コートからスカートがはみ出る場合にお洒落な基準はあるの?

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ニットの季節といえば秋!いつから着ることができる?

8月から9月に変われば、季節も夏から秋に移りますね。そんな秋の代表的なファッションといえば「...

ライダースジャケットが欲しい!人気レディースブランドは?

ライダースジャケットは、レディースアウターの定番となりつつあるので、手に入れたいと思っている人も...

コートを着こなすにはボトムス丈とのバランスがポイント!

秋冬ファッションの主役といえば「コート」ですよね。そんなコートをおしゃれに着こなすに...

Vネックセーターを着こなす!レディース向けおすすめコーデ

春や秋の少し肌寒い時期や、本格的に冷え込む冬には、ニットのセーターが手放せませんよね。その中...

ストールで素敵な春コーデ!華やかなレディースの装いに

春の足音が聞こえてくると軽やかな装いで街へお出かけしたくなりますね。そんな時には、ふわりとし...

デニムにスニーカー!カジュアルコーデが秋冬も女性に人気!

スポーツやレジャーなどのアクティブに活動をする際や、カジュアルな普段使いでも足元で非常に便利な働...

ライダースを買うなら本革!おすすめの素材やブランドは?

近年注目度の高いアウターとして、ライダースジャケットがあげられます。ライダースと一口に言って...

ジーンズの魅力アップ!インディゴブルーを色落ちさせる方法

ジーンズは、履けば履くほど魅力の増すボトムスです。インディゴブルーが色落ちして白糸が表に出て...

アウターは暖か可愛いボアで決まり!注目のボアコーデ!

暖かくもこもこで可愛いと、世の女性たちから今熱い視線を浴びているアウターがボアになります。「...

シャツのアイロンがけを簡単にする!洗濯や干し方のポイント

アイロンがけしたシャツはパリッとして気持ちが引き締まる方も多いと思いますが、アイロンがけはできれ...

あなたのコートの袖丈は適正!?おしゃれは適した長さから!

さまざまな季節のコーディネートに使われるようになったコート。コートは暖かいという機能以外にも...

スカート?ワンピース?どっちを買おうか迷った時には!

女性は、いくつになっても女性らしさを心がけていたいものです。そのため、自身の体型、服装、お化...

スカートの生地が重要!冬はスカートでおしゃれを楽しもう

普段からスカートが好きで、よく着用するという女性は多いでしょう。暖かい時期はあまり気...

ニットアイテムを上手に使った大人女性の上品な色気コーデ!

「色気のある○○」と形容される言葉を耳にしますが、抽象的でイメージのわきにくい印象ですよね。...

デニムコーデの結婚式が話題!メンズ向けのデニムコーデとは

ドレスコードを、デニムとする結婚式が話題です。結婚式といえば厳かなものなので、参加者...

スポンサーリンク

スカートは裾からはみ出る分コートを選ぶ!

ボトムスの中で、フルレングスのパンツですとどのような丈感のコートを着用しても違和感を覚えることはまずありません。

勿論着こなし次第ですが、たいていの場合にはお洒落に仕上げることができます。

このようにパンツの場合には、コーデの幅が広いという特徴がありますね。

しかし、これがスカートになるとその事情が少々変わってくるようです。

スカートの場合、裾がコートからはみ出る長さによってお洒落の印象が随分と変わってしまいます。

注意が必要なのは、ロングコートの裾からスカートが長めに飛び出してしまう場合になります。

この部分が大幅に(コートによって異なります)飛び出しているような場合には、下半身にもたついたイメージがついてしまう可能性があるのです。

そうなると全体的なシルエットが崩れてしまい、間延びしてだらしない着こなしになってしまいます。

このように、パンツと違いスカートの場合にはコートを選ぶということを忘れてはいけません。

ロングコートを着用するコーディネートの場合には、このことにも気を付けてください。

コートからはみ出るスカートの理想形とは?

それでは、コートを着用する場合にはみ出るスカートの理想形とはどのようなものになるのでしょうか?

まず、アウターとなるコート丈が腰やお尻部分のショート丈アウターである場合には、ミモレ丈・ロング丈どのようなスカ-トを合わせても問題はありません。

高い位置でコート丈が途切れているので、下半身でのもたつき感がありませんね。

問題となるのは、ロング丈のコートの場合になります。

低い位置で、コートとスカートの幅広い段差が出ることでもたつき感が生じてしまいます。

勿論、コートの丈がスカートの丈より長い場合も、問題はありません。

スカートのはみ出しは0センチですので、そこに違和感は存在しないのです。

しかし、これがスカートがコートの裾からのぞく場合には違和感が生じてしまうのです。

これは人の印象なので様々な意見があるようですが、基本的にスカートがロングコートの裾からのぞく長さは10センチ以内に収めるのが美しいとなるようです。

許容範囲として20センチ以内という数字もあるようですが、極力10センチ以内で仕上げることを心掛けると良いでしょう。

これらをまとめると次のようになります。

・ショート丈コートの場合には問題はありません。

・コートの丈がスカートよりも長い場合には問題はありません。

・ロングコートでスカートがはみ出してのぞく場合には、その長さは10センチ以内が理想で長くても20センチが許容範囲となります。

それでもやはりスカートを穿きたい!

前項のように、コートを着用する冬のコーデの場合には、スカートを穿くときには思いがけない落とし穴があるのです。

それでは、それを避けるためには「パンツコーデにすれば良い!」ともなりますが、そこは女の子です。

パンツスタイルも勿論お洒落ですが、パンツばかりでは飽きてしまいますし脱マンネリもはかりたいですね。

そして何といっても、冬でもスカートを穿いて女性らしさや可愛らしさを表現したいですよね。

その為には、ロング丈のコートを着用するコーデの場合には、前項のコートからはみ出るスカートの長さに気を付けておきましょう。

裏を返せば、そこをきちんとおさえておけばお洒落なコーデが楽しめるということでもあります。

このロング丈コートとスカートのバランス問題をクリアにして、魅力いっぱいのロング丈コートとスカートのコーデを楽しみましょう。

スカートと短めコートのコーデには「はみ出ること」以外の問題が!

コートとスカートでお洒落なコーデをするのであれば、基本的にはショート丈のコートを合わせるとスカートがはみ出ることは問題視されません。

これは既に前の項でお伝えした通りですね。

しかしそうは言ってもここにもやはり気を付けなくてはならない問題も存在します。

ショート丈アウターの多くは上半身がボリューミーに感じられるということです。

コートと言うよりはアウターですね。

ショート丈のアイテムを着用したコーデの場合に、最も気を付けなくてはならないのが上半身にボリューム感を与えてしまうことです。

秋や冬になると季節的に、トップスにニットなどを用いるのでさらにその要素は大きくなりますね。

この時に、ボトムスとなるスカートにもボリューム感のあるものを合わせてしまうとシルエットが美しくありません。

場合によっては、太って見えてしまいます。

特にロングスカートの場合には注意が必要になりますね。

・スカートをタイトなものにする。

・膨張色を使わない。

・足元を工夫する。

などの対策と共にコーデをする必要があります。

また、ショート丈のアウターの場合にハイウエストなものを用いると視線が上に行きやすいので脚長効果・スタイルアップには非常に役立ちます。

ウエスト丈コートにスカートを合わせるおすすめコーデ!

それでは、コートとスカートを合わせた具体的なおすすめコーデをご紹介しましょう。

まずは、ウエスト丈のコートになります。

ウエスト丈の場合には、前項でご紹介したようにスカートがはみ出ることは問題視する必要はありません。

ただし、ボリューミーに見える場合には全体シルエットを考えたコーデが必要になります。

【黒のピーコートに花柄ロングスカートを合わせて大人可愛く!】

ウエスト下丈の黒のピーコートにロング丈の花柄スカートを合わせてみましょう。

自然で落ち着いた印象の中に可愛らしさを感じさせてくれます。

トップスに白のニット、足元には黒のハーフブーツでスタイリッシュに仕上がります。

この時は「コート対スカート」が「3対2」という見た目がお洒落に見えます。

【ブラウンのボアコートにホワイトのタイトロングスカートを合わせてスマートに!】

薄めの茶系ボアコートに白のハイウエストロングスカートを合わせてみましょう。

トップスには黒のタートルネックニットを合わせるとシンプルお洒落な大人女性が完成します。

この時にトップスはタックインしてしまうとハイウエストの効果でより脚長のスタイルアップ効果が演出されます。

足元はトップスに合わせた黒のスニーカーでカジュアルな仕上げにするのも良いですね。

ロング丈コート+スカートにも挑戦!

最後にロング丈コートにスカートを合わせたおすすめコーデをご紹介します。

ここでは、これまでご紹介してまいりましたコートの裾からはみ出るスカートがポイントになります。

もたつきを無くして、まとまりあるスッキリコーデでお洒落に着こなしましょう。

【膝丈コートにフレアースカートでシンプルかつ絶妙バランスに】

薄茶の膝丈のコートに紺のフレアースカートを合わせてみてはどうでしょうか。

この時のフレアースカートはコートの裾から10センチはみ出すジャストサイズにします。

トップスにグレーのタートルニットをタックアウトで合わせればまとまりのあるお洒落コーデが完成します。

ふんわりシンプルシルエットですが、コートとスカートの絶妙なバランスがお洒落さを崩しません。

【ロングコートの前を開けてお洒落を演出】

深緑のロングコートと、トップスに白のセーター、ボトムスにチェックの膝丈スカートはどうでしょう。

トップスはスカートにタックイン、スカートはコートより短くはみ出さないという定番コーデになります。

コートを前開きで着こなすと、アクティブお洒落に仕上がります。

以上、前項と合わせて、コートとスカートのおすすめコーデをご紹介いたしました。

勿論、ほんの一例に過ぎません。

また、今お持ちのスカートでも貴女にあった様々なお洒落コーデが楽しめるはずです。

注意点だけしっかりおさえて素敵なコーデを見つけてください。

コートとスカートのお洒落コーデを楽しもう

今回、コートからはみ出るスカート問題についてご紹介してきました。

コートからはみ出すスカートの悩みは多くの女性が抱えているようです。

しかし、「足元での場合には10センチ以内に極力抑える」という今回の注意点さえ気を付ければ問題はないでしょう。

堂々と自信を持って、コ-トを使った秋冬のお洒落コーデを楽しんでください!