これで解決!スカートに合うコートの長さをマスターしよう!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

お気に入りのスカートにベルト通しがない!調整する方法は?

「少しウエストが緩いけど、このスカート可愛いからどうしても欲しい。でもベルト通しがない!」こ...

シャツの第一ボタンはネクタイを締める時は留める?外す?

就職活動をしている男性は、スーツを着る機会が多いですよね。その際に多くの方が悩むのが、「シャ...

冬の「コート」は必需品!子供に着せたいおしゃれなブランド

寒くなるとコートが手放せなくなります。特に気温が低い真冬には暖かいコートを子供に着せ...

デニムのダメージ加工は裾にも!流行りのカットオフ!

デニムというアイテムは、非常に特殊なアイテムになります。他では考えられない、破れや擦り切れ汚...

定番ジーンズは夏にも大活躍!涼しい素材のジーンズをご紹介

カジュアルファッションの定番アイテムといえば、なんといってもジーンズでしょう。ジーンズは...

スカートが静電気でまとわりつく!静電気対策で快適な休日を

寒い冬の季節は着るものが多くなり、外出時はファッションにも気合が入りますよね。しかし、せっか...

ブルゾンのコーディネートはピンクを選んでワンランク上に!

ブルゾンを新調する際、ブラックやグレーなどの定番色に飽きてしまったら、ピンクのブルゾンに挑戦して...

人気のストールブランド一挙公開!おすすめはカシミア素材

肌寒くなってくると活躍するのがストール。ストールは防寒のみならず、ファッションアイテムとして...

パーカーのチャックがよれよれに…長く着るためのコツ

肌寒い時期やちょっとした外出の時に気楽に着られる服といえばパーカーですよね。普段着として愛用...

コートできれいめ狙い!メンズならチェスターコートが定番!

男性女性問わずに、秋冬のお洒落シーズンに欠かせないアイテムにコートがあります。特にメンズの場...

ジーンズのダメージ加工って実際にはどんな種類があるの?

飽きが来て履かなくなってしまったジーンズもほんの少しダメージ加工を施せば、お洒落なアイテムへと変...

セーターをおしゃれに着こなしたい!大人女子におすすめは?

寒い時期になってくると、店頭におしゃれなセーターがたくさん並びます。いろいろな色や形があるの...

日本ジーンズのメッカ倉敷デニム!そのブランドと魅力とは?

ジーニストであれば、ジーンズの聖地と言えば岡山県、というのは常識かもしれません。ジーニストの...

ワンピースやトップスにレースがおすすめ【結婚式の服装】

結婚式のゲストに招待されたとき、喜びやうれしさを感じつつも「何を着て行こうか?」と悩む女性は多い...

アウターにカーキ色アイテムを!レディースコーデが広がる!

お洒落レディースの皆様は、何色のアウターをお持ちでしょうか。人気のある「白」「黒」「グレー」...

スポンサーリンク

スカートにコートは難しい?!みんなの意見を見てみよう

「冬でもスカートが履きたいのに、コートを羽織るとなぜがバランスが悪くなる」といった悩みを抱えている方はけっこう多いものです。

スカートは着丈やデザインのフォルムによって、コートから見えたり隠れたりしますが、それが着ているコートとの雰囲気に合わなかったりすると、その日のコーディネートにも時間がかかってしまいます。

そのため、このスカートとコートの長さのバランスは、その日のおしゃれを決める何より大事な尺度になります。

また、街の女性の意見を見てみると、次のような声が多くあがっています。

・ロングスカートにコートの長さのバランスが難しい

・ミモレ丈にコートの長さのバランスがうまくとれない

・スカートとダウンの長さのバランスがわからない

冬では短めのスカートよりも、膝下よりも長いミモレ丈やロングスカートを履く方が多いということもあるかと思います。

では、長めのスカートとコートの美しいバランスを保つには、どのようなことに注意すれば良いのでしょうか。

ロングスカートとコートの長さを美しく見せるコツ

スカートにコートを合わせる時に覚えておきたい重要なポイントがあります。

それは、コート9:スカート1というアウターとボトムの比です。

冬の時期にはロング丈のスカートを履く機会が多いという方は、ぜひアウターのコートはロング丈の長さのものを合わせましょう。

しかし、この時に注意しておきたいのが、コートの長さより1割程度スカートの面積が見えているというバランスで保つことです。

これ以上スカートが見えすぎると、重たく野暮ったいイメージに見えてしまいがちなので気を付けてください。

このように、長めのスカートに合わせる場合は、そのスカートが1割程度見える位の長めのコートを合わせましょう。

つまり、スカートが見えている長さが15センチ位がちょうど良いバランスということです。

それが20センチ以上の長さになってしまうと、胴が長く見えてしまう可能性があるので注意が必要です。

上級者向け!膝丈のスカートとコートの長さ

では、幅広く支持されている膝丈のスカートの場合はどうでしょうか。

膝丈のスカートの場合は、もっともバランスが難しいと言われています。

ここで覚えておきたいポイントは、コート6:スカート4というアウターとボトムスの比です。

この場合は、コートとスカートのどちらかの長さを少しだけ大きく見せるようなイメージです。

つまり、少しだけコートを長めにするか、スカートを長めにするかということでバランスをとります。

あとは、この膝丈のスカートの雰囲気により、アウターをコートにするかジャケットにするか決まります。

もし、しっかりとした印象を与えたい方には、ジャケットをおすすめします。

また、可愛らしい雰囲気をイメージしたい方には、ピーコートがおすすめです。

あるいは、ボーイッシュにかっこ良く決めたい方には、ライダースジャケットも良いですね。

このように丈が腰ラインにくるアウターも、さまざまなタイプのものがありますので、スカートの種類はアウターに合わせて選ぶと良いでしょう。

この場合、スカートが見える面積が大きいので、スカートはアウターとの雰囲気に合わせることを心がけてみてください。

また、この時注意したいのが、横に広がりやすいギャザースカートは、6:4の比率で合わせると、太って見えてしまうことがあるということです。

そのため、なるべく広がりにくいスカートを選ぶことをおすすめします。

コートよりスカートが短いとどうなの?

ここまでスカートとコートの美しいバランスを保つ比率をみてきました。

ロングコートであれば、少しだけスカートの裾を見せたり、短めのジャケットなら比率の近い膝丈のスカートでバランスをとるということがわかりました。

では、コートよりスカートが短いというパターンは、バランスが悪いのでしょうか。

実は、コートよりスカートの方が短い場合は、着痩せ効果を生むと言われます。

これは耳よりな情報ですよね。

例えばコートの長さにもよりますが、膝丈くらいのコートであれば、膝上のスカートに黒いタイツを合わせるようなイメージです。

さらに、コートのボタンは外して、インナーが見えるように着こなしましょう。

コートのボリューム感と黒いタイツで引き締まって見える効果が期待できるでしょう。

しかし、コートの下にスカートを履いていないように見えて、品がないように見えるという声もあります。

また、コートをワンピースのように着るという意見もあります。

とはいえ、考え方によるところでもあるので、短めのスカートを履く際には、着痩せして見えるというこのコートの使い方を実践してみるのもアリでしょう。

おすすめのスカートとコートのコーディネート

それでは、おすすめのスカートとコートのコーディネートをご紹介します。

まず、大人かっこ良いチェスターコートとタイトスカカートの組み合わせです。

チェスターコートには、甘くなりすぎないスカートで全体的にシンプルにまとめるのがおすすめです。

また、定番のトレンチコートの場合は、ボトムスはパンツのイメージが強いですが、スカートもとても良く映えます。

おすすめは、フレアのふわりとしたロングスカートです。

トレンチコートで、ふんわりとしたボリュームは抑えられますが、ドレッシーな印象を引き出すことができ、女性らしさを増します。

これらを合わせる時に忘れてはいけないのが、前章でお伝えした9:1のスカートとコートの比率です。

スカートの長さは、コートよりも1割程長めに出すことを忘れないでください。

スカートとコートの長さ以外でバランスをとるコツとは?

スカートとコートの長さのバランスを考える以外で、おしゃれ度を増すコツが他にもあります。

それは、上下を同系色で合わせるコーディネートです。

同系色というのは、色をグラデーションにした時に隣り同士になる色のことを言います。

同じ色でも、濃かったり明るかったりするものを組み合わせて、ファッションに取り入れるということですね。

なお、この時に気を付けることが、まったく同じ色を使わないということと、同じ素材を選ばないということです。

全体が同系色でまとまっていると、とても柔らかい雰囲気とシックな印象をもつおしゃれを楽しめます。

スカートとコートの長さのバランスを整えて、さらに同系色でコーディネートできたら、完成度の高いおしゃれを極められるはずです。

ぜひ挑戦してみてください。

スカートとコートで美しいバランスを心がけよう

スカートとコートの組み合わせは、スカートの裾をどれくらいコートから出すかが重要なポイントであることがわかりました。

スカートの裾を出す割合でおしゃれ度が増すか、もしくは残念なコーディネートになってしまうかが決まってしまうので気を付けたいものです。

ぜひ、これからのコーディネートに役立てて、素敵なおしゃれを楽しんでください。