シャツの生地選びをマスターして暑い夏を涼やかに暮らす!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

シャツには裾の形状が2種類ある!着方に合わせて長さを変更

手持ちのシャツでコーディネートを考えると、裾の長さが長すぎたり短すぎたりで収まりが悪いことがあり...

ニットのコーデ術!メンズニットで冬のおしゃれを楽しもう

冬のコーディネートにかかせないファッションアイテムに「ニット」があげられます。男性の皆さんは...

テーパードパンツでオフィスカジュアルコーデ!【春ver.】

近年はさまざまな会社でオフィスカジュアルをOKとし、きれいめでおしゃれなオフィスコーデを楽しむ方...

ダウンの高級品はここが違う!メンズ向けアウターの基礎知識

ダウンジャケットは、男性にも女性にも人気の冬用アウターです。特に活動的なメンズにとって、ダウ...

ライダースが着られる時期はいつまで?おすすめコーデは?

男性はもちろんのこと、近年は女性のファッションアイテムのひとつともいえるライダースジャケット...

パーカー×ジーンズは男の子っぽい?女性らしく着こなすには

パーカーは、カジュアルコーデにおける定番のアイテムと言えます。また、ジーンズも同じく、カジュ...

カーディガンは高校生のマストアイテム!人気のブランドは?

高校生の学校生活は、ほぼ一日制服で過ごしますね。高校によって制服のルールはさまざまですが、高...

ニットの襟元はハイネックの重ね着で上品に生まれ変わる

カーディガンやVネック、クルーネックのニットの襟元から出た首筋。素肌をそのまま出すのも魅...

山ガールに人気!ダウンスカートはアウトドアにもおすすめ

山ガールという言葉は、昨今ではもはや定着しつつあるのではないでしょうか。登山ブームとともに、...

セーターにマルチボーダーを合わせて旬な着こなしコーデに!

「ボーダー柄のセーターを着た女子はモテないしダサい!」そのような言葉がささやかれることがあり...

スウェットの部屋着でレディースにおすすめのブランドは?

スウェットというと部屋着というイメージがありますね。スウェットの部屋着はもちろんですが、レデ...

コート選びのポイントは「着丈」身長とのバランスが大切

寒い季節になると活躍するコートですが、きれいに着こなすにはどのくらいの着丈が良いのでしょうか。...

ジャケットは生地にこだわろう!春夏秋冬のおすすめをご紹介

毎日のファッションに欠かせないアイテムのひとつ、それはジャケットではないでしょうか。ジャケッ...

アウターとインナーの色選び!お洒落に見える着こなしルール

春や秋のはじめのころなど、肌寒い時期の着こなしにはアウターが欠かせません。アウターは、屋外で...

ダウンが欲しい!暖かい上質なレディースダウンをご紹介!

冬になると暖かいダウンジャケットが欲しくなりませんか。沢山販売されているので、どれを選んだら...

スポンサーリンク

先人の知恵がスゴイ!夏のシャツの生地は綿が定番!

文句なしに綿100%のシャツは吸水性などに優れた性質がたくさんあり、特に夏には欠かせない生地になります。

優れた生地なので下着肌着はもちろん、生活全般において使われていて生活を潤してくれる優れものです。

耐性の強い生地なのでTシャツ、ブラウス、ジーンズ、スラックス、などに幅広く使用される人気の高い生地になります。

衣類だけでなく、夏の寝具にも大活躍の生地になります。

気にしてなくてもあなたの生活のどこかに溶け込んで、快適な暮らしのお手伝いをしてくれています。

綿の特徴としては

・肌触りが良い

・汗の吸収が良い

・発散性もあり涼しく感じる

・繰り返しの洗濯にも耐えられる強い生地

・静電気が起こりにくい

・水にぬれるとさらに強い生地になる

・染色性の良さ

・アルカリ性に強い

などがあげられます。

反面、デメリットと言える性質もあります。

・洗濯後他のポリエステル生地などと比べると乾きにくい

・乾きが悪いので汗をかいた後は湿った状態のままの着用することになる

・洗濯をするとしわだらけのシャツの洗い上がりになる

・洗濯後ネットの中でお団子状態になってしまう

・洗濯ごとに必ずアイロンがけをしなくてはならない

夏の暑い時期に熱いアイロンをかけるのも気が重くなりますね。

・夏の暑い日差しを長時間受けると色があせて変色しやすい

・汗で黄ばみやすい

・毛羽立ちやすい

などがあげられます。

乳児の肌着はすべて綿素材なのを見ても、すべての年代の方に使用されるべき生地の一つであることは間違いありません。

綿は保温性もあるので通年で使用される生地になります。

夏には綿とポリエステル混紡の生地のシャツもあり

ポリエステルの特徴は通気性がよく、多少の吸湿性もあり、何と言っても乾きが早いことが特徴の一つになります。

なめらかな肌触りで光沢もあり、美しい生地になります。

洗濯をしてもシワになりにくく型崩れしにくい、ケアの簡単な生地です。

気だるい日々が続く夏にはうれしい生地の一つです。

デメリットとしては、

・毛玉ができやすい

・静電気をためやすい

・肌触りがチクチクしてストレスを感じることがある

などがあげられます。

以上に挙げたデメリットですが、綿との混紡によりお互いが持つメリットがさらに倍加し、高い性能を発揮する生地になります。

綿とポリエステル混紡生地が持つメリットとしては、

・着心地はさらっとしていて良いこと

・吸水性が高くなったこと

・毎日の洗濯にもよく耐えて、しわになりにくく、すぐ乾くこと

があげられます。

一枚あると便利で、手軽なお助けのシャツになります。

綿の混合率が高いほど値段も高くなります。

それだけ綿は高価なものという認識になります。

暑い夏のシャツの生地はリネンにお任せ

リネンは、古来から親しまれてきた夏向けの優れた生地になります。

亜麻(フラックス)を使ったリネンは夏にこそ活躍を発揮する生地といって良いでしょう。

シャリシャリとしたリネンは夏には欠かせない生地の一つです。

生地に使われる麻の種類としては4種類あります。

リネン以外の麻繊維(ラミー)などは繊維が太いため、肌にごわつき感を感じることもあります。

しかし近年はリネンを使った柔らかい生地でのシャツや洋服が主に販売されています。

リネンのメリットは

・肌触りが柔らかなこと、

・光沢があり発色にも優れる

・吸水性に優れておりまたすぐに乾くこと

・湿った状態でのカビや雑菌の繁殖が抑えられる優れた生地

・水に浸すと強度が増す性質があり強い生地

・ペクチンの成分により汚れにくい生地

・通気性、保温性、放湿性にも優れた生地

・使うほど柔らかな生地になる

などがあげられます。

デメリットとしては、

・しわになりやすい

・湿った状態や強い摩擦などにより色移りしやすい性質

・摩擦による毛羽立ちがある

・肌触りが固い感じがする

・洗濯後はいち早く干さないと色移りしやすい生地

などがあげられます。

気温が高く汗のかきやすい夏には、メリットの多い優れた生地といえます。

自然素材なので、お肌の弱い人でも安心した着心地を感じる生地です。

いいとこ取りリネンと綿の夏の生地(コットンリネン)のシャツ

リネンと綿は夏を代表する生地になります。

デメリットもありますが自然の素材から作られた生地は、肌触りも優しく汗の吸収も、風通しも良く涼しく着られる夏の代表生地といえます。

そんな二つの生地をあわせたコットンリネンは、夏のシャツの最高峰にあげられるミックス生地の一つになります。

夏の暑さを感じさせない頼もしい救世主といってよいでしょう。

どちらも夏には不可欠の生地で足し算以上の性能を発揮し、着る人の体をいたわることのできる優れものになります。

綿素材だけのシャツより通気性に優れ、肌触りも優しい仕上がりになります。

また、洗濯したあとの乾燥にかかる時間は短めです。

混紡のしじら織の生地は夏に作務衣や甚平などによく用いられる生地になります。

空気をよく通し、見た目も涼やかな生地になります。

デメリットとしては、綿もリネンもしわになりやすい生地ということがあげられるでしょう。

麻綿混紡も残念ながらしわになりやすい性質はありますが、綿よりもしわになりにくい点で性能はアップします。

綿麻シャツはほとんどが自宅の洗濯機で洗えるのですが、買い求める際に洗濯表示をチェックしておきましょう。

夏に根強い人気!綿のシアサッカー生地(サッカー生地)のシャツ

シアサッカーも夏にイチオシの人気の生地になります。

乳幼児の浴衣や洋服によく使われていますね。

夏にはなくてはならない生地になります。

この生地を目にするだけで夏を感じるくらいです。

当然シャツだと快適そのものになります。

ポコポコとした凹凸のある生地で風をよく通し、生地が肌に当る面が少なくなるので涼しさは請け合いです。

汗もよく吸湿してくれます。

同じような生地でリップル生地というものもありますが、どちらも凹凸のある夏に涼しく着こなせるうれしい生地です。

リップル生地は化学的な行程で自在に選んだ箇所にポコポコ(しぼ)が作れる生地になります。

シアサッカー生地(サッカー生地)は平面な生地とポコポコが並列した生地になります。

どちらも夏に大活躍の生地になります。

プチ贅沢!夏シャツの生地にレーヨンが光る

化学繊維の中で、レーヨンの吸水性は群を抜いています。

そのため汗をかいてもいつもさらっとした肌触りで気持ちよく過ごせます。

繊維は綿と比べても柔らかくできているので、着心地は大変良いです。

体にストレスを感じさせない素材の一つです。

夏のおしゃれには欠かせない美しい光沢が特徴の一つになります。

夏の気取ったお出かけの洋服に欲しい上品さを感じさせるシャツになります。

涼しさを感じさせる透ける生地もあり、レーヨン製のシャツは夏用に一着欲しいところです。

デメリットとして、洗濯はほとんどのレーヨン生地の場合、家での洗濯はできない表記のものが多いです。

家での手洗いも失敗してしまうことが多く、お手入れが難しい生地の一つになります。

縮んでしまったり、しわになってしまうことが多いので手に負えない生地といえます。

お気に入りのシャツなら、クリーニング店でお願いする方が無難です。

暑い夏は綿やリネンのシャツをたくさん用意しましょう

夏向けの生地にたくさんの化学繊維が開発されています。

化学繊維も十分な機能性を備えていますが、夏の疲れやすい肌を労わりたい場合には自然素材のシャツをなるべく多く着用する方が良いかもしれません。

化学繊維も優れた生地が多いので、その日の予定に合わせてシャツの生地を選びましょう。

汗をかきそうなとき、クーラーのきいた事務所にいるときなど、パターンに合わせてシャツの生地選びをすると暑さから開放され楽な一日になります。

多種類の生地のシャツを持っていると行動に合わせ涼しく快適な日々が送れるはずです。