パーカーの袖が思ったより長い!リメイク次第でまだ使える!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

誰でも簡単!スカートに手作りで裏地をつけられる方法!

気に入って購入したスカートを家であらためて履いてみると、スカートの生地や裏地が薄く、中が透けて見...

ゆるいスカートを詰めるには?ウエストの直し方とリサイクル

お気に入りのスカートのウエストがゆるくなってしまったとき、皆さんはどうしていますか?諦めて処...

アメカジにチャレンジ!30代レディースにおすすめのブランド

目次 1 30代にもおすすめ!アメカジファッションとは2 30代女性がアメカジを着こなすときのポイン...

ニットの洗濯頻度ってどの程度?目安や身につけたい習慣とは

寒い時期に活躍するニットは、ときに毎日のように着ることもありますね。そんな便利アイテムのニッ...

ガウンや部屋着を充実させるおすすめのレディースブランド!

毎日外出先から疲れて帰ってくる。そんな日々を少しでも快適に過ごすなら、プライベートタイムを心...

ジーンズのタックボタンを外して自分好みに付け替えてみよう

ジーンズのファスナーの上のボタンは、ウェストを留めてファスナーへのテンションを一定に保つ大切なボ...

セーターに毛玉ができるのはなぜ?洗濯や日常の予防法を伝授

買ったばかりのセーターに毛玉ができてしまっては、せっかくの楽しい気持ちが台無しですよね。セー...

ジャケットのボタンの付け方は意外と簡単!玉止めいらず

学生服やスーツのジャケットのボタンが取れた時、皆さんはどうしますか。学生の時は、家に持ち帰っ...

スカートのウエストが緩い!ウエストを詰めたい時の方法は?

痩せたのは嬉しいけれど、お気に入りのスカートが緩くなってしまうことがあります。太るよりは...

セーターに毛玉ができる理由!毛玉ができやすい素材がある?

ニットセーターは暖かいうえにおしゃれな着こなしも叶うアイテムで、毎日のように着ているという方も多...

アメカジファッションって?メンズのマストアイテムをご紹介

目次 1 メンズのアメカジファッションにおすすめのトップスからご紹介2 軽く羽織れるアイテムをアメカ...

ダウンのベンチコートは自宅で洗濯できる?クリーニング店?

寒い冬に大活躍してくれるのがダウン素材のベンチコートですね。しかし、一転春になれば保管場所に...

スカートの裾がほつれた!まつり縫いを覚えて自分で直そう

スカートの裾がほつれて困ったことはありませんか。こんな時、皆さんはどうしますか。スカート...

コートに虫食い!直し方を知っていれば虫食いも怖くない!?

季節も変わり、寒くなってきたらコートを着てお出掛けしたくなりますよね。来年も着ようと大事に収...

シャツについたボールペンの汚れをご家庭でクリーニング

シャツは、おしゃれなアイテムとして着用することがありますね。そのシャツのポケットに、ボールペ...

スポンサーリンク

パーカーのサイズ感を知っておこう!袖が長いのは気のせい?

実際に購入したパーカーと袖の長さのバランスがちょっと、と考えてしまう人へ。

知ってほしいのがパーカーそのもののサイズ感です。

パーカーのサイズ感をある程度認識しておくことで「なんか違う」を回避できます。

特定のパーカーで指定がない限りは、袖や裾はこんなものか、もわかりますよ。

パーカーを選ぶ時にサイズとして知っておきたいのが、自分の腰骨あたりのこと。

パーカーを始め、はおるものの丈は、実際に着たときのサイズが基準になります。

どんなコーディネートやデザインでも、腰骨にあたる部分が裾であることは同じです。

ただし、パーカーの種類(特にプルオーバー)によっては、やや短めの裾になる場合もあります。

他にもパーカーの裾が腰骨あたりのものを選んでも、袖が長いというときもあります。

そんなときは、長めの袖を意識したデザインのパーカーだった、と思っていいでしょう。

パーカーを選ぶときの基準として、自分の体型にあったサイズを把握しておくことも大事です。

メーカーやブランドによって基本の数字は変わります。

それでも最低S・M・L・XLと言われる4サイズを把握するだけで、選ぶのが楽になりますよ。

袖が長いパーカーの探し方を知っておこう!思い切りも大事

あえて「袖が長いパーカーが欲しい!」そんなときもあります。

欲しいと思っているブランドやパーカーの種類を覚えていれば検索は簡単です。

ただ漠然と袖が長いパーカーを探すとなると、別の方法が必要です。

そんなときは「12分袖パーカー」で最初に検索をしてみましょう。

店舗で直接購入する場合も、場所によっては「12分袖」「ロング袖」と書かれているところもあります。

この表記があるパーカーであれば、確実に袖が長いパーカーを購入することができますよ。

他にもあえて、本来よりも大きいサイズのパーカーを購入する方法もあります。

どうしても「デザインが好きだけど、小さいサイズがない!」という時にオススメです。

全体的に大きなサイズになってしまいますが、元々袖が長くないパーカーでも、袖が長くなります。

買い方を覚えておくと、袖が長いパーカーを探さなくても、サイズで袖の長さが選べますね。

袖が長いパーカーの選び方に男女差はありません。

自分の体の基本の丈に合わせて、気に入ったパーカーを探してください。

女性のパーカーコーデはワンピースや上着であざとさアップ!

長い袖のパーカーで手元を隠すことで、女性はふしぎとかわいらしさが上がります。

かわいらしさとあざとさを同時に出すテクニックには、袖を活かす着方があります。

1番簡単で代表的なコーデは、ワンピースとして着る方法です。

袖も裾も長いため、ちょっとしたミニワンピースとして十分に使うことができます。

何より下に特別なものを着なくても、おしゃれな印象を与えられるのがいいですね。

他にも、メンズサイズの裾と袖が長いパーカーで、ロングパーカーのようなコーデもできます。

細身のパンツや、色味が強いメイクと相性が良いので、合わせて使いこなしたいですね。

女性用のパーカーには袖も裾も長いデザインが登場していますので、使いこなしも選べます。

上着代わりにはおるだけ、あるいはきちんと着込むだけでも見栄えが良いものも多いのです。

着方によってコーデと雰囲気がガラッと変わるので、着回しにも便利です。

男性のパーカーコーデは外に着るか中に着るかで見た目も変わる

男性のパーカーコーデでは、パーカーを使う場所が、インナーかアウターかで変わってきます。

インナーとして使う場合は、ボリュームが大きめの上着と併用しましょう。

ダウンや大きめのジャケットと相性がよく、厚手のパーカーを着ていても袖をカバーしてくれます。

ジャージなどと併用する場合は、袖の長さを中心に合わせたほうがシルエットがきれいに見えます。

もう一つ、袖が長いパーカーを最大限に活かせるアウターでは、使える場面がグンと増えます。

ストリート系のファッションと相性が良く、長い袖を活かすのが簡単です。

体型をカバーできるので、体格を気にしなくていいという利点がありますね。

カーディガンとして使う時に、長い袖は上げやすいのでスッキリした印象も作れます。

女性もののパーカーと違い、下はどんなものでもバランスがとれます。

そのため、長い袖とのバランスによって全体を見ながら調整すると着こなせるようになります。

オススメはストリートファッションの代表格である、股上が深めのパンツです。

袖が長いパーカーを着こなしたい場合、細身のジーンズなどでは弱い印象に捉えられる場合があります。

全体的に太めのパンツを合わせることで、体の印象が強めに変わりますよ。

袖が長いパーカーはリメイクを!短くして使い勝手を上げる!

袖が長いパーカーを使っていると、途中で飽きてしまう人も多くいます。

あるいは元々袖が長いパーカーを購入するつもりがなかった人もいます。

このような場合にしておきたいのが、袖が長いパーカーのリメイクです。

切り落とすだけでもファッションとしてオシャレな雰囲気がでますよ。

袖を切り落とすときは、長さをきちんと測って切り落としましょう。

左右で長さが違う場合、修正にまた手間がかかってしまいます。

袖を裏側にして、サイズを決めたら、ハサミで切り落とせば袖直しの完成です。

このまま普通のパーカーとして使うこともできますが、着る袖の長さによって、半袖パーカーに変えることもできてしまいます!

袖口が気になる場合は、切り口を裏返して、裾上げの要領で縫っていきましょう。

長く切り落とした袖は、市販のシャツに取り付けて長袖にしてもオシャレです。

他のリメイク方法として、肩出しパーカーや、ジップアップパーカーにリメイクする手もあります。

現在のタンスやクローゼットに足りない服にリメイクすると、オシャレの幅が広がること間違いなしです。

袖の長いパーカーを着回して季節を問わないファッションを!

パーカーが活躍するのは、冬だけではありません。

着こなし方や素材によっては、丸1年活用することができてしまいます。

袖が長いパーカーも、もちろん1年間活用することができます。

使い方としては、上着としてアウターで着ることが主流になってしまうのが難点ではあります。

その部分を改善するのが、袖の長いパーカーです。

特に女性は上にはおるだけで、一つのファッションとして成立するため、とても重宝します。

男性の場合、袖が長いパーカーはやや使いづらい印象がありますが、着方は1年同様です。

春や秋といった季節の変わり目は、気温の変化も大きくなります。

そんな時に袖の長いパーカーは、服での温度調節や着こなしを助けてくれるのです。

袖を切って、他の服のリメイクに使えるのも便利ですね。

袖の長いパーカーは、着るのもリメイクするのも万能選手!

袖が長いパーカーは、全ての季節で着こなすことができます。

袖が長いことでアレンジがきく他、寒さ対策としても抜群です。

一方、リメイクとして袖を切ってしまう方法も、非常に便利な使い方と言えます。

袖をどれほど切るかでパーカーの使用範囲が増えますし、切った袖を他のシャツに移植することも可能です。

新たな色の組み合わせや、パーカーの使い方を知っておけば、新たに服を買う場合にも活かすことができますよ。