものがありますよね。 裏地があることの目...

春の装い!スカートに花柄を取り入れるなら冬のうちから!

女性の定番ともいえる花柄のスカート。 これを取り入れるのであれば、もうすぐ春を迎える冬のうちか...

ボトムスは何色に?大人っぽいレディースコーデには断然黒!

コーデのボトムスに合わせる色味によって、コーデ全体の印象は随分と変わってしまいます。 落ち...

コート丈によって印象が変わる?身長別コートの選び方

寒い冬、コートは毎日着るアイテムです。 どうせ毎日着るなら「可愛い」「かっこいい」や「流行って...

国産デニム発祥の地といえば岡山!おすすめブランドをご紹介

デニム好きの方なら耳にしたことがあるであろう「岡山デニム」。 国産デニム発祥の地ともいわれ、そ...

デニムを古着で楽しもう! 東京の古着専門店をご紹介

東京には古着を扱うお店が数多くあります。 今回は、古着屋の多い街や、デニムに特化した古着屋をご...

ニットは季節関係なし?素材別「いつまで着られるか」解説!

ニットは、「誰でも1枚は持っている」とも言えるアイテムです。 また、ニットは季節に限らず長く楽...

ライダースジャケットでも冬は寒くない!冬コーデをご紹介!

ライダースジャケットは、薄手で気軽に着ることができるジャケットの1つです。 しかし薄手という面...

パーカーにショーパン、タイツを上手にレディースコーデへ!

ショーパン+タイツは可愛らしくお洒落で、女性ならではのアイテムになります。 何といっても脚を綺...

スポンサーリンク

チェック柄ジャケットのお洒落な着こなし!そもそもチェックって?

今回はメンズコーデにおけるチェック柄ジャケットを使った着こなしについてご紹介します。

本題に入る前に「チェック柄」について確認をしておきましょう。

チェック柄とは、格子縞・格子模様と呼ばれる模様の総称です。

つまり、チェック柄と一口に言っても、非常に多くの種類が存在するのです。

「タータンチェック」 スコットランドの民族衣装に使われている格子柄で、派手な色使いと規則的な細かい交差が特徴的です。

「グレンチェック」 味わい深い大小の千鳥格子が組み合わさった柄は、スコットランドの谷にある集落が発祥の織物特有の柄であったことから、谷を指すゲール語「グレン」より名前がつきました。

「マドラスチェック」 港町マドラス発祥の柄で、パステルカラーを多用した派手めな色使いと不規則な交わりが特徴的です。

「オーバーチェック」 チェック柄の上にさらにチェック柄を重ねたもので、一見、目の細かいチェック柄に見えます。

「グラフチェック」 その名の通りに、グラフ用紙のように細かい線の交差が特徴的です。

「タッタソールチェック」 白地に2色の線が交互に交差して並ぶという非常にシンプルな柄になります。

「ギンガムチェック」 地の色(白が一般的)と他1色を使った格子柄になります。

「ブロックチェック」 碁盤の目のような、目の大きい格子柄です。

「トーンオントーン」 同系色の色味を重ねて作るチェック柄になります。

「アーガイルチェック」 ひし形の模様が特徴的なチェック柄です。

「千鳥格子」 別名「ハウンドトゥースチェック」とも呼ばれる猟犬の牙のようにみえる柄で、日本では千鳥が連なり飛ぶ姿を連想させることから千鳥格子と呼ばれています。

「ウインドウペンチェック」 細い一色のラインが交差して、大きな格子を作る柄になります。

これら以外にもチェック柄はありますが、ファッションに使われるものならば以上のものをおさえておけば良いでしょう。

落ち着いたチェック柄ジャケットの着こなしから始める!

チェック柄ジャケットに合わせるメンズコーデにおいて、お洒落な着こなしに仕上げるためにはいくつかのポイントをおさえると外しにくくなります。

【落ち着いたチェック柄からスタート】

格子柄が大きく、太く濃いラインで描かれたチェック柄は派手な印象を受けます。

一方で、格子柄が細かく、細く薄いラインで描かれたチェック柄は落ち着いた印象を与えてくれます。

例えば、格子が大きく太いラインで書かれた濃淡のあるギンガムチェックなどは非常に派手な印象ですね。

反対に、ウインドウペンチェックは線も細く薄いチェックになりますし、グレンチェックなども柄が細かいので遠目では無地に近い印象で落ち着いた感じを与えてくれます。

派手な印象のチェック柄は、ジャケットに取り入れたときに上手に決まればお洒落映えしますが、外すことが多くなりやすいです。

最初にジャケットにチェック柄を取り入れる場合には、落ち着いた印象のチェック柄から始めると良いですね。

ウインドウペンチェック柄のジャケットであればビジネス使いも可能ですので、チェック柄ジャケットを始めるには最適なアイテムになります。

チェック柄ジャケットの着こなしは無地と合わせるのが基本

前項に引き続き、本項でもチェック柄ジャケットをお洒落な着こなしに仕上げるためのポイントについてご紹介します。

チェック柄ジャケットでコーデをする場合には、全身でチェック柄の占める割合が大きなポイントになります。

セットアップ以外の場合に、ボトムやインナーなどにも柄アイテムを合わせますと、コーデにおける柄の占める割合が非常に大きくなってしまいます。

スタイリッシュさが上手に増す場合もあるのですが、それよりもうるさいコーデだという印象を与えてしまう場合が多いですね。

こちらも最初は、ジャケット以外は無地のアイテムを合わせることで、柄の割合を全身の30パーセント程度におさえましょう。

実はこの手法にはもう一つの効果があって、チェック柄の割合をおさえることでチェックの持つ個性的な雰囲気を際立たせることができるのです。

折角のチェック柄ジャケットですから、チェック柄をフルに活用したいところです。

また、ボトムスのカラーをチェック柄に含まれる色味にすると、コーデの統一感が出てお洒落映えもします。

これは合わせるアイテムにも当てはまります。

チェック柄と合わせた色味の小物使いをすると、統一感のあるまとまりが生まれます。

ウインドウペンチェック柄ジャケットをカジュアルな着こなしに

それでは、メンズに向けたチェック柄ジャケットを使った着こなしをご紹介します。

最初にご紹介するのは、ウインドウペンチェック柄ジャケットを合わせたコーデです。

ウインドウペンチェック柄ジャケットは、前述のように比較的取り入れやすいチェック柄ジャケットになります。

ここでは、カジュアルな着こなしを表現してみましょう。

【デニムシャツと合わせる】

・トップス ブルーのデニムシャツ
・ボトムス ネイビーのスラックス
・ジャケット グレーのウインドウペンチェック柄ジャケット
・足元 ネイビーの靴下に黒の革靴

トップスとして合わせるのはカジュアル感の王道となるブルーのデニムシャツです。

ボトムスはネイビーのスラックスで、トップスのデニムシャツを上品にタックインして合わせます。

美しいIラインを描く、ブルーのデニムとネイビーのスラックスのグラデーションコーデです。

この時点で、デニムのカジュアル感は随分と軽減されています。

ここに、グレーのウインドウペンチェック柄ジャケットを前閉めスタイルできちんと合わせましょう。

ブルーのデニムがポイントとなる、上品なジャケパンスタイルです。

チェック柄ジャケットにデニムシャツが、普段よりも上品なコーデに落ち着きますね。

足元は、ネイビーの靴下に黒の革靴で統一感を加えてコーデを締めます。

これで、ウインドウペンチェック柄ジャケットを使ったカジュアルコーデの完成です。

グレンチェックジャケットでビジネスシーンでも通用する上品な着こなし!

続いてご紹介する着こなしは、グレンチェック柄ジャケットを合わせたコーデです。

グレンチェック柄も、前項でご紹介したウインドウペンチェック柄同様に比較的入りやすいチェック柄ジャケットになります。

ここでは、ビジネスシーンでも通用する上品な着こなしを表現してみましょう。

【赤のボーダーネクタイと合わせる】

・トップス 淡いサックスシャツ
・ボトムス ベージュのパンツ
・ジャケット グレーのグレンチェック柄ジャケット
・足元 黒の靴下に黒の革靴
・アイテム 赤にネイビーボーダーが入るネクタイ

トップスとなる淡いサックスシャツを、ボトムスのベージュのパンツにしっかりとタックインして上品に合わせます。

淡いサックスのブルーとベージュの色味は爽やかな印象で好感が持てますね。

この時点でこのコーデは、上品なカジュアルとしても充分に通用します。

更に、赤地にネイビーボーダーが入るネクタイをアクセントとしてきりりと合わせるだけで、ビジネスモードに早変わりします。

グレーのグレンチェック柄ジャケットを前閉めスタイルで合わせれば、爽やか系できるビジネスマン風コーデに仕上がります。

赤のネクタイのポイントは外せませんね。

足元は黒の靴下に黒の革靴でしっかりとコーデを締めましょう。

ブロックチェック柄ジャケットで上級者コーデ!

最後にご紹介するのは、ブロックチェック柄ジャケットを合わせたコーデです。

ブロックチェック柄は、これまでのチェック柄と異なって柄が大きめですから、なかなか着こなしが難しいチェック柄ジャケットになります。

しかし、その分上手に合わせることができれば、上級者コーデとなりお洒落映えします。

ここでは一つ上のお洒落に挑戦してみましょう。

【お洒落カジュアルに仕上げる】

・トップス 淡いピンク系シャツ
・ボトムス ベージュのチノパン
・ジャケット ネイビーに白のラインが入るブロックチェック柄ジャケット
・足元 ネイビーと白ツートンカラーのスニーカー

トップスとなる淡いピンク系シャツをベージュのチノパンにきっちりと合わせましょう。

淡いピンク系シャツもメンズコーデに合わせるのは非常に勇気がいりますが、実際に合わせてみるとお洒落映えの優秀アイテムなのです。

この時点では、薄いピンクとベージュという比較的近い色味で、シンプルな印象が強いですね。

ここにネイビーに白のラインが入るブロックチェック柄ジャケットを大胆に合わせてみましょう。

ピンクの反対色となるブルー系が際立つジャケットですので、コーデの印象が一変し、華やかさが全面に表現されます。

近い色味で目立たなかった淡いピンクが、上品に存在感を強調するのがポイントです。

計算された色使いが魅力的な上品コーデになります。

足元は、素足にネイビーと白のツートンカラーのスニーカーを合わせてコーデを締めます。

素足のラフ感とスニーカーの色使いが、上級者コーデへと格上げしてくれるのです。

チェック柄ジャケットで大人お洒落を楽しもう!

今回は、チェック柄ジャケットを使ったメンズコーデをご紹介しました。

合わせるだけでお洒落な印象を与えてくれるチェック柄ジャケットは、メンズコーデを上品にしてくれる優秀アイテムです。

外してしまう失敗さえ気を付ければ、大人の雰囲気をかもし出す上品コーデを着こなすことができます。