シャツはアレンジ次第で大変身!ワンランク上の着方を知ろう

以前に購入したシャツや、上手く着こなせず自宅のタンスに保管されっぱなしのシャツをお持ちの人は少なくないでしょう。

また、シャツを普通に着ると地味になってしまったり、お洒落感がないなど、悩んでしまうことはよくありますよね。

そんなシャツをそのまま放置してしまうのはもったいないです。

そこで、今回は様々なアレンジ法とその着方について、いくつかの視点からご紹介していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ジーンズに合うトップスは?人気のレディースコーデをご紹介

ジーンズは、毎日のコーデに欠かせない主役的存在です。 ジーンズを一本も持っていないという方を探...

寒い冬はニットでおしゃれを楽しもう!可愛いコーデをご紹介

低い気温かつ冷たい風で、体がかじかんでしまう冬を苦手と感じる女子は少なくないでしょう。 寒い冬...

部屋の中で着る服ならスウェットがおすすめ!部屋着の選び方

部屋着というと、どんな服装を思い浮かべるでしょうか。 人によって、「近所なら部屋着のまま外出し...

ニットにデニムの色移りがしてしまった!その予防・対処法!

ある時気が付くと、お気に入りのニットにデニムからの色移りがしてしまっていた。 このような経験は...

デニムをリメイク!カットオフデニムにセルフでする方法とは

何にでもあわせやすいデニムははき続けていくうちに、裾がどんどんボロボロになっていきますよね。...

ライダースジャケットが欲しい!人気レディースブランドは?

ライダースジャケットは、レディースアウターの定番となりつつあるので、手に入れたいと思っている人も...

セーターのコーデが楽しめる冬の到来!お洒落に着こなそう!

寒い冬ですが、お洒落を味わい深く楽しめる季節でもあります。 そのような冬コーデでもセーターを楽...

デニムをおしゃれにする決め手!パンプスの色をチョイス!

はきやすさ、気楽さから買うことの多いデニム。 おしゃれで買う人も多いデニム。 利便性も備...

ジャケットは黒!お洒落な着こなしでいかしたメンズコーデ!

トレンドとなりつつある黒のジャケットは、フォーマル色が強いアイテムです。 黒のジャケパンスタイ...

ニットの種類を知ろう!「ふわふわ」なニットとは?

ふわふわ、モコモコのニットに包まれると、優しい気持ちになりますよね。 ニットには、ふんわりと見...

お洒落なコート選びのポイントとして男性からの人気も大切!

秋冬になるとファッションの主役になるのはコートですよね。 コート選びの基準はどうされていますか...

スウェットの黒色は着回しに便利!でも色落ちが気になる…

スウェットは、運動着に部屋着にパジャマ代わりにと様々な用途で重宝する便利なウェアーです。 中で...

パーカーをぶかぶかに着る女子にキュン!かわいさアピの方法

ぶかぶかな袖のアイテムを使っている女子は、男子の目にとまるものです。 特にパーカーは、使い勝手...

お気に入りのニットにハンガー跡が!跡を残さないための工夫

冬のおしゃれを楽しむためにはニットは欠かせません。 しかし、ニットは何も気にせずにハンガーにか...

デニムのアレンジはダメージが基本!自分でも簡単にできる!

何となく物足りなくて、タンスで眠っているデニムはありませんか? 可もなく不可もない、そんなデニ...

スポンサーリンク

シャツがスカートに大変身!着方やアレンジは超簡単!

シャツはカラフルで様々な柄のものがあるのが特徴です。

実はそのシャツがお洒落なスカートに大変身してしまうかもしれません。

その着方は、すごく簡単です。

よくシャツを腰に巻いてお洒落に歩いている人を見かけますが、それをスカートのように見せてしまうだけなのです。

長袖であればどんなシャツでも、スカートのように変身させることができます。

シャツの色や柄を変えるだけで様々なアレンジか可能なのも嬉しいポイントです。

袖部分を前に持ってきてリボン結びにすれば可愛いアクセントにもなりますし、しっかりと引き締めればスタイルアップにも繋がります。

ハイウエストにしても良いでしょう。

例えば、赤や黄色のシャツであればカラースカートになりますし、デニムシャツであればデニムスカートになり、コーデのワンポイントになります。

ウエスト部分に巻くだけのシンプルかつ簡単な方法ですので、一度はぜひ試してみて欲しい着方です。

シャツがチューブトップやミニワンピに大変身!着方に一手間加えてお洒落を楽しもう

スカートに続いて、簡単なシャツのアレンジ方法がチューブトップです。

この着方を知っておけば、シャツ1枚でシチュエーション別に使い分けることが可能です。

少し遊び心をファッションに取り入れたい場合にもオススメです。

アレンジもとても簡単です。

例えば、ボタン上三つ程の所を使って、胸の上で留め、残り上の部分は内側に入れ込んだり、あえて襟をそのまま外に出したままにしても可愛いでしょう。

袖部分は前でリボン結びにしたり、団子結びにしても可愛く見えます。

自分の好みに合わせてアレンジしてみると良いでしょう。

カラーや柄は様々ですので、スカートと同様に様々なチューブトップを楽しむことができます。

シャツの地味な着方や普通のシャツに飽きてしまった方は、ぜひ一手間加えてお洒落を楽しんでみてください。

着方をお洒落にアレンジ!チェックシャツの使いこなし方

シャツの定番であるチェックシャツは、誰もが一着は持っていると言って良いほど定番のアイテムでしょう。

そのままでも柄のかわいらしさがコーデに華を与えてくれますが、その着方にも様々な方法があります。

いつも同じ着方ではなく、新しい着方にチャレンジしてみることでマンネリ化を避けられるでしょう。

いくつかピックアップしてご紹介していきます。

例えば、チェックシャツを羽織り物として活用することが可能です。

ボタンを留めて着るよりも印象が変わり、お洒落感が増します。

中がロゴや柄の入ったTシャツを着ると、こなれた印象を持たれるでしょう。

ベストの下にチェックシャツを仕込ませデニムと合わせて着れば、カジュアルになり引き締まっても見えます。

着崩してレースタンクを魅せてみるのもセクシー感がありオススメです。

思い切って肩まで落として着るのも一つの方法です。

太めのベルトを使ってウエストを引き締めて着ると大人っぽい雰囲気になりますし、襟を抜き気味に緩く着ればさらにお洒落感がでます。

上級者の方は、片方だけシャツを出してみるのも良いでしょう。

全部シャツをズボンの中にINするのも良いですが、片方だけ出すというアレンジもお洒落感がグッと増すことでしょう。

シャツ一枚でアレンジ法は様々です。

ぜひ、試してみてください。

定番白シャツの着方!アレンジで個性を引き出そう

ビジネスシーンで定番となる白シャツですが、実は白シャツでも着方次第で個性を表現することができます。

制服のようなアイテムだからこその優れものが白シャツなのです。

いくつか白シャツのアレンジ法についてご紹介していきます。

白シャツといえば、襟がついているのが定番の特徴です。

イタリアンカラー風に襟を立て、ネックレスをつけるだけでもエレガントで個性的なお洒落を引き出せます。

ボトムスとしてタイトスカートなどを合わせると、よりかっこよくエレガントさを演出できます。

さらに、腕まくりでこなれ感が出ると同時に着崩れ防止にもなるのです。

腕には、細めのブレスレットをオススメします。

ネックレスやブレスレットの重ねづけすることで個性的なエレガント女性が仕上がります。

モダンに攻めたい時は、黒のパンツや黒のジャケットと組み合わせるのが良いでしょう。

シャツのボタンを深めに開けてしまい、首回りにシルバーネックレスを、手元にもリングやブレスレット等で飾ってあげることで、モダンで美しい女性に魅せることができます。

白シャツはビジネスシーンで定番のシャツとなっていますが、様々な工夫を加えることでエレガントにもモダンにも仕上がりますので、ぜひチャレンジしてみてください。

ワンランク上を楽しむためのシャツ系ワンピースの着方

1枚で完成してしまうシャツワンピは非常に便利で、ファッションの必須アイテムとなっています。

そんな1枚のシャツでも着方に様々なアレンジが可能です。

特にシャツワンピの場合は、きれいめなコーデにすることをオススメします。

例えば、白を基調としたストライプ柄の場合はゆるっと着てルーズ感を出すと、大人っぽくワンランク上のお洒落に仕上がります。

また、シャツワンピは1枚だけで着ると涼しげな印象を受けますが、ニットのカーディガンやブーツを合わせてあげると温かい秋冬感を出すことができます。

色は同系色で揃えてあげることで統一感が出ますよ。

ワンピースではなく、羽織ものとして活用すれば、カジュアル感やスタイリッシュさを演出できます。

1枚のシャツワンピだけでも様々な着方でファッションを楽しむことができます。

自宅に眠ってしまったシャツをぜひ活かしてみましょう。

シャツINのキレイな着方!アレンジ次第で大変身!

シャツをパンツやスカートにINしてみた時、なんだかパッとせず、上手くコーデがまとまらないというときは誰しもあるでしょう。

例えば、普通のオーソドックスなシャツを1枚で着る場合は、シャツを中にいれてしまうとダサくなってしまう場合が多いです。

シャツINが似合うタイプのシャツは、骨格タイプがストレートやナチュラルの場合があります。

ボタンを3つ位まであけて、深いVラインを作り、あけてもいいように中はキャミソールを着て、ネックレスを付けてアレンジすれば、とても大人っぽい感じになります。

襟は後ろ半分だけ立ててみても良いかもしれません。

袖は15センチ程、深く一折りしてみましょう。

前方は、シャツの下の方でキュッと結んであげても面白いかもしれません。

その際には、横から見たシャツのラインが斜めになるようにするとバランスが取れて、キレイに着ることができます。

シャツINする際は、着方を間違えるとダサくなってしまいますので、アレンジを考えながら着てみましょう。

シャツは着方とアレンジ次第で大変身できる必須アイテム

シャツは、プライベートや仕事でも必須アイテムとなっています。

そんなシャツをマンネリ化させてしまうのはもったいないです。

着方に一工夫だけアレンジを加えるだけで、普通のシャツとは思えないぐらい大変身させることができます。

新しい洋服を買って心機一転するのも楽しいですが、まずは家にあるシャツを再活用してワンランク上のファッション生活を楽しんでみてください。